ジョナサン・バーネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ジョナサン・バーネット(Jonathan Barnett、1950年1月28日 - )は、イングランド出身のFIFA公認代理人(スポーツエージェント)である。

来歴[編集]

ロンドンのスポーツマネジメント会社「Stellar Group」(ステーラー・グループ)の共同創立者で現会長。

2006年、物議を醸したアシュリー・コールチェルシーFC移籍で名が知れ渡る。

2013年には当時の史上最高額でガレス・ベイルレアル・マドリード移籍を成立させ、確固たる地位を築くに至る。

顧客140選手のトータル市場価格3億7000万ユーロ(約518億円)で世界第4位(ドイツの移籍情報サイト『トランスファーマルクト』による)と言われており、2019年10月にはアメリカの経済誌「フォーブス」が発表した『The World’s Most Powerful Sports Agents 2019』で、同業のジョルジュ・メンデス(3位)とミノ・ライオラ(5位)を抑え、1位に選ばれている。

顧客には、母国であるイギリス出身選手が多い。

主なクライアント[編集]

主な所属選手[編集]

現役引退した所属選手[編集]