ジョゼフ=シャルル・マルドリュス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ジョゼフ=シャルル・マルドリュス(Joseph-Charles Mardrus, 1868年 - 1949年)は、フランス医師東洋学者。

人物[編集]

亡命グルジア人一族の出身でカイロに生まれ、ベイルートイエズス会(現在の聖ジョゼフ大学)で教育を受けた。パリで医学博士号を取得したのち、フランス内務省の医師となり、インド中近東モロッコを回った。象徴派の詩人マラルメサロンで多くの作家や芸術家と交流した。

業績[編集]

数編の小説を遺したほか、『千一夜物語』の翻案(1899-1904)と『クルアーン』の仏訳(1925)が有名。特に千一夜物語は日本語に重訳され、マルドリュス版として知られる。アラビア語原典ブーラーク版を底本とし、「没我的逐字訳」すなわち徹底的な直訳を標榜しながら、フランス語の文体に囚われずアラビア語法を盛んに取り入れたマルドリュス版全16巻は、一世を風靡した。フランスではアンドレ・ジッドが、日本では西洋文学者上田敏中国文学者奥野信太郎、仏文学者青柳瑞穂らが愛読した。

日本語訳は、二社での完訳版をはじめ、数種類が出版された。

マルドリュス版は原典の性描写を誇張することで、アラビアン・ナイトを好色文学として提示した。戦前の日本では発禁の対象になった。1927年の酒井訳は検閲を免れるため、訳者名、発行元等の書誌事項は記載しなかったが、発禁処分を受けた。岩波文庫版は戦前刊の2冊は発禁こそ免れたが、伏字(空欄)の多用を余儀なくされた。

参考文献[編集]

  • 国立民族学博物館編『アラビアンナイト博物館』 東方出版、2004
  • 杉田英明「好色文学としての『アラビアン・ナイト』 明治末期〜昭和前期のバートン版・マルドリュス版紹介」『東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻紀要』(9), 1-22, 2004(上)、(10), 1-24, 2005(下)
    • 『アラビアン・ナイトと日本人』 に改訂収録、岩波書店、2012
  • 西尾哲夫『アラビアンナイト : 文明のはざまに生まれた物語』 岩波新書、2007