ジョバンニ・ソト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ジョバンニ・ソト
Giovanni Soto
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 プエルトリコの旗 プエルトリコ自治連邦区カロリーナ
生年月日 (1991-05-18) 1991年5月18日(26歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2009年 MLBドラフト21巡目(全体630位)でデトロイト・タイガースから指名
初出場 2015年9月5日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム プエルトリコの旗 プエルトリコ
WBC 2013年2017年
獲得メダル
プエルトリコの旗 プエルトリコ
ワールド・ベースボール・クラシック
2013 野球
2017 野球

ジョバンニ・ルイス・ソトGiovanni Luis Soto1991年5月18日 - )は、プエルトリコカロリーナ出身のプロ野球選手投手)。左投左打。現在は、フリーエージェント(FA)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

2008年MLBドラフト46巡目(全体1390位)でフィラデルフィア・フィリーズから指名されたが、契約には至らなかった。

プロ入りとタイガース傘下時代[編集]

2009年MLBドラフト21巡目(全体630位)でデトロイト・タイガースから指名され、プロ入り。契約後、傘下のルーキー級ガルフ・コーストリーグ・タイガースでプロデビュー。13試合(先発6試合)に登板して4勝0敗1セーブ・防御率1.18・37奪三振の成績を残した。

2010年、タイガース傘下ではA級ウェストミシガン・ホワイトキャップス英語版でプレーした。

インディアンス時代[編集]

2010年7月28日ジョニー・ペラルタとのトレードで、金銭と共にクリーブランド・インディアンスへ移籍した。移籍後は傘下のA級レイクカウンティ・キャプテンズへ配属され、移籍前を含めて2球団合計で22試合に先発登板して9勝8敗・防御率2.93・107奪三振の成績を残した。

2011年はルーキー級アリゾナリーグ・インディアンスとA+級キンストン・インディアンスでプレーし、2球団合計で18試合(先発12試合)に登板して4勝4敗・防御率3.91・71奪三振の成績を残した。

2012年はAA級アクロン・エアロズでプレーし、22試合に先発登板して6勝9敗・防御率3.93・100奪三振の成績を残した。

2013年開幕前の3月に開催された第3回WBCプエルトリコ代表に選出された。シーズンではAAA級コロンバス・クリッパーズでプレーし、9試合(先発1試合)に登板して0勝1敗・防御率5.19・8奪三振の成績を残した。

2014年はAA級アクロン・ラバーダックス[1]でプレーし、37試合に登板して0勝2敗1セーブ・防御率3.23・49奪三振の成績を残した。

2015年は開幕からAAA級コロンバスでプレーし、46試合(先発1試合)に登板して2勝1敗2セーブ・防御率2.68・51奪三振の成績を残した。9月4日にメジャー契約を結んでメジャー初昇格を果たし[2]、翌5日のタイガース戦でメジャーデビュー。この年メジャーでは6試合に登板して防御率0.00・10奪三振の成績を残した。

カブス傘下時代[編集]

2016年4月11日に金銭トレードで、シカゴ・カブスへ移籍した[3]。この年はメジャーでの登板は無く、傘下のAAA級アイオワ・カブスでプレーし、33試合に登板して1勝3敗・防御率5.14・55奪三振の成績を残した。10月22日DFAとなった[4]

ホワイトソックス傘下時代[編集]

2016年10月26日ウェイバー公示を経てオークランド・アスレチックスへ移籍した[5]

だが、11月7日に再びウェイバーを経てシカゴ・ホワイトソックスへ移籍した[6]

2017年開幕前の2月8日第4回WBCプエルトリコ代表に選出された[7]3月22日の決勝アメリカ合衆国戦に敗戦し、2大会連続で準優勝となった[8]3月31日に40人枠を外れる形で傘下のAAA級シャーロット・ナイツへ配属された。6月9日に自由契約となった[9]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2015 CLE 6 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 13 3.1 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.00 0.90
MLB:1年 6 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 13 3.1 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.00 0.90
  • 2016年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 65(2015年)

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2014年より球団名変更
  2. ^ Indians add Martinez & Soto from AAA Columbus” (2015年9月4日). 2017年3月21日閲覧。
  3. ^ http://wgntv.com/2016/04/11/no-not-the-catcher-cubs-trade-for-pitcher-giovanni-soto/
  4. ^ Polishuk, Mark (2016年10月22日). “Cubs Designate Giovanni Soto For Assignment”. MLB Trade Rumors. 2017年3月21日閲覧。
  5. ^ “A's claim LHP Soto off waivers from the Cubs” (プレスリリース), Oakland Athletics, (2016年10月26日), http://m.athletics.mlb.com/news/article/207222542/as-claim-lhp-soto-off-waivers-from-the-cubs/ 2017年3月21日閲覧。 
  6. ^ Todd, Jeff (2016年11月7日). “White Sox Claim Giovanni Soto”. mlbtraderumors.com. 2017年3月21日閲覧。
  7. ^ Young stars join Beltran, Yadi for Puerto Rico MLB.com (英語) (2017年2月8日) 2017年3月21日閲覧
  8. ^ American Beauty: USA dominates PR in final World Baseball Classic (英語) (2017年3月22日) 2017年3月23日閲覧
  9. ^ MLB公式プロフィール参照。2017年6月13日閲覧。

関連項目[編集]