ジョサイア・チュグワネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
獲得メダル
南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国
男子 陸上競技
オリンピック
1996 アトランタ マラソン

ジョサイア・チュグワネJosia Thugwane1971年4月15日 - )は南アフリカ共和国の男子陸上長距離(マラソン)選手である。身長158cm、体重45kg(1996年8月当時)。

略歴[編集]

もともとはサッカー選手であったがマラソン選手に転向した。アトランタオリンピック前の職業は鉱山宿舎の警備員であったという。1995年世界ハーフマラソンでは5位に入り、ホノルルマラソンでは2時間16分8秒で優勝を果たした。1996年3月には南アフリカ共和国内の治安の悪さからカージャックに遭い、背中に銃を突きつけられさらには逃げる際に顎を銃弾がかすめるなど九死に一生を得ている。

そして1996年8月のアトランタオリンピック男子マラソンに出場、戦前は注目を集める選手ではなかったが2時間12分36秒のタイムで優勝しゴールドメダリストの栄誉に輝いた。レースでは30キロ過ぎからペースを上げ李鳳柱エリック・ワイナイナと先頭集団を形成したが、スタジアム手前でチュグワネがスパートし李に3秒差の大接戦で栄光のゴールテープを切った。 また、これはアパルトヘイトの歴史を持つ南アフリカ共和国における、黒人初の金メダリストとなる快挙であり、われわれ黒人も国際社会で自由に走れるように。それが何よりうれしい[1]、とのコメントを残した。 しかし、1996年9月3日付けの南アフリカ・スター紙によると、「アトランタ五輪男子マラソン優勝のジョサイア・チュグワネ選手(南アフリカ)が、五輪金メダルで得た富の代償として家族を含めた生命の危険から、病気になっている」と報じられた[2]。上記のようにオリンピック以前から強盗に遭うなど活躍を重ねるごとに皮肉にも生命の危機にさらされるようになった。

その後は、1997年ロンドンマラソンで2時間8分06秒のタイムで3位(優勝はポルトガルのアントニオ・ピントで2時間7分55秒)に入るなど主要なレースに出場した。日本のマラソン大会にも数度にわたり出場している。1997年の福岡国際マラソンでは雨の降る天候の中30キロ地点過ぎからスパートし、当時世界歴代10位となる2時間7分28秒のタイムで優勝した。チュグワネが記録したこの時のタイムはマラソン自己ベストであり、また日本国内で2時間8分の壁を初めて越えるものとなった。また、前年1996年の同国際マラソンでは29キロ手前で棄権している。2002年長野マラソンにも来日し2時間13分23秒のタイムで優勝、翌2003年にも同マラソンに出場し2位に入った(優勝はワイナイナ)。

2000年に出場したシドニーオリンピックではチュグワネは2時間16分59秒の20位に終わった(優勝はエチオピアゲザハン・アベラで2時間10分11秒)。

現役時代 マラソン全成績[編集]

  • 1,2時間22分24秒  2位 90.04.12 ウィトバンク
  • 2,2時間18分00秒  優勝 91.02.02 ネルスプルート
  • 3,2時間13分48秒  優勝 91.04.06 ゴドゥワナ
  • 4,2時間14分00秒  6位 91.07.20 ダーバン
  • 5,2時間13分36秒  4位 92.03.28 ケープタウン
  • 6,2時間17分42秒  優勝 92.04.04 ゴドゥワナ
  • 7,2時間18分42秒  3位 93.01.05 ティベリアス
  • 8,2時間14分25秒  優勝 93.03.20 南アフリカ選手権・ケープタウン大会
  • 9,2時間15分57秒  優勝 93.11.13 プレトリア
  • 10,2時間29分16秒  13位 93.12.12 ホノルル
  • 11,2時間24分52秒  28位 94.03.20 慶州
  • 12,途中棄権      94.10.30 シカゴ
  • 13,2時間22分26秒  5位 94.12.04 ソウェト
  • 14,2時間18分47秒  優勝 95.04.01 ゴドゥワナ
  • 15,2時間26分39秒  優勝 95.10.14 ブレダスドルプ
  • 16,途中棄権      95.11.12 ニューヨーク
  • 17,2時間16分08秒  優勝 95.12.10 ホノルル
  • 18,2時間11分46秒  優勝 96.02.25 南アフリカ選手権・ケープタウン大会
  • 19,2時間12分36秒  優勝 96.08.04 アトランタ五輪 (金メダル獲得)
  • 20,途中棄権      96.12.01 福岡
  • 21,2時間08分06秒  3位 97.04.13 ロンドン
  • 22,2時間07分28秒  優勝 97.12.07 福岡国際 (生涯自己ベスト記録)
  • 23,途中棄権      98.04.26 ロンドン
  • 24,途中棄権      98.11.01 ニューヨーク
  • 25,途中棄権      99.04.18 ロンドン
  • 26,2時間17分01秒  26位 99.12.05 福岡国際
  • 27,2時間10分29秒  8位 00.04.16 ロンドン
  • 28,2時間16分59秒  20位 00.10.01 シドニー五輪
  • 29,2時間15分25秒  6位 00.11.05 ニューヨーク
  • 30,2時間11分52秒  2位 01.03.18 ソウル
  • 31,途中棄権      01.08.03 世界選手権・エドモントン大会
  • 32,途中棄権      01.12.09 ホノルル
  • 33,2時間13分23秒  優勝 02.04.14 長野
  • 34,2時間10分05秒  7位 02.11.03 ソウル
  • 35,2時間14分18秒  2位 03.04.13 長野
  • 36,途中棄権      03.08.29 世界選手権・パリ大会
  • 37,途中棄権      03.11.02 ソウェト
  • 38,途中棄権      04.11.28 ミラノ
  • 39,途中棄権      05.05.22 ウィーン
  • 40,途中棄権      05.12.11 ホノルル
  • 41,2時間17分11秒  4位 06.09.17 ワルシャワ

脚注[編集]

  1. ^ 読売新聞』朝刊1996年8月
  2. ^ 『読売新聞』朝刊1996年9月