ジョン・アランデル (第4代トレライスのアランデル男爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

第4代トレライスのアランデル男爵ジョン・アランデル英語: John Arundell, 4th Baron Arundell of Trerice1701年11月21日1768年8月13日埋葬)は、イングランド貴族。政治ではトーリー党に属した[1]

生涯[編集]

第3代トレライスのアランデル男爵ジョン・アランデル英語版とジェーン・ボー(Jane Beaw、1744年6月20日没、ウィリアム・ボー英語版の娘)の息子として、1701年11月21日に生まれた[1]。1706年9月24日に父が死去すると、トレライスのアランデル男爵の爵位を継承した[1]。1718年7月19日、オックスフォード大学ベリオール・カレッジに入学した[2]

1722年6月2日、ウェストミンスターでエリザベス・ウェントワース(Elizabeth Wentworth、1681年頃 – 1750年3月21日、サー・ウィリアム・ウェントワースの娘)と結婚した[1]

1768年に死去、同年8月13日に妻の隣に埋葬された[1]。後継者がおらず爵位は断絶、遺産は妻の兄トマス(1739年没)の息子第2代ストラフォード伯爵ウィリアム・ウェントワース英語版が継承した[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f Cokayne, George Edward; Gibbs, Vicary, eds. (1910). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (Ab-Adam to Basing) (in English). 1 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. pp. 262–263.
  2. ^ Foster, Joseph, ed. (1891). Alumni Oxonienses 1715-1886 (in English). 2. Oxford: University of Oxford. p. 33.
イングランドの爵位
先代:
ジョン・アランデル英語版
トレライスのアランデル男爵
1706年 – 1768年
断絶