ジョカトーレ高岡SC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジョカトーレ高岡SC
原語表記 ジョカトーレ高岡サッカークラブ
呼称 ジョカトーレ高岡SC、ジョカトーレ高岡
愛称 ジョカトーレ
クラブカラー     
    
    
創設年 1958年
所属リーグ 富山県フットボールリーグ
所属ディビジョン 1部
ホームタウン 富山県高岡市
ホームスタジアム 日医工スポーツアカデミー
代表者 日本の旗 澤崎盛彦
監督 日本の旗 清水雄太
公式サイト 公式サイト
■テンプレート(■ノート)サッカークラブPJ

ジョカトーレ高岡サッカークラブ(ジョカトーレたかおかサッカークラブ、Giocatore TAKAOKA Soccer Club、ジョカトーレ高岡SC)は、富山県高岡市を本拠地とするサッカークラブチーム。

クラブ概要[編集]

1958年第13回国民体育大会のサッカー競技が高岡市で行われ、これに参加した高岡地区の高校生が高校卒業後に中心となって創設されたのが、ジョカトーレ高岡SCトップチームの前身である伏木サッカークラブ[1]1964年富山県フットボールリーグ創設と同時に同リーグに加盟し、20年以上1部に在籍していた[1]。しかし1987年に2部へ降格すると、15年近く2部に在籍することになる[1]

2000年1996年に創設された高岡市をホームタウンとして活動するジュニアユースサッカークラブ「ジョカトーレ高岡」へ同クラブのトップチームとして合流、クラブ名をジョカトーレ高岡サッカークラブへ改称した[1]。同年、富山県フットボールリーグ2部を制し、15年ぶりに1部へ復帰、更に2003年、富山県フットボールリーグ1部を制し、北信越フットボールリーグ2部に初めての昇格を果たした[1]

北信越フットボールリーグ2部参戦1年目の2004年、この年は14試合で8勝を挙げ、初参戦ながら3位に躍進する[1]。しかし、翌年のリーグ戦は苦戦する。勝っては負け、勝っては負けを繰り返し6位につけ、残り4節を下位リーグで戦うことになる。下位リーグでは2位となり、総合成績で7位となることが決定、LionPower小松との入替戦に出場するが、これに敗れ、2年で富山県フットボールリーグ1部へ降格した[1]

富山県フットボールリーグ1部降格後は、優勝5回、2位4回の成績を残し、全国クラブチームサッカー選手権大会にも3度出場を果たした強豪クラブだが、北信越チャレンジリーグでは畢く敗退し、北信越フットボールリーグ2部復帰は果たせていない。

歴史[編集]

  • 1958年 第13回国民体育大会サッカー競技に参加した高岡地区の高校生が、高校卒業後に中心となって伏木サッカークラブ創設[1]
  • 1964年 富山県フットボールリーグ創設。同リーグに参加[1]
  • 1987年 富山県フットボールリーグ2部降格[1]
  • 2000年
    • 「ジョカトーレ高岡」に合流し、クラブ名をジョカトーレ高岡サッカークラブへ改称[1]
    • 富山県フットボールリーグ2部優勝。富山県フットボールリーグ1部昇格[1]
  • 2003年 富山県フットボールリーグ1部優勝。北信越フットボールリーグ2部初昇格[1]
  • 2005年
    • 北信越フットボールリーグ2部7位。入替戦進出[1]
    • LionPower小松との入替戦敗戦。富山県フットボールリーグ1部降格[1]
  • 2006年
    • 富山県フットボールリーグ1部優勝。北信越チャレンジリーグ進出[1]
    • 北信越チャレンジリーグ5位。富山県フットボールリーグ1部残留。
  • 2008年
    • 富山県フットボールリーグ1部優勝。北信越チャレンジリーグ進出[1]
    • 北信越チャレンジリーグ5位。富山県フットボールリーグ1部残留。
  • 2009年 全国クラブチームサッカー選手権大会初出場。2回戦敗退[2]
  • 2010年 全国クラブチームサッカー選手権大会2度目の出場。1回戦敗退[3]
  • 2012年 全国クラブチームサッカー選手権大会3度目の出場。準決勝敗退[4]
  • 2013年
    • 富山県フットボールリーグ1部全勝優勝。北信越チャレンジリーグ進出[1]
    • 北信越チャレンジリーグ5位。富山県フットボールリーグ1部残留。
  • 2015年
    • 富山県フットボールリーグ1部優勝。北信越チャレンジリーグ進出[1]
    • 北信越チャレンジリーグ5位。富山県フットボールリーグ1部残留。
  • 2017年
    • 富山県フットボールリーグ1部優勝。北信越チャレンジリーグ進出[5]

クラブ戦績[編集]

年度 所属 順位 勝点 試合 得点 失点 得失差
2003 富山県1部 優勝
2004 北信越2部 3位 25 14 8 1 5 32 18 14
2005 7位 21 13 7 0 6 27 21 6
2006 富山県1部 優勝
2007
2008
2009 3位 19 9 6 1 2 31 18 13
2010 2位 24 9 8 0 1 38 9 29
2011 2位 17 8 5 2 1 20 7 13
2012 2位 13 7 4 1 2 22 12 10
2013 優勝 21 7 7 0 0 26 9 17
2014 2位 35 14 11 2 1 73 24 49
2015 優勝 37 14 12 1 1 55 20 35
2016 5位 14 10 4 2 4 19 24 -5
2017 優勝 18 8 6 0 2 22 7 15

全国クラブチームサッカー選手権大会[編集]

年月日 ラウンド 会場 得点 対戦相手 観客
16 2009年11月1日 2回戦 大分サA 0 - 1 HOYO Atletico ELAN
17 2010年10月30日 1回戦 新潟聖籠 1 - 3 FC Kawasaki
19 2012年10月27日 1回戦 乃木浜B 2 - 0 インディゴF.C山口
2012年10月28日 準々決勝 2 - 1 FCバレイン下関
2012年10月29日 準決勝 0 - 2 O.F.C

所属選手・スタッフ[編集]

2017年

スタッフ[編集]

役職 氏名 前職 備考
監督 日本の旗 清水雄太 日本の旗 ジョカトーレ高岡SC 選手 選手兼監督
コーチ 日本の旗 牧野勝憲 日本の旗 ジョカトーレ高岡SC 選手
コーチ 日本の旗 中川英樹 日本の旗 ジョカトーレ高岡SC 選手
コーチ 日本の旗 川原豊史 日本の旗 ジョカトーレ高岡SC 選手

選手[編集]

Pos No. 選手名 前所属 備考
GK 1 日本の旗 覚張直樹 日本の旗 全砺イレブン
10 日本の旗 石黒敬人 日本の旗 ヴァリエンテ富山
12 日本の旗 橘和徳 筑波大学
DF 2 日本の旗 筏井章太郎 日本の旗 ヴァリエンテ富山
3 日本の旗 本保宏樹 日本の旗 ヴァリエンテ富山
4 日本の旗 中山智幸 阪南大クラブ
7 日本の旗 小松史矢 びわこ成蹊スポーツ大学
14 日本の旗 王畑博臣 国際武道大学
16 日本の旗 浦田涼生 日本の旗 FC Deportista
24 日本の旗 密将司 北陸職業能力開発大学校
29 日本の旗 竹久将太 阪南大学
MF 5 日本の旗 谷口純平 伏木高校
6 日本の旗 清水雄太 日本の旗 ジョカトーレ高岡SC 選手兼監督
8 日本の旗 木根田尚人 専修大学
9 日本の旗 安居健太 伏木高校
11 日本の旗 松原慶太郎 高岡高校
15 日本の旗 西村太郎 仙台大学
17 日本の旗 川井大知 水橋高校
18 日本の旗 新田恭平 北陸大学
21 日本の旗 越後尚久 富山大学
22 日本の旗 覚野翔人 奈良育英高校
23 日本の旗 黒田翔太 亜細亜大学
FW 15 日本の旗 菅原順 伏木高校

ユニフォーム[編集]

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st) 黄×黒 黄×黒
FP(2nd)
GK(1st)
GK(2nd)
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd

チームカラー[編集]

  •      青、     黄、    

ユニフォームスポンサー[編集]

掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考
なし - -
背中上部 なし - -
背中下部 なし - -
なし - -
パンツ なし - -

ユニフォームサプライヤー[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]