ジョルジュ・チャコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Flag of Hungary.svg この項目では、印欧語族風に、名前を名姓順で表記していますが、ハンガリー語圏の慣習に従いチャコー・ジェルジと表記することもあります。

ジョルジュ・チャコ(György Czakó,1933年7月11日-)は ハンガリーの元フィギュアスケート選手。

来歴[編集]

クリスティーナ・チャコの父親である。ハンガリー選手権3回優勝、1952年冬季オリンピックハンガリー代表。
6歳で、小児科医のすすめによりフィギュアスケートをはじめる。国内選手権3回優勝、ヨーロッパ選手権、世界選手権、1952オリンピック代表にもなった。
現在はウォーレイジャンプと呼ばれているジャンプはいくつかの選手が始めたものであるがジョルジュ・チャコもそのうちの一人で、チャコ・ジャンプと当時呼ばれた。

引退後はプロに転向し、1958年からIce-Revue に参加。さまざまなアイスショーやソリストとしてIce-Revue のフィルムに記録を残す。Ice-Revue 解散後、設計事務所でエンジニアとして従事。フィギュアスケートコーチとしても活躍、ブダペストスケートクラブの会長。

戦績[編集]

大会/年 1950 1951 1952 1953 1954 1955 1956
オリンピック 12
世界選手権 13
欧州選手権 8 8 9
ハンガリー選手権 3 1 1 1 2 2
ユニバーシアード 4 2

参考文献[編集]