ジョルジュ・メンデス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

ジョルジュ・パウロ・アウグスティーノ・メンデスJorge Paulo Augustino Mendes, 1966年1月7日 - )は、ポルトガルリスボン出身のFIFA公認代理人スポーツエージェント)である。同業のミノ・ライオラと共にサッカー界にもっとも影響力のある代理人の一人として知られている。

経歴[編集]

1966年1月7日、ポルトガルリスボンにて生を受ける。ジョルジュ・メンデスの父親は公務員で、母親は鳥かごをつくっていた。幼少の頃、ジョルジュ・メンデスは市場で鳥かごを売るために母親の手伝いをしていたという[1]

ジョルジュの家族はリスボン郊外の町から1986年にスペインガリシア州から50キロのポルトガル北部のビアナ・ドゥ・カステロに引越しをした。ジョルジュはサッカー選手としてプレーをしていたが、その町で彼はビデオクラブの経営を始めた。業績は好調で、その収入は彼のサッカー選手時代のサラリーよりも上回った。そのお金をもとに、地元のサッカークラブの広告の管理などを始めた。その後、観光業やディスコ、バルに投資し、そこで彼の最初のクライアントであるポルトガル人ゴールキーパーヌーノ・エスピーリト・サントに出会った。ヌーノはメンデスの仕事により、デポルティーボ・ラ・コルーニャと契約。これがメンデスの代理人としてのキャリアのスタートだった。

1996年に現在の基盤となる代理人事務所を設立すると、ジョルジュ・アンドラーデら大物選手や若手選手とマネジメント契約を結び、その後、当時スポルティング・クルーベ・デ・ポルトゥガルの原石だったクリスティアーノ・ロナウドとも契約。2002年にウーゴ・ヴィアナニューカッスル・ユナイテッドFC移籍で名を上げると、ポルトガル内での活動を通じてメンデスは、大物選手を次々と欧州の主要リーグに送り出していった[2]

2004年に、当時FCポルトの監督だったジョゼ・モウリーニョを契約者リストに加えたことが、メンデスの代理人人生を一変させた。モウリーニョのマネジメントに関しては、他の代理人から訴えられるなどの問題もあったが、複数の国・クラブにわたって信頼関係を築く彼は、徐々にその評判や影響力を増していく。

ポルトガルを中心に強力なネットワークを築いており、約700億円以上の収益をあげ、彼の会社Gestifuteは約650億円の価値があると見積もられている。

エピソード[編集]

  • メンデスは交渉能力だけでなく、その人柄にも定評があり、顧客のクリスティアーノ・ロナウドとともに病気の子供を持つ家族を支援するプロジェクトを立ち上げた。
  • ポルトガルのア・ボラ紙が表彰する「2009年のひと」に選ばれたことがある[3]
  • 時間を問わず鳴り響く3つの携帯電話を手放さず、睡眠は1日4時間ともいわれる。
  • 2015年にサンドラ夫人と再婚。その際に顧客であり友人のクリスティアーノ・ロナウドから結婚祝いとしてギリシャにある島をプレゼントされたと報じられている。またマリサという名の娘がおり、一時はロナウドとの交際が報じられた。
  • 中国の投資会社フォースン・インターナショナル(復星国際)は2016年7月、ウォルバーハンプトンをスティーヴ・モーガンから買い取った際、ジョルジュ・メンデスとタッグを組むことにした。メンデスはクラブのアドバイザーとして顧客である22歳以下の有望なポルトガル人選手を中心に多くの選手をクラブに送り込んでいる。2018年夏にはGKのルイ・パトリシオとMFのジョアン・モウチーニョといった2人のポルトガル代表選手の移籍を実現させた。両者ともに過去においてイングランドでプレーするのが夢だと語っていた。

主なクライアント[編集]

主な所属選手[編集]

現役引退した所属選手[編集]

監督[編集]

参照[編集]

  1. ^ http://novajika.com/news/detail_soccer.cgi?id=3149
  2. ^ http://www.wowow.co.jp/sports/liga/column_06.html
  3. ^ http://number.bunshun.jp/articles/-/10932