ジョン・オリバー・アーノルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ジョン・オリバー・アーノルド(John Oliver Arnold、1858年 - 1930年)は、イギリス冶金学者

経歴・人物[編集]

シェフィールド工業学校で教鞭を執る。同時期に合金鋼中の炭化物の組成を研究し決定した。後にヘンリー・ソービーの弟子となり、鉄鋼顕微鏡組織を研究した。

この業績により、ウィリアム・チャンドラー・ロバーツ=オーステンが提唱した合金理論やフランスフロリス・オスモン英語版が提唱した鋼焼入硬化理論に敵対し一躍有名となった。

出典[編集]

  1. 世界大百科事典 第2版(平凡社)『アーノルド』- コトバンク
  2. 20世紀西洋人名事典(日外アソシエーツ)『ジョン・オリバー アーノルド』- コトバンク