ジョゼ・デ・ソウザ・テイシェイラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はデ・ソウザ第二姓(父方の)はテイシェイラです。
ジョゼ・テイシェイラ Football pictogram.svg
名前
本名 ジョゼ・デ・ソウザ・テイシェイラ
José de Souza Teixeira
ラテン文字 Teixeira
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1935-09-25) 1935年9月25日
出身地 サンパウロ州
没年月日 (2018-04-13) 2018年4月13日(82歳没)
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジョゼ・テイシェイラ[1][2]こと、ジョゼ・デ・ソウザ・テイシェイラ(José de Souza Teixeira、1935年9月25日 - 2018年4月13日)は、ブラジル出身のサッカー指導者。

来歴[編集]

1965年から[3]SCコリンチャンス・パウリスタでフィジカルコーチを務め、暫定監督としても数試合で指揮を執った[1]。1977年には同クラブにとって23年ぶりとなるサンパウロ州選手権優勝に貢献。翌1978年には正式に監督へ昇格し、100試合超に渡ってチームを率いた[4][1]。この頃、留学中のホルヘ・ルイス・ピントと知己を得ている[5]

その後コロンビアサウジアラビアUAEペルーと各国のクラブを渡り歩き[6][7]、1987年にはパウロ・ヌーネスベンチーニョアシスソニー・アンデルソンらU-16ブラジル代表を率いてU-16世界選手権(現在のFIFA U-17ワールドカップ)に臨むも、攻撃陣の不発によって[8]グループリーグ敗退に終わった。

1988年にはイトゥアーノFC監督に就任し、1989年のサンパウロ州選手権2部で優勝[2]。1992年にはイトゥアーノで行動を共にしたアンジェロアマラオを伴って訪日し、東京ガスサッカー部(後のFC東京)アドバイザーに就いた[9]

2005年、コリンチャンスの22年に渡る無冠時代を記した「A história de um tabu que durou 22 anos」を上梓[10]。2010年には自身のサッカー歴を振り返る「50 Anos por Dentro do Futebol」を発刊[11]

2018年4月13日死去[3]。享年82歳[2]

指導歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c José Teixeira (1965, 1966, 1977 e 1978-1979) AcervoCCCP(ポルトガル語)
  2. ^ a b c Faleceu nosso comandante do acesso de 1989, professor José Teixeira イトゥアーノFC (2018年4月13日)(ポルトガル語)
  3. ^ a b Nota de pesar SCコリンチャンス・パウリスタ (2018年4月13日)(ポルトガル語)
  4. ^ José Teixeira, o estrategista do Corinthians VEJA São Paulo(ポルトガル語)
  5. ^ Técnico da Costa Rica recebe visita de mentor brasileiro PORTAL noar(ポルトガル語)
  6. ^ Teixeira e as ligações com Itu CAMPO & CIDADE(ポルトガル語)
  7. ^ José Teixeira Ex-treinador do Corinthians e Santos TERCEIRO TEMPO (ポルトガル語)
  8. ^ Brazil - France , Brazil - Saudi Arabia , Matches Brazil - Australia FIFA (英語)
  9. ^ 加部究 『サッカー移民 王国から来た伝道師たち』 双葉社2003年、201頁。
  10. ^ Ex-técnico de Corinthians e Santos é 'reforço' do Guará na disputa da A2 globoesporte (ポルトガル語)
  11. ^ Professor Teixeira lança livro sobre os 50 anos dentro do futebol em grande estilo Futebol Interior(ポルトガル語)
  12. ^ Women compete in Peace Cup FIFA(英語)