ジョビジョバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジョビジョバ
Jovi Jova
メンバー 石倉力
木下明水
坂田聡
長谷川朝晴
マギー
六角慎司
結成年 1993年
事務所 研音
活動時期 1993年 - 2002年
2014年
2017年 -
出身 明治大学演劇サークル「騒動舎」
芸種 コント
ネタ作成者 マギー
過去の代表番組 ジョビれば?
グッジョブ!
美女ジョバ
テンプレートを表示

ジョビジョバ(Jovi Jova)は日本のコントユニット。

概要[編集]

明治大学演劇サークル「騒動舎」のメンバー6人で結成される。学生当時に大学ホールで当時動員記録を塗替え、卒業後本格的に演劇ユニットとして活動開始。 当初はコメディ戯曲の上演も行っていたが、1998年の『SUMMER TOUR』以降はコントライブメインの活動となり、メインのテレビ番組も持つようになるが2002年12月に活動停止。 2014年4月25日~5月6日に約12年ぶりの復活となる、「U-1グランプリ case05 『ジョビジョバ』 」が上演された。

2016年12月23日 リーダー マギーのトークライブにて、後日Twitter及びブログ「独り猿雑記」にて 再起動アナウンスがあり、2017年のGWライブが行われる事が発表された。

2017年5月3日〜5月7日「Keep on Monkeys」で”惑星直列的再起動”され、今後も活動継続することを宣言している[1]

メンバー[編集]

メンバー最年少で弄られ役。引退後、マネージャー、ニート、派遣登録の後に現在ゲームディレクター。
タイツや一人芝居を行っていた。活動停止後、タレントのほか構成作家、ラジオパーソナリティをしていたが現在は実家の住職として勤めている。
ギャグのほか全体的にツッコミ役もこなす。
コメディー形式ではメイン、主役的回りを担当する。当時からテレビドラマや映画、舞台でも準主役やヒロインの相手役等の脇役として活躍。プログラムでは音楽について語っていた。
リーダー。仕切りなども担当。
アゴがしゃくれて猪木担当とも言われていた。その他自身が描いた絵を披露。

出演[編集]

テレビ[編集]

舞台[編集]

  • ふりむけばじょびじょば(旗揚げ公演)(1992年 明治大学551ホール)
  • ジョビジョバ大作戦(1993年 明治大学551ホール)
  • ジョビジョバ大旋風(1993年 明治大学551ホール)
  • ザ・芝居(1993年 下北沢東円パラータ)
  • ジョビジョバ大丈夫?(1994年 池袋小劇場)
  • 限定131(1994年 新井薬師ウエストエンドスタジオ)
  • ジョビジョバ大憲章(1994年 高円寺明石スタジオ)
  • ジョビジョバ大ピンチ1995年 下北沢駅前劇場)※映画「スペーストラベラーズ」の原作。
  • 坂田マギー石倉(1995年 下北沢駅前劇場)※6人ではなく、木下、長谷川が就活、六角が教職を目指し教育実習をする中、坂田、マギー、石倉で実験的に行われた公演。
  • ジョビジョバ大花火(1995年 浅草フランス座
  • ジョビジョバ大宇宙戦争(1996年 下北沢駅前劇場)
  • ジョビジョバ大全集(1996年 明治大学学園祭 和泉祭 2号館6番教室)
  • モノレールに乗って(1996年 天王洲アイルスフィアミックス)
  • ジョビジョバ'97(1997年 下北沢ザ・スズナリ
  • 黄金猿~マシラ~(1997年 下北沢ザ・スズナリ)
  • 黄金王(1997年 下北沢本多劇場
  • 高校生のためのジョビジョバ大全集(1997年 市川市文化会館)
  • 黄金の六人(1997年 下北沢駅前劇場)
  • SUMMER TOUR(1998年 天王洲アイルスフィアミックス)
  • MONKEY MIND(1999年 東京芸術劇場小ホール)
  • MONKEY CIRCLE(2000年 青山円形劇場
  • HEAVY SMOKE MONKEYS(2001年 Zepp Tokyo
  • jovijova1stCollection(2002年 渋谷ON AIR EAST
  • SIMPLE SOUL(2002年 前進座劇場(活動停止前最後の舞台))
  • U1グランプリ case05 【ジョビジョバ】(2014年 赤坂レッドシアター)(マギーと福田雄一の主宰するU1グランプリにて期間限定再結成として催された)
  • JOVIJOVA LIVE Keep On Monkeys(2017年 品川プリンスホテルクラブex)
  • Keep On Talking(2018年 品川プリンスホテルクラブex)
  • JOVIJOVA LIVE LET'S GO SIX MONKEYS(2019年 品川プリンスホテルクラブex)

映画[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

  • 明治製菓 カールスティック

DVD[編集]

CD[編集]

シングル[編集]

  • 「ボンゴレオ」(2000年)
  • 「しあわせの勝ち組」(2001年)

アルバム[編集]

  • 「J・SIX・BABYS」

備考[編集]

  • 6人とも愛煙家。「HEAVY SMOKE MONKEYS」のタイトルの由来はそこから来ている。
  • 仲は良く、後にマギーが福田雄一とやっているユニット、U-1グランプリに引退した木下、石倉を除く全員が参加している。
  • マギーが不定期で開催しているイベント「マギーのひっそり猿ホザキ」にもメンバーがゲスト参加している(木下、石倉は電話で出演)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “Keep on Monkeys | JOVIJOVA OFFICIALSITE/ジョビジョバ オフィシャルサイト” (日本語). JOVIJOVA OFFICIALSITE/ジョビジョバ オフィシャルサイト. (2018年6月20日). https://jovijova.work/stage/keep-on-monkeys/ 2018年8月10日閲覧。 

関連項目[編集]

  • ザ・ベイビースターズ - 「去りゆく君へ」のPVをマギーが監督[1]
  • ジプシー・キングス - 同バンドの曲「ジョビ・ジョバ(Djobi Djoba)」がグループ名の由来。またジョビジョバのシングル「ボンゴレオ」はジプシー・キングスの曲「バンボレオ(Bamboleo)」のパロディ。
  • 友達の恋人-同番組の劇中劇の脚本を担当。
  • ^ お仕事 | マギー オフィシャルサイト【独り猿雑記】」『マギー オフィシャルサイト【独り猿雑記】』、2014年12月22日。