ジョゼ・ベヤールト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
獲得メダル
フランスの旗 フランス
ロードレース
オリンピック
1948 ロンドン 個人ロードレース
1948 ロンドン 団体ロードレース

ジョゼ・ベヤールト(José Beyaert、1925年10月1日 - 2005年6月11日)は、フランスランス出身の自転車競技ロードレース)選手。

経歴[編集]

1948年ロンドンオリンピック・個人ロードレースで金メダル、団体ロードレースで銅メダルをそれぞれ獲得。

1949年にプロに転向。1952年コロンビアに移住し、同年のブエルタ・ア・コロンビアで総合優勝を果たした。1953年に引退。

その後もコロンビアに居住し続けたが、イギリスの自転車競技ライター、マット・レンデル[1]著作の「オリンピック・ギャングスター」という本によると、その間実業家などと装いながら、麻薬密売や人身売買を行っていたという話を、当時の売人仲間と目される人物が証言しており、また、当人の活動歴が、映画・フレンチ・コネクションの題材の一部になったという話も伝えられているが、既に当人は他界しており、これらの詳細な話については謎な点が多く残されたままである。一方、ロードレースのコーチとして地元チームのツール・ド・フランス参加に尽力し、またテレビ、ラジオの解説者としても活動していた。2000年に単身フランスに戻り、2005年6月11日、ラ・ロシェルで死去した[2]

脚注[編集]