ジョルジュ・テュニス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ジョルジュ・エミール・ピエール・レオナール・テュニス(Georges Emile Pierre Léonard Theunis、1873年2月28日 - 1966年1月4日)は、ベルギー政治家首相2度務めた。

リエージュ州のMontegnéeで生まれ、軍事訓練と電気技師の教育を受けたテュニスは、エドゥアール・アンパン率いるアンパン・グループの電気会社で働き、後に国際電気標準会議の電磁気両立性諮問委員会の委員、議長を歴任した。第一次世界大戦中は、ロンドンで行われた戦時対策委員会に参加し、戦後は賠償委員会のベルギー代表としてパリ講和会議に出席した。1920年財務大臣に就任し、1921年から1925年まで首相を務めた。1926年1927年には、ジュネーヴで開催された国際経済会議の議長を務めた。

1926年にベルギー国立銀行の理事に就任し、市中銀行への指導力を発揮した。1932年国防大臣に就任し、1934年から1935年まで再び首相に就任したが、ベルギー国立銀行の理事職は2度の離職を経て第二次世界大戦時まで続けた。第二次世界大戦中はアメリカへ特命大使として派遣された。1941年から1944年まで、ロンドンのベルギー亡命政府に任命されて、ベルギー国立銀行の総裁に就任した。

首相在任期間[編集]


公職
先代:
アンリ・カルトン・ドゥ・ヴィアール
シャルル・ド・ブロクヴィル (en
ベルギーの旗 ベルギー王国首相
第31代:1920 - 1921
第37代:1934 - 1935
次代:
アロイス・ファン・デ・フィフェレ
パウル・ファン・ゼーラント (en
先代:
アルベール・ゴーフィン (en
ベルギーの旗 ベルギー国立銀行総裁
第13代:1941 - 1944
次代:
モーリス・フレール (en