ジョセフ・ベル (機関士)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジョセフ・ベル

ジョセフ・ベル英語: Joseph Bell1861年3月12日 - 1912年4月15日)は、イギリスの機関士。客船タイタニック号の機関士長だった人物。同船の沈没事故の際に彼と彼の部下の機関士たちは脱出せずに船に電気を供給し続けて命を落とした。

経歴[編集]

1861年3月21日イングランドカンブリアシティ・オブ・カーライルファーラム英語版に農場主ジョン・ベル(John Bell)とその妻マーガレット(Margaret)(旧姓ワトソン(Watson))の長男として生まれる[1]

1870年代、母マーガレットが死去すると父ジョンは家族を連れてカーライルスタンウィック英語版へ移住した。同地で初等教育を受けた後、カーライルを出て、ニューカッスルに行き、機関車製造会社ロバート・スチーブンソン・アンド・カンパニーでエンジン取付組立工見習いとして働いた[1]

1885年ホワイト・スター・ラインに入社し、ニュージーランドからニューヨークの航路で勤務[1]1893年にモード・ベイツ(Maud Bates)と結婚。彼女との間に4人の子供を儲けた[1]1891年コプティック号英語版の機関士長となり、1911年にはオリンピック号の機関士長となった[1]

その後、オリンピック号からタイタニック号へ異動となった[1]4月10日から処女航海に出たタイタニック号で機関士長を務めた。4月14日午後11時40分にタイタニック号が氷山に衝突した際にもベルは機関室にいたが、衝突には気づかないまま、ブリッジから「全速後進」を命じる信号を受けた。ベルはすぐに中央タービンを停止させ、レシプロエンジンを逆転させた。その直後、ブリッジの操作で防水扉が自動的に閉まり、不安になった機関士たちは何が起こったのかと顔を見合わせていたという[2]

沈没直前にベルは部下の機関士達に脱出を許可しているが、船が明かりと無線の電力を失わないようにと誰一人として退避しようとはせず最期まで持ち場に留まった。そのためベル以下機関士たちは全員が命を落とした[3]

ベルを演じた人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f Encyclopedia Titanica. “Mr Joseph Bell” (英語). Encyclopedia Titanica. 2018年8月30日閲覧。
  2. ^ バトラー 1998, p. 126.
  3. ^ バトラー 1998, p. 229.

参考文献[編集]

  • バトラー, ダニエル・アレン『不沈 タイタニック 悲劇までの全記録』大地舜訳、実業之日本社、1998年。ISBN 978-4408320687。