ジョゼ・カルロス・フェレイラ・フィーリョ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はフェレイラ第二姓(父方の)はフィーリョです。
ゼ・カルロス Football pictogram.svg
名前
本名 ジョゼ・カルロス・フェレイラ・フィーリョ
José Carlos Ferreira Filho
愛称
ラテン文字 ZÉ CARLOS
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1983-04-24) 1983年4月24日(35歳)
出身地 マセイオ
身長 186cm
体重 91kg
選手情報
在籍チーム ブラジルの旗 パラナ・クルーベ
ポジション FW
利き足 右足
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ゼ・カルロス (Zé Carlos) こと、ジョゼ・カルロス・フェレイラ・フィーリョ(José Carlos Ferreira Filho, 1983年4月23日 - )は、ブラジルアラゴアス州マセイオ出身のプロサッカー選手ポジションフォワード

韓国・Kリーグ時代の登録名は蔚山では「カルロス[1]、全北では「ゼ・カルロ」だった[1]。母国では「Zé Gol(ゼゴウ、ゼ・ゴール)」の愛称で呼ばれる事が多い。

経歴[編集]

地元マセイオにあるSCコリンチャンス・アラゴアーノの下部組織出身。2002年にはポルトガルの強豪クラブであるFCポルトに、翌シーズンは2部リーグFCヴィゼラポルトガル語版レンタルされて初めて海外でのプレーを経験。

2004年夏、Kリーグの蔚山現代FC期限付き移籍。得点力を誇示したが、利己的な性格が問題視され[1]1年ほどで退団。ブラジルのクラブを経て、翌2006年から再びKリーグに戻り、今度は全北現代で2年半にわたってプレーする。この年に出場したACLではボッティらと共に活躍し、チームのエースストライカーとして5ゴールを挙げて全北のアジア制覇に貢献。CWCでは、5位決定戦のオークランド・シティFC戦でゴールを決めている[2]。2008年に試合中の暴行によって20試合の出場停止処分を科され、同年限りで退団[1]

クルゼイロ時代の2009年7月12日ブラジル全国選手権セリエAアトレチコ・ミネイロ戦で試合開始直後(記録上は7秒)に相手MFのレナンポルトガル語版に肘打ちをし、レッドカードを受けた。この記録はブラジル全国選手権の史上最速退場記録と言われている[3]

2010年Jリーグガンバ大阪に完全移籍で加入した[4]。前所属のポルトゥゲーザでは海外からの獲得オファーがあった際、移籍できる条項を契約に盛り込んでいた為に、引き止めることができなかった[5]。なおポルトゥゲーザはブラジル全国選手権セリエBで9ゴールとチーム最多得点を挙げたフェリペ・ガブリエルと8ゴールのゼ・カルロスの二人を、同時期に日本のクラブに失うことになった[6]。 しかし、G大阪では明らかなウェイトオーバーなどにより精彩を欠き、リーグ戦はわずか19分間の出場で契約解除となった[7]

2012年27得点を挙げ、セリエB得点王となる。

2013年中国スーパーリーグ長春亜泰足球倶楽部へ移籍。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
2002 コリンチャンス-AL セリエC
ポルトガル リーグ戦 リーグ杯ポルトガル杯 期間通算
2002-03 ポルト スーペル
2003-04 ヴィゼラ オンラ
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
2004 CRB セリエB
韓国 リーグ戦 リーグ杯FA杯 期間通算
2004 蔚山現代 15 Kリーグ 19 14
2005 9 5
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
2005 ポンチ・プレッタ セリエA
韓国 リーグ戦 リーグ杯FA杯 期間通算
2006 全北現代 15 Kリーグ 24 6
2007 21 8
2008 7 1
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
2008 アメリカ-RN セリエB
2009 パウリスタ セリエD
クルゼイロ セリエA 8 1
ポルトゥゲーザ セリエB 16 8
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2010 G大阪 15 J1 1 0 0 0 - 1 0
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
2010 ポルトゥゲーザ セリエB 17 5
2011 クリシューマ
通算 ブラジル セリエA
ブラジル セリエB
ブラジル セリエC
ブラジル セリエD
ポルトガル スーペル
ポルトガル オンラ
韓国 Kリーグ 73 34
日本 J1 1 0 0 0 0 0 1 0
総通算
国際大会個人成績 FIFA
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
AFCACLクラブW杯
2006 全北現代 15 11 5 2 1
2007 全北現代 15 2 0 -
2010 G大阪 15 3 1 -
通算 AFC 16 6 2 1

経歴[編集]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

全北現代モータース
クルゼイロ

個人[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 이별이 쿨하지 못했던 외국인 선수 TOP10 Sports-G (2017年2月1日)(朝鮮語)
  2. ^ FIFA Player Statistics: ZECARLO FIFA.com(英語)
  3. ^ Recorde em expulsão cruzeirense Justiça Desportiva(ポルトガル語)
  4. ^ FWゼ カルロス選手 移籍加入のお知らせ ガンバ大阪オフィシャルサイト
  5. ^ Portuguesa confirma Athirson, mas perde Zé Carlos Estadao.com.br(ポルトガル語)
  6. ^ BOMBA! Após Zé Carlos, Lusa pode perder outro para o Japão Futebol Interior(ポルトガル語)
  7. ^ G大阪のFWゼ・カルロスが退団totoONEウェブ