ジョンズタウン (競走馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジョンズタウン
欧字表記 Johnstown
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1936年
死没 1950年
Jamestown英語版
La France
母の父 Sir Gallahad
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 Arthur B. Hancock
馬主 Belair Stud
調教師 James E. Fitzsimmons
競走成績
生涯成績 21戦14勝[1][2]
獲得賞金 169,315ドル[1][2]
テンプレートを表示

ジョンズタウンJohnstown1936年 - 1950年)とは、アメリカ合衆国サラブレッド競走馬、および種牡馬である。1939年アメリカクラシック二冠馬1992年アメリカ競馬殿堂入りを果たした。

経歴[編集]

若駒時代[編集]

1936年に、アーサー・ボイド・ハンコック英語版クレイボーンファームで生産されたサラブレッドの競走馬である。のちにウィリアム・ウッドワード英語版に購入され、彼の持つベルエアースタッド英語版名義で競走馬として登録された。馬名はペンシルベニア州の町ジョンズタウンに由来する[3]

ウィリアムの学友でもあったジム・フィッツシモンズ調教師に預けられ、以後の21戦すべてでジェームズ・スタウト英語版が騎乗した[2]。デビュー戦こそ落とすものの、4月のジャマイカ競馬場で行われた2戦目で初勝利を挙げている[2]。その後はブリーダーズフューチュリティ優勝など一線級で活躍、この年12戦7勝の成績を挙げた。しかし、後のアメリカ殿堂馬エイトサーティや、ホープフルステークス優勝馬のエルチコ[注 1]などに度々破れており、この時点では超一流と呼べるほどの馬ではなかった。

クラシック路線[編集]

3歳シーズンは4月から始動、初戦となった4月15日のポーモノクハンデキャップ英語版では古馬を相手にしながら勝利を手にした[c 1]。続くジャマイカ競馬場での一般戦をも勝ち、前年末から続く連勝を5に伸ばした。ケンタッキーダービーの前哨戦・ウッドメモリアルステークスでは2着馬を8馬身突き放す圧勝を見せ、フィッツシモンズは同競走4連覇を達成した。

ケンタッキーダービーでは単勝オッズ1.6倍という支持を集めて、断然の1番人気に推された[1][4]。スタートこそよくなかったものの、前へと駆け出してエルチコを2番手に抑え、先頭を独走。ずるずる後退するエルチコを尻目に、1マイル(約1609メートル)を過ぎたあたりで鞍上のスタウトの合図を受け、その差をどんどんと広げていった。最終的には2着のシャルドンに8馬身の差をつけてゴール、圧勝劇でその人気に応えた[1][5]

翌戦の三冠第2戦・プリークネスステークス重馬場での開催となり、これはジョンズタウンに不利に働き、優勝したシャルドンから大きく離されて5着に敗退[c 1]、連勝記録も7でストップした[2]。その2週間後に迎えたウィザーズステークスでは、馬場にも恵まれて6馬身差で快勝している[c 1][2]。6月3日に行われた三冠最終戦のベルモントステークスにはシャルドンが出走しておらず、ジョンズタウンは楽に走りながらも、2着馬に5馬身差をつけて優勝し、クラシック二冠を達成した[c 2][2]

3歳後半[編集]

ベルモントステークスの2週間後に迎えたドワイヤーステークス英語版において、ジョンズタウンとシャルドンは再戦を果たした。両馬はスタート直後からハナの奪い合いを演じたが、前半の3ハロンが過ぎたあたりでジョンズタウンが先頭を確保すると、そのまま終始譲らずにゴール、2着馬サンラヴァーに1馬身差をつけて勝利を飾った[c 2]。このときの1分48秒40という記録は、ディスカヴァリーが保持していたベルモントパーク競馬場9ハロンのトラックレコードとタイ記録であった[c 2]

7月に入って出走したアーリントンパーク競馬場でのクラシックステークスでもシャルドンとの対戦となった。ジョンズタウンはここでも先頭を奪うことに成功したが、1マイルを過ぎたあたりで疲れた様子を見せ始め、シャルドンとサンラヴァーの2頭に交わされて3着に敗れた[c 2]。この競走で故障を発生し、しばらくは復帰を目指して調整されていたものの、結局は競走に戻ることなく引退に至った[c 2]

引退後[編集]

引退後は故郷のクレイボーンファームで繋養され[4]、1940年より種牡馬として活動を始めた。その成績は現役のころに比べると物足りないものとなった。代表産駒としては1946年ケンタッキーオークスに勝利したファーストページ[6]がいる。またCCAオークス3着馬のセグラが母としてナシュアを出した[4]

ジョンズタウンは14歳となった1950年に脳溢血が元で死亡[3]、その遺骸はクレイボーンファームの墓地に埋葬された[2]。のちの1992年、アメリカ競馬名誉の殿堂博物館はその競走成績を評価して、ジョンズタウンを殿堂馬の一頭として加えた[2][4]

評価[編集]

おもな勝鞍[編集]

※当時はグレード制未導入

1938年(2歳) 12戦7勝[2]
ベイビロンステークス、リチャードジョンソンステークス、ブリーダーズフューチュリティレムゼンハンデキャップ英語版
1939年(3歳) 9戦7勝[2]
ポーモノクハンデキャップ、ウッドメモリアルステークスケンタッキーダービーベルモントステークス、ドワイヤーステークス、ウィザーズステークス

表彰[編集]

血統表[編集]

ジョンズタウン血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ハンプトン系(ダークロナルド系
[§ 2]

Jamestown
1928 鹿毛 アメリカ
父の父
St. James
1921 鹿毛 アメリカ
Ambassador Dark Ronald
Excellenza
Bobolink Willonyx
Chelandry
父の母
Mlle. Dazie
1917 鹿毛 アメリカ
Fair Play Hastings
Fairy Gold
Toggery Rock Sand
Tea's Over

La France
1928 鹿毛 アメリカ
Sir Gallahad
1920 鹿毛 フランス
Teddy Ajax
Rondeau
Plucky Liege Spearmint
Concertina
母の母
Flambette
1918 鹿毛 フランス
Durbar Rabelais
Armenia
La Flambee Ajax
Medeah
母系(F-No.) (FN:17-b) [§ 3]
5代内の近親交配 Ajax 母内4x4=12.50%、 Bay Ronald 5x5=6.25%、 St. Simon 母内5x5=6.25% [§ 4]
出典
  1. ^ [7][8]
  2. ^ [8]
  3. ^ [7]
  4. ^ [7]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • William H. P. Robertson (1964). The History of Thoroughbred Racing in America. Bonanza Books. ASIN B000B8NBV6. 
  1. ^ a b c Robertson p.329
  2. ^ a b c d e Robertson p.330

出典[編集]

  1. ^ a b c d 1939”. kentuckyderby.com. 2018年6月5日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ a b c d e f g h i j k Johnstown”. National Museum of Racing and Hall of Fame. 2018年6月5日閲覧。
  3. ^ a b Johnstown (horse)”. American Classic Pedigrees. 2018年6月5日閲覧。
  4. ^ a b c d Derby countdown”. The Courier-Journal. 2018年6月14日閲覧。
  5. ^ 1939”. kentuckyderby.com. 2018年6月14日閲覧。
  6. ^ First Page (USA)”. Equibase. 2018年6月14日閲覧。
  7. ^ a b c Johnstown(USA)”. JBISサーチ. 2018年6月5日閲覧。
  8. ^ a b Johnstown”. netkeiba.com. 2018年6月5日閲覧。

注釈[編集]

  1. ^ エルチコ(El Chico)はJorn P. Grier産駒の牡馬で、馬主はウィリアム・ジーグラー・ジュニア、調教師はマット・ブレイディ。2歳時にホープフルステークスを含む7戦7勝を記録し、最優秀2歳牡馬に選ばれている。2歳の牡馬ながら、1歳の牝馬のような小柄な馬であったという。(Robertson p.327)