ジョン・ウェットン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジョン・ウェットン
John Wetton
John Wetton playing bass live.jpg
2010年1月のライブにて
基本情報
出生名 John Kenneth Wetton
生誕 (1949-06-12) 1949年6月12日
出身地 ダービーシャー州ダービー
死没 (2017-01-31) 2017年1月31日(67歳没)
ジャンル ロック
プログレッシブ・ロック
ハードロック
職業 ボーカリストベーシスト
担当楽器 ベースボーカル
共同作業者 ファミリー
キング・クリムゾン
ロキシー・ミュージック
エイジア
U.K. ほか
公式サイト JOHNWETTON.com
著名使用楽器
フェンダー・プレシジョンベース
ゾン・レガシー

ジョン・ケネス・ウェットン(John Kenneth Wetton, 1949年6月12日 - 2017年1月31日)は、イングランド出身のミュージシャンボーカリストベーシストソングライターキング・クリムゾンU.K.エイジアでの活動が有名。

概要[編集]

モーグル・スラッシュ、ファミリーキング・クリムゾンロキシー・ミュージックユーライア・ヒープブライアン・フェリー・バンドU.K.ウィッシュボーン・アッシュエイジア、アイコンなどの幅広いジャンルのバンドを渡り歩き、様々なアーティストと幾多にも及ぶセッションをこなしている。技巧的でヘヴィなベース演奏と、どこか哀愁漂う味わい深い歌声には定評があり、そのルックスも相まって多くのロックファンの人気を集めた。特にプログレッシブ・ロック分野での仕事が多いが、どちらかといえばエイジアやソロ作品に代表されるようなポップス志向が強く、キング・クリムゾンU.K.における楽曲作りでもそのセンスは多分にいかされている。マルチプレイヤーでもあり、ギターやキーボードだけでなくフィドルまで演奏したことがある。

生涯[編集]

生い立ち[編集]

イギリスのダービーシャー州ダービーに生まれ、10代前半に家族と共にイギリス南西部のドーセット州ボーンマスに移り住む。教会のオルガン奏者だった兄の影響で、幼い頃からクラシック音楽に馴れ親しみ、足鍵盤のないオルガンやピアノで練習する兄のために連弾のようにして低音部のパートを受け持ったりしていた。しかし次第に当時イギリスを席巻していたエヴァリー・ブラザーズシャドウズ等のロックンロールR&Bに惹かれてゆき、エレキギターを手にすることとなる。[1][2][3]

音楽活動[編集]

エイジア- USA.ノーウォーク公演 (2006年9月)
Icon/エイジアの同僚ジェフ・ダウンズと (2006年9月)

ほどなくして地元ボーンマスやロンドンでのバンド活動でベース、ボーカルを担当するようになり、『炸裂!モーグル・スラッシュ』(1971年)でプロデビュー。バンド消滅後はファミリーに入ったが、同郷の友人であったロバート・フリップに引き抜かれるようにして1972年キング・クリムゾンに加入。『太陽と戦慄』(1973年)、『レッド』(1974年)は、ウェットン及びキング・クリムゾンの代表作といえる。フリップの突然の解散宣言後、ロキシー・ミュージックのツアーのサポートメンバーを経てユーライア・ヒープに加わり、『幻想への回帰』(1975年)、『ハイ・アンド・マイティ』(1976年)でボーカル、ベースの他メロトロンも担当した。

1976年、リック・ウェイクマンビル・ブルーフォードとのトリオ、ウェイクマン・ウェットン&ブルーフォード(仮称)を結成しリハーサルを行う。しかしウェイクマンが当時所属していたレコード会社と意見が合わなかったため、公式でのバンド活動には至らず、曲の一部がブルーフォードのソロ・アルバム『フィールズ・グッド・トゥ・ミー』に収録されるに留まった。この時、後年結婚することとなるウェイクマン(および当時のイエス)のマネージャーでブライアン・レーンの秘書、ジルと知り合う(後に離婚[4])。

新たなバンドの構想を練りながら、1976年から78年はブライアン・フェリーのソロアルバム、ソロツアーに参加。1977年にはブライアン・フェリー・バンドの一メンバーとして初来日した。

同年プログレッシブロック・バンド、U.K.を結成。日本公演を収めたライブ・アルバムを含む3枚のアルバムで解散。

1980年、初のソロアルバム『コート・イン・ザ・クロスファイアー』を発表し、ウィッシュボーン・アッシュの『ナンバー・ザ・ブレイヴ』に参加した後、プログレッシブ・ロック界の著名なプレイヤーからなるスーパーグループ、エイジアを結成。デビュー・アルバム『詠時感〜時へのロマン』(1982年)が全米1位を記録し、全キャリア中最も成功を収める結果となった。1983年にはアルコール依存が原因で解雇され、一時グレッグ・レイクが代役を務めたが次年に復帰し、1994年に脱退するまでは中心人物としてバンドを牽引した。脱退後は主にソロ・アーティストとして活動する一方、プログレッシブ・ロック系のアーティストのトリビュートアルバムに参加したり、スティーヴ・ハケットを中心とした大物ぞろいのバンドでツアーをするなどし、この縁でイアン・マクドナルドともツアーをした。

U.K.、エイジアなどでの来日公演時には、フロントマンとして英語で挨拶し、演奏曲、メンバーの紹介をすることが多いが、U.K.のライブ・アルバム『ナイト・アフター・ナイト』に収録されている片言の日本語「君たち最高だよ」という文句は本人も気に入っているのか、その後の日本公演時での決まり文句となっていた。また日本のバンドとも関わりがあり、VOW WOWRXといったバンドともセッション経験がある。

晩年[編集]

2000年代以降になると、病気を患う事が少なくなかった。

2002年、エイジアでの作曲面のパートナーであるジェフ・ダウンズとライブで共演したのを機に、ダウンズとのユニット、ウェットン/ダウンズ(Icon)を結成し、2005年にアルバム『アイコン』を発表[5]。2006年に再結成されたエイジア(結成当初のオリジナル・メンバーで構成)に参加。精力的にツアーを行っていたが、2007年夏に行われた定期検診で心臓の冠動脈に異常が見つかり、同年8月10日にバイパス手術を受けた。回復は順調で、2008年からツアーは再開された。また、オリジナル・メンバーでのアルバム『フェニックス』の制作も実施され、同年4月発売。2011年にはU.K.を再結成してライブ活動をしている[6]

2017年1月、かねてより罹患していた大腸癌の治療に専念するため、エイジアでの活動を一時休止することを表明した[7] ものの、間もなく病状が悪化し、同月31日に67歳で死去した[8]

ディスコグラフィ[編集]

ソロ/プロジェクト[編集]

スタジオ・アルバム
  • 『コート・イン・ザ・クロスファイアー』 - Caught in the Crossfire (1980年)
  • 『ヴォイス・メイル』 - Voice Mail / Battle Lines (1994年) ※旧邦題『バトル・ラインズ』
  • 『アークエンジェル』 - Arkangel (1997年)
  • 『ウェルカム・トゥ・ヘヴン』 - Welcome to Heaven / Sinister (2000年)
  • 『ロック・オヴ・フェイス』 - Rock of Faith (2003年)
  • 『レイズド・イン・キャプティヴィティー』 - Raised in Captivity (2011年)
ライブ・アルバム
  • 『チェイシング・ザ・ドラゴン』 - Chasing the Dragon (live in Japan) (1995年)
  • 『アクスティカ/ライヴ・イン・アメリカ』 - Akustika: Live in America (1996年)
  • 『ライヴ・イン・トウキョウ』 - Live in Tokyo 1997 (1998年)
  • 『ノーマンズ・ランド』 - No Mans Land Live in Poland (1999年)
  • 『ヘイジー・モネット』 - Hazy Monet Live in New York City May 27, 1997 (1999年)
  • 『サブ・ローサ(ライヴ・イン・ミラン)』 - Sub Rosa Live in Milan Italy (1999年)
  • 『ライブ・イン・トウキョウ1999』 - Live at the Sun Plaza Tokyo 1999 (2000年)
  • 『ライヴ・イン・アージェンティーナ』 - Live in Argentina (2003年)
  • 『ライヴ・イン・スウェーデン』 - Live in Stockholm 1998 (2003年)
  • 『ライヴ・イン・オーサカ』 - Live in Osaka (2003年)
  • 『ライヴ・イン・ジ・アンダーワールド』 - Live in the Underworld (2003年)
  • 『アマータ』 - Amata (2004年)
  • 『アジェンダ』 - Agenda (2004年)
  • 『ライヴ・ヴィア・サテライト』 - Live via Satellite (2015年)

ジャックナイフ[編集]

  • 『アイ・ウィッシュ・ユー・ウッド』- I Wish You Would (1980年)

ウェットン・マンザネラ[編集]

  • 『ウェットン・マンザネラ』 - Wetton Manzanera (1987年)
Icon (ウェットン/ダウンズ)
  • 『ウェットン/ダウンズ』 - Wetton Downes (Demo Collection) (2002年)
  • アイコン』 - Icon (2005年)
  • Heat of the Moment '05 EP (2005年)
  • 『ルビコン』 - Icon II: Rubicon (2006年)
  • 『アイコン3』 - Icon 3 (2009年)

グループ[編集]

モーグル・スラッシュ
  • 『炸裂!モーグル・スラッシュ』- Mogul Thrash (1971年)
ファミリー
  • 『フィアレス』 - Fearless (1971年)
  • 『バンドスタンド』 - Bandstand (1972年)
キング・クリムゾン
ユーライア・ヒープ
  • 『幻想への回帰』 - Return to Fantasy (1975年)
  • 『ハイ・アンド・マイティ』 - High and Mighty (1976年)
ロキシー・ミュージック
  • 『VIVA!ロキシー・ミュージック』 - Viva! (1976年) ※ライブ・アルバム
ブライアン・フェリー・バンド
  • 『アナザー・タイム、アナザー・プレイス(いつかどこかで)』 - Another Time, Another Place (1974年)
  • 『レッツ・スティック・トゥゲザー(ミスター・ダンディー)』 - Let's Stick Together (1976年)
  • 『イン・ユア・マインド (あなたの心に)』 - In Your Mind (1977年)
  • 『ベールをぬいだ花嫁』 - The Bride Stripped Bare (1978年)
U.K.
ウィッシュボーン・アッシュ
  • 『ナンバー・ザ・ブレイヴ』 - Number the Brave (1981年)
  • 『アーガス・スルー・ザ・ルッキング・グラス』 - Argus Through the Looking Glass (2008年) ※マーティン・ターナー・アンド・フレンズ名義
エイジア

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ミュージック・ライフ. シンコー・ミュージック. (1976年5月1日). 
  2. ^ ROCKS. ライブグラフィック. (1977年8月1日). 
  3. ^ ジョン・ウェットン ベースを抱えた渡り鳥. シンコーミュージック・エンタテイメント. (2019年2月17日). 
  4. ^ パティ・ボイド自伝 ワンダフル・トゥデイ. シンコーミュージック・エンタテイメント. (2008年9月19日). 
  5. ^ ジェフ・ダウンズ&ジョン・ウェットン、ついにデビュー”. CDJournal. 音楽出版社. 2018年5月22日閲覧。
  6. ^ エイジアのジョン・ウェットンが亡くなったのを受けてジェフ・ダウンズが長文の追悼文を公開 - NME JAPAN
  7. ^ エイジアのジョン・ウェットン、癌治療に専念するため活動を一時休止 - BARKS
  8. ^ エイジアのジョン・ウェットンが死去。享年67 - RO69

関連項目[編集]