ジョゼフ・バタンドン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジョゼフ・バタンドン Portal:陸上競技
選手情報
ラテン文字 Joseph Batangdon
国籍 カメルーンの旗 カメルーン
競技 陸上競技 (短距離走)
種目 100m, 200m
生年月日 (1978-07-29) 1978年7月29日(40歳)
生誕地 カメルーンの旗 ヤウンデ
身長 176cm
体重 74kg
成績
オリンピック 100m 2次予選2組9着 (2000年)
200m 2次予選3組5着 (2000年)
4x100mR 予選4組5着 (2000年)
世界選手権 200m 準決勝1組8着 (2001年)
4x100mR 予選2組5着 (1999年)
4x100mR 予選4組5着 (2001年)
地域大会決勝 アフリカ選手権
200m 優勝 (2004年)
4x100mR 3位 (2004年, 2008年)
自己ベスト
60m 6秒89 (2003年)
100m 10秒19 (2002年)
200m 20秒31 (1999年, 2000年, 2001年) カメルーン記録
400m 46秒50 (1996年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

ジョゼフ・バタンドンJoseph Batangdon1978年7月29日 ‐ )は、カメルーンヤウンデ出身の元陸上競技選手。専門は短距離走。100mで10秒19(元カメルーン記録)、200mで20秒31(カメルーン記録)、室内200mで20秒47(カメルーン記録)の自己ベストを持つ。2003年バーミンガム世界室内選手権男子200mの銀メダリストである。

200mを中心に活躍したカメルーンを代表するスプリンター。2003年バーミンガム世界室内選手権男子200mで銀メダルを獲得し、全種目を通じてカメルーン男子初の世界室内選手権メダリストとなった。オリンピック世界選手権には合わせて6回出場しているものの、準決勝まで進出したのは2001年エドモントン世界選手権男子200mの1回だけである。しかし、アフリカの大会では、2004年アフリカ選手権男子200mで金メダル、1999年アフリカ競技大会男子200mで銀メダルを獲得するなど活躍した。2000年シドニーオリンピック男子200mの2次予選3組5着、2001年エドモントン世界選手権男子200mの準決勝1組8着という成績は、オリンピックと世界選手権の200mにおけるカメルーン男子最高成績である。

経歴[編集]

1999年[編集]

9月のアフリカ競技大会男子200mで決勝に進出すると、決勝では20秒37(+0.6)をマークし、フランシス・オビクウェル(20秒06)に次ぐ2位で銀メダルを獲得した。

2001年[編集]

7月のアフリカ選手権男子200mで決勝に進出すると、決勝では20秒31(+0.2)のカメルーンタイ記録を樹立し、アジズ・ザカリ(20秒23)に次ぐ2位で銀メダルを獲得した。8月のエドモントン世界選手権男子200mでも2次予選で20秒31(+1.2)のカメルーンタイ記録を樹立して準決勝進出条件の組4着までに入り、世界選手権において自身初となる準決勝進出を果たしたが、準決勝は20秒66(+1.0)で組8着に終わった[1]

2003年[編集]

3月のバーミンガム世界室内選手権男子200m準決勝を全体2位の20秒65で突破し、屋外と室内の世界大会(オリンピック・世界選手権・世界室内選手権)を通じて自身初となる決勝に進出すると、決勝では20秒76と準決勝よりもタイムを落としたものの、準決勝を全体1位で突破したマーロン・デボニッシュ(20秒62)に次ぐ2位で銀メダルを獲得した[2]。これは世界室内選手権の全種目を通じて、カメルーン男子選手初のメダル獲得となった[注 1]

2004年[編集]

3月のブダペスト世界室内選手権男子200m準決勝を全体3位の20秒86で突破し、2大会連続となる決勝に進出したが、決勝では今大会で一番悪いタイムの21秒16をマークし、3位のトビアス・ウンガー(21秒02)とは0秒14差の4位で2大会連続のメダルを逃した[4]。7月にはアフリカ選手権男子200m決勝を20秒46(0.0)で制し、この種目ではカメルーン選手初となるメダルを獲得した[注 2]

自己ベスト[編集]

記録欄の( )内の数字は風速m/s)で、+は追い風を意味する。

種目 記録 年月日 場所 備考
屋外
100m 10秒19 (0.0) 2002年6月12日 フランスの旗 ボルドー 元カメルーン記録
200m 20秒31 (+0.8)
20秒31 (+0.2)
20秒31 (+1.2)
1999年9月17日
2000年7月14日
2001年8月7日
南アフリカ共和国の旗 ヨハネスブルグ
アルジェリアの旗 アルジェ
カナダの旗 エドモントン
カメルーン記録
300m 32秒44 2000年9月11日 オーストラリアの旗 シドニー
400m 46秒50 1996年6月16日 フランスの旗 ノジャン=シュル=マルヌ
室内
60m 6秒89 2003年2月23日 フランスの旗 リエヴァン
200m 20秒47 2003年3月2日 フランスの旗 オービエール カメルーン記録
300m 33秒17 2005年2月26日 フランスの旗 リエヴァン

主要大会成績[編集]

備考欄の記録は当時のもの

大会 場所 種目 結果 記録 備考
1999 世界選手権 スペインの旗 セビリア 200m 2次予選 20秒70 (0.0)
4x100mR 予選 39秒25 (3走) カメルーン記録
アフリカ競技大会 (en 南アフリカ共和国の旗 ヨハネスブルグ 200m 2位 20秒37 (+0.6)
2000 アフリカ選手権 (en アルジェリアの旗 アルジェ 200m 2位 20秒31 (+0.2) カメルーン記録
オリンピック オーストラリアの旗 シドニー 100m 2次予選 10秒52 (+0.3)
200m 2次予選 20秒55 (-0.2)
4x100mR 予選 39秒62 (3走)
2001 世界室内選手権 ポルトガルの旗 リスボン 200m 準決勝 21秒43
フランス語圏競技大会 (en カナダの旗 オタワ 200m 3位 20秒75 (+0.5)
世界選手権 カナダの旗 エドモントン 200m 準決勝 20秒66 (+1.0) 2次予選20秒31 (+1.2):カメルーン記録
4x100mR 予選 39秒29 (3走)
2002 英連邦競技大会 (en イギリスの旗 マンチェスター 100m 準決勝 10秒37 (+0.8)
200m 7位 20秒36 (+1.4)
4x100mR 7位 39秒52 (4走)
アフリカ選手権 (en チュニジアの旗 ラデス 200m 4位 20秒47 (+2.4)
2003 世界室内選手権 イギリスの旗 バーミンガム 200m 2位 20秒76 カメルーン男子初の世界室内選手権メダリスト
世界選手権 フランスの旗 パリ 200m 2次予選 20秒81 (+2.3)
4x100mR 予選 DQ (4走)
アフリカ競技大会 (en ナイジェリアの旗 アブジャ 200m 6位 21秒09 (-0.9)
4x100mR 4位 39秒94 (4走)
2004 世界室内選手権 ハンガリーの旗 ブダペスト 200m 4位 21秒16
アフリカ選手権 (en コンゴ共和国の旗 ブラザヴィル 200m 優勝 20秒46 (0.0) カメルーン男子初の金メダリスト
4x100mR 3位 39秒87 (4走)
オリンピック ギリシャの旗 アテネ 200m 2次予選 DNS
ワールドアスレチック
ファイナル
 (en
モナコの旗 モナコ 200m 7位 20秒95 (+0.7)
2005 イスラム諸国連帯
競技大会 (en
サウジアラビアの旗 メッカ 200m 2位 20秒73 (0.0)
世界選手権 フィンランドの旗 ヘルシンキ 200m 2次予選 21秒38 (+2.0)
2006 英連邦競技大会 (en オーストラリアの旗 メルボルン 200m 予選 DNS
2008 アフリカ選手権 (en エチオピアの旗 アディスアベバ 200m 6位 21秒24 (+0.3)
4x100mR 3位 40秒60 (4走)
2009 フランス語圏競技大会 (en レバノンの旗 ベイルート 4x100mR 5位 40秒07 (4走)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ カメルーンは今大会まで男女通じて世界室内選手権のメダルを獲得したことがなかったが、今大会で女子三段跳フランソワーズ・ムバンゴ、男子200mのバタンドンがそれぞれ銀メダルを獲得した[3]
  2. ^ 女子は1996年大会でジョルジェット・ンコマ英語版が金メダルを獲得している。

出典[編集]