ジョニー・ベンタース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジョニー・ベンタース
Jonny Venters
アトランタ・ブレーブス #48
Jonny Venters Sept 18 2018.jpg
アトランタ・ブレーブス時代
(2018年9月18日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ケンタッキー州パイク郡パイクビル
生年月日 (1985-03-20) 1985年3月20日(33歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2003年 MLBドラフト30巡目
初出場 2010年4月17日 コロラド・ロッキーズ
年俸 $1,625,000(2013年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジョナサン・ウィリアム・ベンタースJonathan William Venters, 1985年3月20日 - )は、アメリカ合衆国ケンタッキー州パイク郡パイクビル出身のプロ野球選手投手)。左投左打。MLBアトランタ・ブレーブス所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

ベンタースが生まれたケンタッキー州パイクビルはオハイオ州シンシナティに近く、そのため家族全員がシンシナティ・レッズのファンだったという[2]

プロ入りとブレーブス時代[編集]

2003年MLBドラフト30巡目(全体907位)でアトランタ・ブレーブスから指名され、プロ入り。

マイナーでは主に先発として起用された。2010年のスプリングトレーニングではジョジョ・レイエスとリリーフ投手の最後の枠の争うことになったが、結局開幕をマイナーで迎えた[3]マイク・ダン4月17日にマイナー降格したのに伴ってメジャー昇格を果たし、同日メジャーデビューを果たした[4]6月17日ミルウォーキー・ブルワーズ戦にて、プリンス・フィルダーに対し、故意死球を投げたとみなされ、ブレーブス監督のボビー・コックスとともに、退場となった[5]。のちに、ベンタースに対し4試合の出場停止の判決が出された。この判決はその後、ベンタースの訴えにより取り消されている[6]。最終的にこのシーズンは、ナ・リーグ6位となる79試合に登板した[7]。また、ナ・リーグの新人王の投票では8位に入った[8]

2011年は、主にクレイグ・キンブレルにつなぐセットアッパーとして起用され、キンブレル、エリック・オフラハティとともにブレーブスのブルペンを支えた。

2012年6月22日ニューヨーク・ヤンキース戦でアレックス・ロドリゲスに彼のキャリアで23本目のグランドスラムを被弾するなど、前半戦は苦しんだ[9]7月5日に左肘の痛みにより故障者リスト入りし[10]、22日のワシントン・ナショナルズ戦で復帰した[11]

2013年シーズン前に左肘の違和感で故障者リスト入りした。トミー・ジョン手術を避けリハビリに励み、5月中の復帰を目指したが[12]、結局キャリア2度目のトミー・ジョン手術を受け、シーズンを全休した。

2014年3月23日に前年の手術の影響で、15日間の故障者リスト入りした[13]3月29日に60日間の故障者リストへ異動した[14]。8月にキャリア3度目のトミー・ジョン手術を受けた。11月21日に自由契約となった。

レイズ時代[編集]

2015年3月11日タンパベイ・レイズと2年契約のマイナー契約を結んだ。

2016年には傘下のA+級シャーロット・ストーンクラブズで4年ぶりの公式戦登板を果たした。オフの11月7日FAとなったが、2017年3月27日にマイナー契約を結んで再契約した[15]

2017年はルーキー級ガルフ・コーストリーグ・レイズ、A+級シャーロット、AA級モンゴメリー・ビスケッツ、AAA級ダーラム・ブルズでプレーし、4球団合計で24試合に登板して防御率2.28・29奪三振の成績を残した。オフの11月7日にFAとなったが、12月14日にマイナー契約を結んで再契約し、2018年スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[16]

映像外部リンク
2018年4月25日、6シーズンぶりのMLBでの登板(MLB.comによる公式動画)

2018年4月25日にAAA級ダーラムからメジャーに昇格し[17]、当日のボルチモア・オリオールズ戦の6回裏に登板。先頭のクリス・デービスをショートゴロに打ち取りマウンドを降りた。トミー・ジョン手術を3度受けてメジャーに復帰した初めての投手となった[18]

ブレーブス復帰[編集]

2018年7月26日後日発表選手とのトレードで、ブレーブスへ移籍した[19]。シーズンでは2球団合計で50試合登板(34 13投球回)・防御率3.67・5勝2敗・16ホールド3セーブを記録した。

投球スタイル[編集]

95mph(約152.8km/h)ほどのハードシンカーを武器とする。彼のメジャーデビューした2010年にブレーブスの監督を務めていたボビー・コックスは「左投手がこんな球を投げるのは50年のプロ生活でも観たことがない」といい、この球を "スーパーシンカー" と呼んでいる[20]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2010 ATL 79 0 0 0 0 4 4 1 24 .500 350 83.0 61 1 39 2 8 93 4 0 30 18 1.95 1.21
2011 85 0 0 0 0 6 2 5 35 .750 357 88.0 53 2 43 7 5 96 4 0 19 18 1.84 1.09
2012 66 0 0 0 0 5 4 0 20 .556 262 58.2 61 6 28 3 5 69 9 0 23 21 3.22 1.52
2018 TB 22 1 0 0 0 1 1 1 5 .500 58 14.0 11 1 6 1 0 11 0 0 6 6 3.86 1.21
ATL 28 0 0 0 0 4 1 2 10 .800 87 20.1 15 0 10 2 1 16 3 0 9 8 3.54 1.23
'18計 50 1 0 0 0 5 2 3 15 .714 145 34.1 26 1 16 3 1 27 3 0 15 14 3.67 1.22
MLB:4年 280 1 0 0 0 20 12 9 94 .625 1114 264.0 201 10 126 15 19 285 20 0 87 71 2.42 1.24
  • 2018年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル・記録[編集]

背番号[編集]

  • 39(2010年 - 2012年)
  • 49(2018年 - 同年7月25日)
  • 48(2018年7月27日 - )

脚注[編集]

  1. ^ Jonny Venters Stats, News, Pictures, Bio, Videos” (英語). ESPN.com. 2013年1月2日閲覧。
  2. ^ Terence Moore, "Venters is a star in waiting for Braves," MLB.com, June 3, 2011. 2011年6月25日閲覧。
  3. ^ Newberry, Paul (2010年4月2日). “Braves set 25-man roster, keep Conrad and Reyes” (英語). USA Today. 2010年7月12日閲覧。
  4. ^ Associated Press (2010年4月18日). “Jimenez blanks Braves, earns first no-hitter in Rockies' history” (英語). USA Today. 2010年7月12日閲覧。
  5. ^ “Braves' Jonny Venters suspended four games for throwing at Prince Fielder”. Content.usatoday.com. (2010年7月19日). http://content.usatoday.com/communities/dailypitch/post/2010/07/braves-jonny-venters-suspended-four-games-for-throwing-at-prince-fielder/1 2010年9月3日閲覧。 
  6. ^ David O'Brien (2010年7月30日). “Venters' suspension rescinded entirely”. Blogs.ajc.com. オリジナル2012年10月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121012220425/http://blogs.ajc.com/atlanta-braves-blog/2010/07/30/venters-suspension-rescinded-entirely/?cxntfid=blogs_atlanta_braves_blog%2F1 2010年9月3日閲覧。 
  7. ^ Jonny Venters Statistics and History - Baseball-Reference.com
  8. ^ Sanchez falls short in NL Rookie of Year bid | MLB.com: News
  9. ^ Boland, Erik (2012年6月21日). “A-Rod's grand slam ignites Yankees' comeback”. Newsday. http://www.newsday.com/sports/baseball/yankees/a-rod-s-grand-slam-ignites-yankees-comeback-1.3778699 2012年7月10日閲覧。 
  10. ^ Braves put Jonny Venters on DL”. ESPN. 2012年7月10日閲覧。
  11. ^ “Venters sharp in return from disabled list”. The Atlanta Journal-Constitution. (2012年7月22日). オリジナル2012年7月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120726181445/http://blogs.ajc.com/atlanta-braves-blog/2012/07/22/venters-sharp-in-return-from-disabled-list/ 2012年7月26日閲覧。 
  12. ^ Braves hopeful Venters returns by end of May”. Braves.com (2013年4月2日). 2013年4月2日閲覧。
  13. ^ Atlanta Braves place five pitchers on disabled list”. MLB.com Braves Press Release (2014年3月23日). 2014年3月24日閲覧。
  14. ^ Braves set 2014 Opening Day roster”. MLB.com Braves Press Release (2014年3月29日). 2014年3月30日閲覧。
  15. ^ MLB公式プロフィール参照。2017年12月28日閲覧。
  16. ^ Bill Chastain (2017年12月14日). “Venters among 13 invited to Rays' spring camp” (英語). MLB.com. https://www.mlb.com/rays/news/rays-invite-13-players-to-spring-training/c-263549074 2017年12月28日閲覧。 
  17. ^ “左腕ベンタースが6年ぶりメジャー復帰 手術3度 - MLB : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201804260000298.html 2018年4月26日閲覧。 
  18. ^ ベンタースが6年ぶり登板 左肘手術から3度目復帰”. 日刊スポーツ (2018年4月27日). 2018年11月11日閲覧。
  19. ^ Mark Bowman (2018年7月27日). “Braves bring back Venters in trade with Rays” (英語). MLB.com. 2018年7月29日閲覧。
  20. ^ Carroll Rogers, "Venters rides sinkerball to back end of Braves bullpen," ajc.com, July 8, 2010. 2011年6月5日閲覧。

関連項目[編集]