ジョン・エイズラビー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジョン・エイズラビー
JohnAislabie.jpg
財務大臣
任期
1718年3月20日 – 1721年1月23日
君主 ジョージ1世
前任者 スタンホープ子爵
後任者 サー・ジョン・プラット英語版(暫定)
個人情報
生誕 1670年12月4日
イングランド王国 イングランド王国ヨーク、グッドラムゲート
死没 1742年6月18日
国籍 イギリス
政党 ホイッグ党
出身校 セント・ジョンズ・カレッジ英語版
トリニティ・ホール英語版

ジョン・エイズラビー英語: John AislabieまたはAslabie [ˈzləbi]1670年12月4日 - 1742年6月18日)は、イギリスの政治家。1695年から1721年まで庶民院議員を、1718年から1721年まで財務大臣を務めたが、南海泡沫事件で南海会社に関与したことで失脚、辞任を余儀なくされた。

生涯[編集]

初期の経歴[編集]

スタッドリー・ロイヤル・ハウス、1880年。

1670年12月7日、ヨークのグッドラムゲートで生まれた[1]。エイズラビーはヘミングブラ英語版に住むヨーマン家族の出身であり、父ジョージ・エイズラビーはスタッドリー・ロイヤル出身のサー・ジョン・マロリー(John Mallory)の娘メアリーと結婚して、影響力の大きいマロリー家入りを果たした。エイズラビーは1687年にセント・ジョンズ・カレッジ英語版に、1692年にトリニティ・ホール英語版に入学した後[2]、兄ジョージが1699年に死去すると、エイズルビーはスタッドリー・ロイヤルの領地を継承[3]、1716年頃に領地の庭園を改造し始めた。彼はイングランドではじめて自然風の造園修景を導入した者であり、スタッドリー王立ウォーターガーデンを築いた。息子のウィリアム英語版は後にファウンテンズ修道院跡を領地に加えた。

政界での経歴[編集]

1695年、トーリー党の一員とされたためリポン選挙区英語版庶民院議員に当選したが、彼の政治観は流動的だった。1702年にノーサラルトン選挙区英語版に鞍替え、同年にリポン市長に当選した[3]。1704年より政界での活動が、特に経済において活発になり、政見もホイッグ党のそれと近くなった。1705年にリポン選挙区に戻って当選した後[3]ロバート・ハーレーの後見のもと、1710年のトーリー党政権で海軍卿の1人に任命されたが、エイズラビーはたびたびホイッグ党を支持して政府に反対票を投じたため不安定な地位にあった[4]

1714年にホイッグ党が政権に帰り咲くと、エイズラビーは海軍会計長官に任命され、1716年には枢密顧問官に任命された[1]。彼はサンダーランド伯爵を支持し、サンダーランド伯爵は1718年3月にエイズラビーを財務大臣に任命した。1719年、南海会社(1711年にハーレーが公共財政を改善するために設立した)が政府債務を引き受ける代償として国債を受け取ることを提案、エイズラビーはそれを強く支持して南海会社との交渉を勧め、庶民院でも法案を強く推進して通過させ、1720年4月に国王ジョージ1世の裁可を受けた。しかし、南海会社には到底満たせない期待が寄せられており、1720年8月には泡沫が崩壊した。議会による調査の結果、エイズラビーが南海会社の提案を宣伝する代償として2万ポンドの南海会社株式を受け取っていたことが露見、彼は1721年1月に財務大臣を辞任した。その後、庶民院がエイズラビーを汚職で有罪と判定したためエイズラビーは庶民院からも枢密院からも追い出され、ロンドン塔に投獄された[5]

晩年[編集]

エイズラビーはすぐに釈放され、1718年10月20日以前に所有した領地の保有も許可された[1][3]。以降は引退して領地の造園に没頭した。

1723年、エイズラビーはサリーのウェイヴァーリー修道院英語版跡にウェイヴァーリー・アビー・ハウスを建てた[6]

1742年に死去[1]、リポンに埋葬された[3]。息子ウィリアム英語版は1721年よりリポン選挙区英語版から当選して庶民院議員になり、以降1781年まで議員を務めた[3]

1845年7月にエイズラビーの曽孫エリザベス・ソフィア・ローレンスが死去すると、スタッドリー・ロイヤルの領地は第2代デ・グレイ伯爵トマス・デ・グレイ英語版が継承した[3]

家族[編集]

エイズラビーは2度結婚した。1度目の結婚相手はウィリアム・ローリンソン英語版の娘であり、2人は1男(ウィリアム英語版)2女(メアリー、アン)をもうけた[3]。1701年12月25日、アンはロンドンの邸宅での火事により死亡した[3]。その後、エイズラビーはトマス・ヴァーノンの娘ジュディスと再婚したが、2人の間に子供はいなかった[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Wikisource-logo.svg Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Aislabie, John" . Encyclopædia Britannica (in English). 1 (11th ed.). Cambridge University Press. p. 447.
  2. ^ "Aslabie, John (ASLY687J)". A Cambridge Alumni Database (in English). University of Cambridge.
  3. ^ a b c d e f g h i j Barker, George Fisher Russell (1885). "Aislabie, John" . In Stephen, Leslie. Dictionary of National Biography (in English). 1. London: Smith, Elder & Co. pp. 203–204.
  4. ^ AISLABIE, John (1670-1742), of Studley Royal, nr. Ripon, Yorks. and Red Lion Square, London”. History of Parliament Online (1690-1715). 2018年8月22日閲覧。
  5. ^ AISLABIE, John (1670-1742), of Studley Royal, nr. Ripon, Yorks.”. History of Parliament Online (1715-1754). 2018年8月24日閲覧。
  6. ^ History”. Waverley Abbey House. 2013年10月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月1日閲覧。

参考文献[編集]

  • Mackay, Charles. Extraordinary Popular Delusions and the Madness of Crowds英語版, available from Project Gutenberg
公職
先代:
チャールズ・シーザー英語版
海軍会計長官英語版
1714年 - 1718年
次代:
リチャード・ハンプデン英語版
先代:
スタンホープ子爵
財務大臣
1718年 - 1721年
次代:
サー・ジョン・プラット英語版
イングランド議会 (en
先代:
サー・ジョナサン・ジェニングス
ジョナサン・ジェニングス
庶民院議員(リポン選挙区英語版選出)
1695年 - 1702年
同職:ジョナサン・ジェニングス 1695年 - 1701年
ジョン・シャープ 1701年 - 1702年
次代:
ジョン・シャープ
サー・ウィリアム・ハスラー英語版
先代:
サー・ウィリアム・ハスラー英語版
ダニエル・ラスセレス英語版
庶民院議員(ノーサラルトン選挙区英語版選出)
1702年 - 1705年
同職:サー・ウィリアム・ハスラー英語版 1702年
ロバート・ドーマー英語版 1702年 - 1705年
次代:
ロバート・ドーマー英語版
サー・ウィリアム・ハスラー英語版
先代:
ジョン・シャープ
サー・ウィリアム・ハスラー英語版
庶民院議員(リポン選挙区英語版選出)
1705年 - 1707年
同職:ジョン・シャープ
次代:
グレートブリテン議会
グレートブリテン議会英語版
先代:
イングランド議会
庶民院議員(リポン選挙区英語版選出)
1707年 - 1721年
同職:ジョン・シャープ 1707年 - 1715年
キャッスルカマー子爵英語版 1715年 - 1719年
ウィリアム・エイズラビー (大) 1719年 - 1721年
次代:
ウィリアム・エイズラビー (大)
ウィリアム・エイズラビー英語版 (小)