ジョシュ・ブレドル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジョシュ・ブレドル
プロフィール
リングネーム ブロンソン・マシューズ
ジョシュ・ブレドル
本名 ジョシュア・ブレドル
ニックネーム イエティ
身長 201cm
体重 132kg
誕生日 (1991-01-28) 1991年1月28日(27歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
コロラド州ソーントン
スポーツ歴 バスケットボール
アメリカンフットボール
トレーナー ビリー・ガン
ブッカーT
クリス・ジェリコ
リタ
テンプレートを表示

ジョシュ・ブレドルJoshua Bredl1991年1月28日 - )はアメリカ合衆国の元アメリカンフットボール選手であり、プロレスラーコロラド州ソーントン出身[1]

来歴[編集]

学生時代[編集]

学生時代、バスケットボールアメリカンフットボールを掛け持ちで活動。ホリゾン高校在学時、ESPNによる全米プロスペクトランキングでタイトエンド部門で93位、学生スポーツ専門サイトであるRivals.comではコロラド州プロスペクトランキングで15位と評価される[2]

2009年プエブロに所在するコロラド州立大学プエブロ校に進学。アメリカンフットボールクラブであるサンダーウルブスに入部し、レッドシャツ(在学年数延長選手)の資格を行使して1年間心身を鍛える[2]2010年、タイトエンドの控えとして9試合に出場[2]2011年、プレシーズン中に故障を負い2度目のレッドシャツを行使。復帰後にディフェンシブエンドに転向[2]2012年、13試合に出場して13タックルを奪う活躍を見せディフェンシブエンドに適応した事をアピール[3]2013年、9試合と前年より出場試合が減少するが21タックル2サックと成績は向上[3]2014年、12試合で24タックル4サックという結果を出して大学でのプレイを終える[3]

2015年NFLドラフト期間にデンバー・ブロンコスに招待され練習生としてトレーニングに参加[4]。結局ブロンコスから指名される事なくドラフトを終えるがグリーンベイ・パッカーズに注目されキャンプ招待選手として参加するが契約を交わす事が出来なかった[5][6]

WWE[編集]

2015年4月、新たな道としてプロレスラーになる事を目指し、同月よりメジャー団体であるWWEが有望なるスターを発掘する育成プログラムであるTough Enoughに参加。6月に最終選考へのトライアウトで40名のうちの1人に選出される[7]。同月12日、最終選考の13人のうちの1人として選出され本戦に進出[8]。同月23日より最終選考を兼ねてUSAネットワークで放送開始されたリアリティ番組形式のTough Enough 6にてイエティのニックネームをつけられる。初回こそ脱落者候補の1人となるが以降は優秀な成績を収め、8月25日の最終回ではZZことザマリア・ルーペと優勝者を争う事になり、最終テストとしてセザーロと対戦。体格が似通っている事からパワーファイトでぶつかるが容赦なく叩き潰される。セザーロ・スイングを喰らうが雄叫びを上げてランニング・パワースラムを決めるアピールを見せる。最後はニュートラライザーを喰らい敗戦。審査の結果、優勝を飾りWWEとの契約を勝ち取った[9]

NXT[編集]

2015年10月28日、WWEと契約を交わし入団[10]。育成施設であるWWEパフォーマンスセンターにてトレーニングを開始。12月4日、傘下団体であるNXTのNXT Liveにて登場し、リングネームをブロンソン・マシューズBronson Mathews)として活躍する事を宣言した[11][12]

2016年3月18日、NXT Liveにてプロレスラーデビューを果たす。ディラン・マイリーと対戦するが敗戦した[13]

2017年4月25日、WWEから解雇となった[14]

得意技[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Bronson Mathews”. Wrestlingdata.com. 2015年12月24日閲覧。
  2. ^ a b c d Josh Bredl”. gothunderwolves.com. 2015年12月24日閲覧。
  3. ^ a b c Josh Bredl”. gothunderwolves.com. 2015年12月24日閲覧。
  4. ^ CSU-Pueblo DL Josh Bredl Works Out With Broncos”. FanSided. 2015年4月11日閲覧。
  5. ^ Green Bay Packers Undrafted Free Agent Signings Tracker”. acmepackingcompany.com. 2015年5月4日閲覧。
  6. ^ Packers distribute undrafted rookie bonuses evenly this year”. ESPN.com. 2015年5月18日閲覧。
  7. ^ WWE Tough Enough Final 40 revealed!”. WWEToughEnough.com. 2015年6月8日閲覧。
  8. ^ Meet WWE Tough Enough's 13 finalists”. WWEToughEnough.com. 2015年6月12日閲覧。
  9. ^ WWE Tough Enough recap, August 25, 2015: And the winners are...”. WWEToughEnough.com. 2015年8月25日閲覧。
  10. ^ Tough Enough competitors join new class of recruits at the WWE Performance Center”. WWE.com. 2015年10月25日閲覧。
  11. ^ WWE NXT Live Event Results From Orlando (12/3): Finn Balor & Apollo Crews, Tough Enough Stars, More”. Wrestlinginc.com. 2015年12月4日閲覧。
  12. ^ Photo: Tough Enough Winner Josh Reveals His New Name”. Wrestlinginc.com. 2015年12月4日閲覧。
  13. ^ WWE NXT Live Event Results From Tampa (3/18): Tough Enough Josh Debuts, Austin Aries, Divas, More”. Wrestlinginc.com. 2016年3月18日閲覧。
  14. ^ More WWE NXT Releases Including Former WWE Tough Enough Winner”. Wrestlinginc.com. 2017年4月25日閲覧。