ジョルジュ・ルコント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ジョルジュ・ルコント
Georges Lecomte
Georges Lecomte.jpg
生誕 (1867-07-09) 1867年7月9日
フランスの旗 フランス マコン
死没 (1958-08-27) 1958年8月27日(満91歳没)
フランスの旗 フランス パリ
国籍 フランスの旗 フランス
職業 小説家脚本家

ジョルジュ・ルコントGeorges Lecomte, 1867年7月9日 - 1958年8月27日)は、フランスの小説家脚本家。文学・歴史・美術に関する著作もある。

ソーヌ=エ=ロワール県マコンに生まれた[1]

パリで法律を学び、弁護士の見習いとなるが、やがてジャーナリズムと劇作の道に進み、1891年から自由劇場で『積みわら』と『幻影』の2作品を発表した[1]

歴史に関する著述や、美術批評も手がけ、印象派カミーユ・ピサロアルマン・ギヨマンを愛好した。

1908年エコール・エスティエンヌ英語版理事、フランス文学者協会英語版会長となる[1]

1924年アカデミー・フランセーズの会員に選出される。1946年にはその終身役員に選出された[1]

レジオンドヌール勲章大十字受章[1]

1958年8月27日、大腿骨を骨折する事故が原因で、パリで死亡した[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Georges LECOMTE”. Académie française. 2015年6月11日閲覧。
  2. ^ “Georges Lecomte”. The Montreal Gazette. (1958年8月28日). http://news.google.ca/newspapers?id=jEwwAAAAIBAJ&sjid=eagFAAAAIBAJ&pg=4988,4690356&dq=georges-lecomte&hl=en 2015年6月11日閲覧。 
前任:
フレデリック・マッソン
アカデミー・フランセーズ
席次17

第16代:1924年 - 1958年
後任:
ジャン・ドレー