ジョリケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ジョリケJörike, ? - ?)は、チンギス・カンの息子トゥルイの庶子で、モンゴル帝国の皇族。ペルシア語史料である『集史』にはトゥルイの第二子جودیکهJūrīgeとして記されるが、『元史』には記述がない[1]

概要[編集]

ジョリケの母親や生年については記録が残っていないが、母親はトゥルイの正妃ソルコクタニ・ベキではなく庶出の息子であった。トゥルイの息子達の中では比較的早くに亡くなったため、具体的な事蹟の記録はない。

ジョリケが娶ったのはコンギラト出身のブルガイ・ハトゥンであるが、彼女について『集史』は「アルチ・ノヤンの孫であったが、アルチ・ノヤンの家系には属していない」と記されている。これはアルチ・ノヤンの息子で本家から離れて青海地方に移住したチグゥの娘であるためと推測されている。

ブルガイ・ハトゥンがチグゥの娘である場合、チンギス・カンとボルテの婚姻、ボルテの甥チグゥとチンギス・カンの娘トマルンの婚姻、チグゥの娘とトマルンの甥の婚姻と通婚関係が連続して繋がることとなる。アルチ・ノヤン家はチンギス・カン家にとって最も重要な姻族であったが、チンギス・カンの子供の世代ではジョチしか婚姻関係を結ぶことができなかった。そのため、このジョリケの婚姻はジョチ家とチグゥ家との間に成立しかけた通婚関係を切り崩し、トゥルイ家との間に通婚関係を作り出すためのものであったと考えられている[2]

出典[編集]

  1. ^ 『元史』巻107宗室世系表には「睿宗皇帝、十一子……次三失其名」とあり、この名前の伝わっていない第三子に相当するものと見られる
  2. ^ 宇野1993,80-81頁

参考文献[編集]

  • 宇野伸浩「チンギス・カン家の通婚関係の変遷」『東洋史研究』第52号、1993年
  • 宇野伸浩「チンギス・カン家の通婚関係に見られる対称的婚姻縁組 」『国立民族学博物館研究報告』別冊20、1999年