ジョシュ・アウトマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ジョシュ・アウトマン
Josh Outman
Josh Outman on September 13, 2014.jpg
ニューヨーク・ヤンキース時代
(2014年9月13日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ミズーリ州セントルイス
生年月日 (1984-09-14) 1984年9月14日(36歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2005年 MLBドラフト10巡目(全体307位)でフィラデルフィア・フィリーズから指名
初出場 2008年9月2日 カンザスシティ・ロイヤルズ
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジョシュア・スティーブン・アウトマンJoshua Stephen Outman, 1984年9月14日 - )は、アメリカ合衆国ミズーリ州セントルイス出身のプロ野球選手投手)。左投左打。現在はFA。

経歴[編集]

プロ入りとフィリーズ傘下時代[編集]

2005年MLBドラフト10巡目(全体307位)でフィラデルフィア・フィリーズから指名され、6月10日に契約。契約後、傘下のA-級バタビア・マックドッグス英語版でプロデビュー。11試合(先発4試合)に登板して2勝1敗・防御率2.76・31奪三振の成績を残した。

2006年はA級レイクウッド・ブルークロウズでプレーし、27試合に先発登板して14勝6敗・防御率2.95・161奪三振の成績を残した。

2007年はまずA+級クリアウォーター・スレッシャーズ英語版で20試合(先発18試合)に登板して10勝4敗・防御率2.45・54奪三振の成績を残した。7月にAA級レディング・フィリーズへ昇格。7試合に先発登板して2勝3敗・防御率4.50・23奪三振の成績を残した。

2008年はAA級レディングでプレーし、33試合に登板して5勝4敗1セーブ・防御率3.20・66奪三振の成績を残した。

アスレチックス時代[編集]

2008年7月17日にジョー・ブラントンとのトレードで、エイドリアン・カーデナス、マシュー・スペンサーと共にオークランド・アスレチックスへ移籍した[1]。傘下のAA級ミッドランド・ロックハウンズでプレーした後、9月2日にメジャー初昇格を果たし、同日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦でメジャーデビュー。3点ビハインドの6回裏から登板し、2回を投げ2安打無失点2奪三振に抑えた。この年は6試合(先発4試合)に登板して1勝2敗・防御率4.56・奪三振の成績を残した。

アスレチックス時代
(2009年4月21日)

2009年2月21日にアスレチックスと1年契約に合意。6月24日に左肘の故障で15日間の故障者リスト入りし、6月28日に60日間の故障者リストへ異動。6月30日にトミー・ジョン手術を行い、シーズンを終えた[2]。この年は14試合(先発12試合)に登板して4勝1敗・防御率3.48・53奪三振の成績を残した。

2010年3月8日にアスレチックスと1年契約に合意。4月8日に前年の手術の影響で60日間の故障者リスト入りし、シーズンを全休した。オフの11月5日にリストから外れた。

アスレチックス時代
(2011年6月8日)

2011年2月27日にアスレチックスと1年契約に合意[3]。3月20日にAAA級サクラメント・リバーキャッツへ異動した[4]。5月23日にメジャー昇格[5]。7月3日にAAA級サクラメントへ降格した[6]が、8月26日にメジャーへ再昇格した[7]。この年は13試合(先発9試合)に登板して3勝5敗・防御率3.70・35奪三振の成績を残した。

ロッキーズ時代[編集]

2012年1月16日にセス・スミスとのトレードで、ギジェルモ・モスコーソと共にコロラド・ロッキーズへ移籍した[8]。3月3日にロッキーズと1年契約に合意した。4月4日に斜筋の張りを訴え、15日間の故障者リスト入りしたため、開幕ロースターから外れた[9]。5月11日に復帰した[10]。7月4日にAAA級コロラドスプリングス・スカイソックスへ降格[11]。9月10日に再昇格した[12]。この年は27試合(先発7試合)に登板して1勝3敗・防御率8.19・40奪三振の成績を残した。

コロラド・ロッキーズ時代
(2013年8月18日)

2013年1月16日にロッキーズと67万5000ドルの1年契約に合意[13][14]。3月24日にAAA級コロラドスプリングスへ異動した[15]。4月19日にメジャー昇格[16]。6月8日にAAA級コロラドスプリングスへ降格した[17]が、6月11日にエジマー・エスカローナの故障者リスト入りに伴い、メジャーへ再昇格した[18]。この年は自己最多の61試合に登板し、3勝0敗・防御率4.33・53奪三振の成績を残した。

インディアンス時代[編集]

2013年12月18日にドリュー・スタッブスとのトレードで、クリーブランド・インディアンスへ移籍した[19]

2014年1月14日にインディアンスと125万ドルの1年契約に合意した[20]。6月18日にDFAとなり、25日にマイナー降格となった[21]

ヤンキース時代[編集]

2014年8月28日に後日発表選手とのトレードで、ニューヨーク・ヤンキースへ移籍した。9試合に登板して防御率0.00と好投していたが、9月22日に戦力外となった。オフの10月30日にFAとなった。

ブレーブス傘下時代[編集]

2015年1月7日にアトランタ・ブレーブスと92万5000ドル+出来高[注釈 1]の1年契約を結んだ[22][23]。しかし肩の故障で開幕から故障者リスト入りし、7月から傘下のマイナーでリハビリ登板を始めるが、8月4日に自由契約となった。

ビーズ時代[編集]

2016年4月7日に独立リーグ・アトランティックリーグニューブリテン・ビーズ英語版と契約。

パイレーツ傘下時代[編集]

2016年7月9日にピッツバーグ・パイレーツとマイナー契約を結んで10試合に登板したが、8月18日に自由契約となった。

ナショナルズ傘下時代[編集]

2016年12月31日にワシントン・ナショナルズとマイナー契約を結んだ[24]

2017年5月3日にナショナルズを解雇となった。

スティーラーズ時代[編集]

2017年6月2日にメキシカンリーグモンクローバ・スティーラーズと契約[25]

パロッツ時代[編集]

2017年6月24日にトレードでプエブラ・パロッツに移籍。

レイルロードメン時代[編集]

2017年11月11日にトレードでアグアスカリエンテス・レイルロードメンに移籍。

2018年開幕前にレイルロードメンを解雇となった。

ビーズ復帰[編集]

2018年6月1日にアトランティックリーグのニューブリテン・ビーズと契約。

パロッツ復帰[編集]

2018年8月16日にメキシカンリーグのプエブラ・パロッツに移籍。シーズン後FAとなった。

カンペチェ時代[編集]

2019年は5月15日にメキシカンリーグのカンペチェ・パイレーツと契約。7月16日に解雇となった。

投球スタイル[編集]

5つの球種で投球を固めており、最も頼っているのが93~96マイル(約150~154km)のフォーシーム・ファストボールで、他には90~95マイル(約145~153km)のツーシーム・ファストボール、80~83マイル(約129~134km)のスライダー、78~83(約126~134km)のチェンジアップ、70(約113km)程度のカーブがある。球種の一つであるチェンジアップは基本左打者には投げることはなく、基本右打者に投げる。また左打者にはスライダーがかなり多用されるが、対して右打者には2ストライクのカウントまで投げることはない。自身の経歴で一番三振率が高いのはスライダー(46%)である[26]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2008 OAK 6 4 0 0 0 1 2 0 0 .333 116 25.2 34 1 8 1 2 19 1 0 14 13 4.56 1.64
2009 14 12 0 0 0 4 1 0 0 .800 276 67.1 53 9 25 0 0 53 1 0 30 26 3.48 1.16
2011 13 9 0 0 0 3 5 0 1 .375 254 58.1 62 4 23 0 0 35 3 0 27 24 3.70 1.46
2012 COL 27 7 0 0 0 1 3 0 3 .250 185 40.2 47 7 20 0 0 40 5 0 37 37 8.19 1.65
2013 61 0 0 0 0 3 0 0 13 1.000 238 54.0 56 3 23 2 3 53 2 0 27 26 4.33 1.46
2014 CLE 31 0 0 0 0 4 0 0 1 1.000 110 24.2 22 4 16 2 0 24 1 0 10 9 3.28 1.54
NYY 9 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 12 3.2 2 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0.00 0.55
'14計 40 0 0 0 0 4 0 0 2 1.000 122 28.1 24 4 16 2 0 26 1 0 10 9 2.86 1.41
MLB:6年 161 32 0 0 0 16 11 0 19 .593 1191 274.1 276 28 115 5 5 226 13 0 145 135 4.43 1.43
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手(P)












2008 OAK 6 1 2 1 0 .750
2009 14 2 3 1 0 .833
2011 13 2 11 1 1 .929
2012 COL 27 1 5 0 0 1.000
2013 61 3 8 0 2 1.000
2014 CLE 31 2 4 0 0 1.000
NYY 9 0 1 0 1 1.000
'14計 40 2 5 0 1 1.000
MLB 161 11 34 3 4 .938
  • 2019年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 55(2008年 - 2009年)
  • 88(2011年 - 2014年途中、2014年途中 - 同年終了)
  • 48(2014年途中 - 同年途中)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 50試合登板で5万ドル、55試合登板で7万5000ドル、60試合・65試合登板でそれぞれ10万ドル、70試合登板で15万ドルが追加され、最大47万5000ドルを獲得できる。

出典[編集]

  1. ^ A's trade Blanton to Philadelphia”. MLB.com Athletics Press Release (2011年7月17日). 2014年3月19日閲覧。
  2. ^ Outman officially done for the year
  3. ^ A's Agree to Terms with All Pre-Arbitration Players”. MLB.com Athletics Press Release (2011年2月27日). 2014年3月19日閲覧。
  4. ^ A's Option Outman and Moscoso to Triple-A Sacramento”. MLB.com Athletics Press Release (2011年3月20日). 2014年3月19日閲覧。
  5. ^ A's recall LHP Josh Outman”. MLB.com Athletics Press Release (2011年5月23日). 2014年3月19日閲覧。
  6. ^ A's Reinstate RHP McCarthy from DL; Option LHP Outman to Sacramento”. MLB.com Athletics Press Release (2011年7月3日). 2014年3月19日閲覧。
  7. ^ A's Recall LHP Jerry Blevins and LHP Josh Outman from Sacramento”. MLB.com Athletics Press Release (2011年8月26日). 2014年3月19日閲覧。
  8. ^ Rockies acquire RHP Guillermo Moscoso and LHP Josh Outman from Oakland in exchange for OF Seth Smith”. MLB.com Rockies Press Release (2012年1月16日). 2014年3月19日閲覧。
  9. ^ Rockies set Opening Day roster”. MLB.com Rockies Press Release (2012年4月4日). 2014年3月19日閲覧。
  10. ^ Rockies reinstate LHP Josh Outman from 15-day DL”. MLB.com Rockies Press Release (2012年5月11日). 2014年3月19日閲覧。
  11. ^ RHP Carlos Torres recalled from Triple-A Colorado Springs”. MLB.com Rockies Press Release (2012年7月4日). 2014年3月19日閲覧。
  12. ^ Left-handed Pitcher Josh Outman recalled from Double-A Tulsa”. MLB.com Rockies Press Release (2012年9月10日). 2014年3月19日閲覧。
  13. ^ Rockies avoid arbitration by agreeing to one-year deals with Wilton Lopez and Josh Outman”. MLB.com Rockies Press Release (2013年1月16日). 2014年3月19日閲覧。
  14. ^ Thomas Harding (2013年1月16日). “Rox ink Lopez, Outman for 2013, avoiding arbitration”. MLB.com. 2014年3月19日閲覧。
  15. ^ Rockies transactions for March 24”. MLB.com Rockies Press Release (2013年3月24日). 2014年3月19日閲覧。
  16. ^ Rockies recall LHP Josh Outman, option RHP Chris Volstad”. MLB.com Rockies Press Release (2013年4月19日). 2014年3月19日閲覧。
  17. ^ Rockies recall of Tyler Colvin from Triple-A Colorado Springs”. MLB.com Rockies Press Release (2013年6月8日). 2014年3月19日閲覧。
  18. ^ Rockies place RHP Edgmer Escalona on the 15-day disabled list”. MLB.com Rockies Press Release (2013年6月11日). 2014年3月19日閲覧。
  19. ^ Indians and Rockies complete trade”. MLB.com Indians Press Release (2013年12月18日). 2014年3月19日閲覧。
  20. ^ Josh Outman gets $1.25 million deal”. ESPN MLB (2014年1月15日). 2014年3月19日閲覧。
  21. ^ “Indians activate McAllister, designate Outman”. Associated Press. ESPN.com. (2014年6月18日). http://sports.espn.go.com/espn/wire?section=mlb&id=11103726 2014年6月19日閲覧。 
  22. ^ Braves Sign Three Free Agents”. MLB.com Braves Press Release (2015年1月7日). 2015年1月8日閲覧。
  23. ^ Braves add Outman, finalize deals with Pierzynski, Grilli”. Fox Sports (2015年1月7日). 2015年1月8日閲覧。
  24. ^ MLB公式プロフィール参照。2017年2月9日閲覧。
  25. ^ http://alpb.bbstats.pointstreak.com/transactions.html?leagueid=174
  26. ^ Brooks Baseball · Home of the PitchFX Tool - Player Card: Josh Outman”. Brooks Baseball. 2012年6月28日閲覧。

関連項目[編集]