ジョゼ・アントニオ・マルチンス・ガウボン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はマルチンス第二姓(父方の)はガウボンです。
ガウボン Football pictogram.svg
名前
本名 ジョゼ・アントニオ・マルチンス・ガウボン
José Antônio Martins Galvão
ラテン文字 GALVÃO
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1982-07-08) 1982年7月8日(35歳)
出身地 リンス
身長 187cm
体重 80kg
選手情報
ポジション FW
利き足
ユース
1999-2000 ブラジルの旗 ウニオン・サンジョアン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2001-2002 ブラジルの旗 ウニオン・サンジョアン
2002-2003 スイスの旗 セルヴェット 13 (0)
2003 ブラジルの旗 ウニオン・サンジョアン 11 (6)
2003-2004 ブラジルの旗 イトゥアーノ
2004 ブラジルの旗 パラナ 42 (16)
2005 日本の旗 サンフレッチェ広島 33 (9)
2006 ブラジルの旗 サントス 8 (0)
2006-2007 ブラジルの旗 アトレチコ-MG 16 (1)
2008 ブラジルの旗 サンカエターノ
2008 ブラジルの旗 バイーア
2009 ブラジルの旗 ヴィラ・ノヴァ
2009 日本の旗 ヴァンフォーレ甲府 10 (2)
2010-2011 ブラジルの旗 ボアヴィスタ
2011 ブラジルの旗 ドゥケ・デ・カシアス (loan) 16 (2)
2012 ブラジルの旗 ウニオン・サンジョアン
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジョゼ・アントニオ・マルチンス・ガウボン(José Antônio Martins Galvão、1982年7月8日 - )は、ブラジルサンパウロ州リンス出身のサッカー選手。ポジションはフォワード。登録名はガウボン (Galvão) 。

経歴[編集]

ブラジルのウニオン・サンジョアンECの下部組織出身。

トップチーム昇格後、その活躍が認められ2002年からスイスのセルヴェットFCへ移籍するも1シーズンで帰国。2004年、パラナ・クルーベでプレーし、チーム最多得点を記録した。

2005年からサンフレッチェ広島へ加入[1]。長身を生かしたヘディングの強さと足技から、当初は3トップのセンターフォワード、その後戦術変更に伴い2トップの一角として、佐藤寿人前田俊介らとプレーした。ただ、ポストプレイヤーとしての働きを期待していたクラブの望む動きは出来ず、1シーズンで退団。

2006年にサントスFCへ入団し、同年途中にはアトレチコ・ミネイロへと移籍。以降いくつかの国内クラブを渡り歩いていた。

2009年6月、J1昇格を目指すヴァンフォーレ甲府に切り札として完全移籍[2]。が、左太ももに怪我を抱えていることが発覚、チームも3トップからマラニョン金信泳の2トップに移行したこともあり、途中交代出場が続いた[3]。同年末、甲府の外国人選手枠の関係から戦力外通告される[4]

2010年、母国に戻りボアヴィスタSCに在籍。

プレースタイル[編集]

俊足と足元のテクニック、187cmの長身を生かしたヘディングが武器の万能型FW。強力なミドルシュートを持つ他、運動量もあって献身的な前線からの守備も欠かさない。[1][2]

一方で、基本的には足元でボールを受けたがるタイプであり、ヘディングシュートは得意だが周囲の選手に落とすポストプレーは不得手など、周囲を活かす動きに難がある。広島や甲府では最初、3トップのセンターフォワードとして起用した[2] ためチームの求める役割と噛み合わず、2トップ移行後に比較的活躍している。

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯 オープン杯 期間通算
2001 U-サンジョアン 0 0
2002 25 14
スイス リーグ戦 スイス杯 オープン杯 期間通算
2002-03 セルヴェット 13 0
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯 オープン杯 期間通算
2003 U-サンジョアン 11 6
イトゥアーノ
2004 イトゥアーノ
パラナ・クルーベ 42 16
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2005 広島 10 J1 33 9 5 3 2 1 40 13
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯 オープン杯 期間通算
2006 サントス 8 0
2006 アトレチコ-MG
2007
2008 サンカエターノ
ECバイーア
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2009 甲府 15 J2 10 2 - 0 0 10 2
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯 オープン杯 期間通算
2010 ボアヴィスタ
通算 ブラジル
スイス
日本 J1 33 9 5 3 2 1 40 13
日本 J2 10 2 - 0 0 10 2
総通算 43 11 5 3 2 1 50 15

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 体力・技術 高い水準 FWガウボン”. 中国新聞 (2005年2月3日). 2013年7月7日閲覧。
  2. ^ a b c ガウボン(元広島FW)獲得へ”. 山梨日日新聞 (2009年5月12日). 2013年7月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月7日閲覧。
  3. ^ 連載・青き戦士 激闘'09 (5) フロントの取り組み GM制導入、進む環境整備”. 山梨日日新聞 (2009年12月15日). 2010年1月31日閲覧。[リンク切れ]
  4. ^ 来季へチームづくり本格化 DF中心に補強へ”. 山梨日日新聞 (2009年12月9日). 2013年7月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月7日閲覧。

参考資料[編集]

関連項目[編集]