ジョシュア・ローマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジョシュア・ローマン
Joshua Roman (TED 2011).jpg
2011年ジョシュア・ローマン
基本情報
生誕 (1983-12-16) 1983年12月16日(34歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル クラシック
職業 チェリスト
担当楽器 チェロ
レーベル ソニー・クラシック

ジョシュア・ローマン(Joshua Roman、1983年12月16日 - )はアメリカチェロ奏者

背景[編集]

クリーヴランド音楽院において、リチャード-アーロンとデスモンド・ヘビッヒの両氏に師事し、チェロの演奏で2004年に音楽の学士号を取得、2005年に修士号を取得. 22歳の歴代最年少で、 シアトル交響楽団の首席チェロ奏者となった[1] 。 2008年1月、ソロの活動に専念するためシアトル交響楽団を退団。[2]

受賞[編集]

Klein、ASTA、ワシントン、Stulberg、NFMC、H-A音楽協会、コーパスクリスティ、Kingsville、CIM、クリーブランドチェロ協会、Buttramなどの大会で賞を受賞した。 彼はクリーブランド・オーケストラのメンバーとして演奏し、クリーブランド音楽協会、ワイオミング交響楽団、オクラホマシティ・フィルハーモニー管弦楽団など数多くの交響楽団や室内楽団と共演している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “Post Alley: Last Night at Benaroya”. Seattle Weekly. (2006年6月23日). オリジナル2007年9月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070930210343/http://www.seattleweekly.com/arts/blogs/postalley/2006/06/last_night_at_benaroya.php 2007年4月11日閲覧。 
  2. ^ “Cellist is leaving SSO for a solo career”. The Seattle Post-Intelligencer. (2008年1月31日). http://www.seattlepi.com/classical/349536_roman01.html 2008年2月6日閲覧。