ジョンポーターステークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ジョンポーターステークスJohn Porter Stakes)はイギリスの競馬の競走。古馬の1マイル半(約2414メートル)の競走で、平地競馬のシーズン序盤に、春のニューベリー競馬場で行われる。2014年の格付けはG3。

ジョンポーターステークス
John Porter Stakes
開催国 イギリスの旗イギリス
競馬場 ニューベリー競馬場
2018年の情報
距離 芝1マイル4ハロン
(約2414メートル)
格付け G3[1]
賞金 賞金総額60,000ポンド[1]
出走条件 4歳以上
負担重量

4歳:8ストーン13ポンド
(約56.69kg
5歳以上:9ストーン(約57.15Kg) ※牝馬は3ポンド(約1.36Kg)減量
※G1勝馬は7ポンド(約3.17Kg)加増
※G2勝馬は5ポンド(約2.26Kg)加増
※G3勝馬は3ポンド(約1.36Kg)加増
※上記加増は前年8月31日以降の1マイル以上の競走が対象

テンプレートを表示

概要[編集]

ジョンポーターステークスは、イギリスのG3競走である。出走資格は4歳以上[2]。距離は1マイル4ハロン(約2414メートル)[2]

4月中旬のニューベリー競馬場のドバイデューティーフリースプリングトライアル開催で行われ、ニューベリー競馬場に平地競走のシーズン開幕を告げる競走である[3][2]。シーズン序盤の長距離重賞として定着しており、過去の勝馬には、1953年のウィルウィン(クイーンアンステークス優勝馬)、1967年にはダービー馬シャルロットタウン、1973年にはラインゴールド(その年に凱旋門賞優勝)といったチャンピオンホースの名前もある[2]。近年では2010年にハービンジャーがジョンポーターステークスを勝ち、そのシーズンのキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスをレコード勝ちした[2]

歴史[編集]

条件の変遷[編集]

この競走の名前は、ジョン・ポーター(1838-1922)に由来する[2][3]。ジョン・ポーターはニューベリー競馬場の共同創設者の一人で、活躍した調教師である[4][2][3]

この競走は1928年に創設された[5][2][3]。当時は9月下旬に行われており、3歳馬限定の1マイル5ハロン(約2615メートル)の競走だった[5][2]。翌1929年から4歳馬に門戸が開かれ[6]、1936年に1マイル1/4(約2011メートル)に短縮された[7]

現在の施行条件になったのは1949年で、この時から開催時期が4月になり、距離は1マイル半(約2419メートル)、古馬の競走となった[8][2]

2018年より施行距離が1マイル4ハロン(約2414メートル)に変更される。

スポンサーと競走名[編集]

ジョンポーターステークスはしばしばスポンサーが変わっており、レーンズエンド(Lane's End)がスポンサーの時代(1988-1999)には“レーンズエンドステークス”の名称で開催された年もある[2]。(この場合も競走成績書には「ジョンポーターステークス」と記録される[9]。)

2002年から2004年は「ドバイアイリッシュヴィレッジステークス(Dubai Irish Village Stakes)」、2005年から2009年は「ドバイテニスチャンピオンシップステークス(Dubai Tennis Championships Stakes)」、2011年から2014年は「ファイネストサプライズステークス(Finest Surprise Stakes)」の名称で開催されているが、いずれも競走成績書にはジョンポーターステークス」と記録される[2][9][3]

2014年時点の「ファイネストサプライズステークス(Dubai Duty Free Finest Surprise Stakes)」は、スポンサーであるドバイデューティーフリーが販売する宝くじの商品名に由来する[2]

最多勝騎手[編集]

最多勝調教師[編集]

歴代勝馬[編集]

※*印は日本輸入馬。国際競走出走のための一時的なものも含む。

格付 優勝馬 馬齢 走破タイム 備考
1928 Ox and Ass 3
1929 Silver Hussar 4
1930 Wedding Favour 3
1931 Birthday Book 3
1932 Corn Belt 4
1933 Sarum 4
1934 Felicitation 4
1935 Night Owl 3
1936 St Botolph 4
1937 Haulfryn 4
1938 Fair Copy 4
1939 中止(第二次世界大戦)
1940 中止(第二次世界大戦)
1941 Ruscus 3
1942 中止(第二次世界大戦)
1943 中止(第二次世界大戦)
1944 中止(第二次世界大戦)
1945 中止(第二次世界大戦)
1946 中止
1947 中止
1948 中止
1949 Solar Slipper   4月開催・古馬戦・1マイル半になる
1950 Native Heath 5
1951 中止
1952 Neron 4
1953 Wilwyn 5
1954 Harwin 4
1955 Entente Cordiale 4
1956 Acropolis 4
1957 チャイナロック 4
1958 Doutelle 4
1959 Cutter 4
1960 Aggressor 5
1961 High Perch 5
1962 Hot Brandy 4
1963 Peter Jones 4
1964 Royal Avenue 6
1965 Soderini 4
1966 中止
1967 Charlottown 4
1968 Fortissimo 4
1969 Crozier 6
1970 G3 Torpid 5
1971 G3 Meadowville 4
1972 G3 Rock Roi 5
1973 G3 ラインゴールド 4
1974 G3 Freefoot 4
1975 G3 Salado 4
1976 G3 Quiet Fling 4
1977 G3 Decent Fellow 4
1978 G3 Orchestra 4
1979 G3 Icelandic 4
1980 G3 Niniski 4 2:31.07
1981 G3 Pelerin 4 2:44.30
1982 G3 Glint of Gold 4 2:31.85
1983 G3 ダイヤモンドショール 4 2:40.40
1984 G3 Gay Lemur 4
1985 G3 ジュピターアイランド 6
1986 G3 Lemhill 4 2:47.35
1987 G3 Rakaposhi King 5 2:54.62
1988 G3 Alwasmi 4 2:37.39
1989 G3 Unfuwain 4 2:40.85
1990 G3 Brush Aside 4 2:33.73
1991 G3 *ロックホッパー 4 2:32.90
1992 G3 Saddlers' Hall 4 2:41.70
1993 G3 Linpac West 7 2:41.92
1994 G3 Right Win 4 2:43.99
1995 G3 *ストラテジックチョイス 4 2:32.36
1996 G3 Spout 4 2:38.80
1997 G3 Whitewater Affair 4 2:35.63
1998 G3 Posidonas 6 2:50.65
1999 G3 Sadian 4 2:31.21
2000 G3 Yavana's Pace 8 2:45.86 ヘイドック競馬場で開催
(1マイル3ハロン200ヤード;約2395メートル)
2001 G3 Lucido 5 2:43.23
2002 G3 Zindabad 6 2:30.64
2003 G3 Warrsan 5 2:32.32
2004 G3 Dubai Success 4 2:35.54
2005 G3 Day Flight 4 2:40.22
2006 G3 Mubtaker 9 2:33.18
2007 G3 Maraahel 6 2:36.83
2008 G3 Royal and Regal 4 2:43.19
2009 G3 Enroller 4 2:42.78
2010 G3 Herbinger 4 2:30.58
2011 G3 Indian Days 6 2:32.11
2012 G3 Harris Tweed 5 2:44.02
2013 G3 Universal 4 2:37.86
2014 G3 Cubanita 5 2:37.98
2015 G3 Arab Spring 5 2:32.35
2016 G3 Dartmouth 4 2:50.43
2017 G3 Muntahaa 4 2:31.58
2018 G3 Defoe 4 2:40.21
2019 G3 Marmelo 6 2:42.15

競走名の由来[編集]

この競走の名前になっているジョン・ポーター調教師(1838-1922)は、三冠馬3頭やセントサイモンなどを手がけた調教師である。

また、この競走を行っているニューベリー競馬場の創設者の一人でもある。


脚注[編集]

基礎情報[編集]

参考文献[編集]

各回結果[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]