ジョゼ・マルティネス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ホセ・マルティネス
  • ホセ・カルロス・マルティネス
José Carlos Martinez
ジョゼ・マルティネス
生誕 (1969-04-29) 1969年4月29日(48歳)
スペインの旗 カルタヘナ
出身校 ロゼラ・ハイタワー高等舞踊学校
オペラ座バレエ学校
職業 バレエダンサー

ジョゼ・マルティネスJosé Carlos Martinez, 1969年4月29日 - )は、スペイン出身のバレエダンサー振付家フランス国籍[1]。 1997年から2011年までパリ・オペラ座で14年余りエトワールを務めた。2011年9月からスペイン国立ダンスカンパニーの芸術監督。

経歴[編集]

地中海沿岸の町、カルタヘナに生まれる。9歳のとき[2][3]、ダンスを習っていた妹を教室に送りに行ったのがきっかけで自身も習い始める。その後14歳のときからフランス・カンヌのロゼラ・ハイタワーの下で本格的にバレエを学んだ。当初フランス語は全く話せなかったという。1987年にローザンヌ国際バレエコンクールでスカラシップを獲得し、ヴィオレット・ヴェルディの勧めで[2]パリ・オペラ座バレエ学校に入学した。

翌1988年、オペラ座バレエ団に入団。1990年、スジェに昇進する。1992年にはヴァルナ国際バレエコンクール・シニア部門で金賞を受賞し、プルミエ・ダンスールに昇進した。1997年5月、『ラ・シルフィード』 のジェームズを踊った直後、エトワールに任命された。

長身のダンスール・ノーブルであり、『白鳥の湖』、『ラ・バヤデール』 などの古典バレエから、マッツ・エックウィリアム・フォーサイスなどのコンテンポラリー作品に至るまで幅広く役をこなした。2005年にはピナ・バウシュ振付 『オルフェーとユーリディス』 で半裸のオルフェウス役を演じた。

2010年12月、翌年秋からスペイン国立ダンスカンパニーの芸術監督に就任することがスペインの文化大臣によって発表される[4]。2011年7月15日、自ら振付した新作バレエ 『天井桟敷の人々』 の主役バティストを踊り、23年間在籍したオペラ座を引退した。

主な振付作品[編集]

振付家としても活動している。2011年6月現在で8作があり[5]、そのうち幕構成が2幕以上のものが3作ある。これらのうち、『スカラムーシュ』 は2009年のオペラ座バレエ学校の日本公演で披露された[6]。マルティネスの作品はオペラ座の同僚アニエス・ルテステュが衣装デザインを手がけたものが多い。

作品名 構成 音楽 衣装 説明
2002 ミ・ファヴォリータ Mi favorita 1幕 ドニゼッティ A・ルテステュ 初めての振付作品
2003 ドリーブ組曲 Deliebes Suite 1幕 L・ドリーブ ドリーブの『』、『コッペリア』などから音楽を抜粋して作ったパ・ド・ドゥ
2005 スカラムーシュ Scaramouche 3幕 D・ミヨー
ほか
オペラ座バレエ学校向けに作ったコメディア・デッラルテ風の序章・終章つき3幕作品。音楽はミヨー 《スカラムーシュ》 をベースに、サン=サーンスチャイコフスキーなどを部分的に用いる[7]
2008 天井桟敷の人々 Les Enfants du Paradis 2幕 M=O・デュパン オペラ座バレエ団向けの序章・終章つき2幕作品。1945年に作られた映画 《天井桟敷の人々》 をバレエ化

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Jacq-Mioche, Sylvie, "José Martinez", Dictionnaire de la Danse (Le Moal, Philippe, ed.), Larousse, 2008, ISBN 978-2-03-583335-8, p.285
  2. ^ a b Chaudon, Marie-Valentine, “Le danseur étoile José Martinez fait ses adieux à l’Opéra de Paris” , la-Croix.com, 15 juillet 2011
  3. ^ 重松えり子「インタヴュー ジョゼ・マルティネス」(『季刊 バレエの本』 No.22、1998年1月、音楽之友社、p.77)では「10歳の時」となっており、どちらが真実かは不明。
  4. ^ José Carlos Martínez, nuevo director de la Compañía Nacional de Danza, COPE.es, 17 Dec 2010
  5. ^ Chorégraphies(公式サイト)
  6. ^ パリ・オペラ座学校作品紹介 - NBS日本舞台芸術振興会
  7. ^ "Scaramouche" (公式サイト)

公式サイト[編集]