ジョゼ・コウセイロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はデ・カルヴァーリョ・ペイトレオ第二姓(父方の)はマルティンス・コウセイロです。
ジョゼ・コウセイロ Football pictogram.svg
Jose Couceiro 2011.jpg
名前
本名 ジョゼ・ジュリオ・デ・カルヴァーリョ・ペイロテオ・マルティンス・コウセイロ
José Júlio de Carvalho Peyroteo Martins Couceiro
ラテン文字 José Couceiro
基本情報
国籍 ポルトガルの旗 ポルトガル
生年月日 (1962-10-04) 1962年10月4日(55歳)
出身地 リスボン
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジョゼ・ジュリオ・デ・カルヴァリョ・ペイロテオ・マルティンス・コウセイロ(José Júlio de Carvalho Peyroteo Martins Couceiro, 1962年10月4日 - )は、ポルトガルの元サッカー選手サッカー指導者。

経歴[編集]

サッカー指導者としてヴィトーリア・セトゥーバルで好成績を収め、2005年2月にFCポルト監督に就任。続いてCFベレネンセスを指揮し、2006年8月にU-21ポルトガル代表監督に任命された。

2008年7月、リトアニアFBKカウナス監督に就任し、UEFAチャンピオンズリーグ予選でレンジャーズFCを2-1で撃破した。2008年8月にリトアニア代表監督に任命された[1]

2010_FIFAワールドカップ予選のルーマニア戦ではアウェーにも関わらず3-0の快勝を収めた。予選突破は成らなかったものの、オーストリアなど格上の相手を苦しめている。

2011年2月26日、ポルトガルのスポルティングCP監督に就任するが、シーズン後に退任[2]

2011年6月、ロシアのFCロコモティフ・モスクワ社長のオリガ・スモロードスカヤをはじめとした経営陣はユーリー・クラスノジャン監督を解任し、2年契約でコウセイロを監督に任命した[3]。クラスノジャン解任には選手の反発もあったが、コウセイロはチームをまとめ、アルベルト・サパテルマヌエル・ダ・コスタなど新戦力を組み込んで快進撃を演出し、UEFAヨーロッパリーグではグループリーグ突破に成功。2012年5月、シーズン終了後に解任された。

所属クラブ[編集]

指導者経歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ コウセイロ氏、リトアニア代表監督兼任uefa.com(2008-8-20)、2012年1月3日閲覧。
  2. ^ スポルティングのセルジオ監督が退任 uefa.com(2011-2-26)、2012年1月3日閲覧。
  3. ^ ロコモティフ・モスクワ新監督にコウセイロ氏 uefa.com(2011-7-1)、2012年1月3日閲覧。