ジョン・カーマイケル (第3代ハインドフォード伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
コスモ・アレクサンダー英語版による肖像画、1750年頃。

第3代ハインドフォード伯爵ジョン・カーマイケル英語: John Carmichael, 3rd Earl of Hyndford PC KT1701年3月15日1767年7月19日)は、グレートブリテン王国の貴族、外交官。1710年から1737年までイングリスベリー子爵儀礼称号を使用した。

生涯[編集]

第2代ハインドフォード伯爵ジェームズ・カーマイケルとエリザベス・メイトランド(第5代ローダーデイル伯爵ジョン・メイトランド英語版の娘)の息子として、1701年3月15日にエディンバラで生まれた[1]。第3近衛歩兵連隊に入隊し、1733年に大尉に昇進した[1]。1737年8月10日にハインドフォード伯爵の爵位を継承した後、1738年3月14日にスコットランド貴族代表議員に選出され(以降1741年、1747年、1754年、1761年に再選)、1739年と1740年にスコットランド教会総会への勅使英語版を務めた[1]

1741年にプロイセン王フリードリヒ2世シュレージエンに侵攻(第一次シュレージエン戦争)すると、ハインドフォード伯爵はプロイセン駐在イギリス特命全権公使英語版としてフリードリヒ2世とオーストリアマリア・テレジアの調停に派遣され、1742年6月11日のブレスラウ条約締結にこぎつけることに成功した[1]。この功績により、ハインドフォード伯爵は1742年8月29日にシャルロッテンブルク英語版シッスル勲章を授与された[1]。続いて1744年にロシア帝国に派遣され、交渉を通じてオーストリア継承戦争の講和条約であるアーヘンの和約の締結を早めることに成功した[1]。その後、1749年10月8日にモスクワを離れて帰国、1750年3月29日に枢密顧問官寝室侍従英語版に任命された[1]。1752年にウィーンに派遣され、1764年に帰国するとスコットランド副提督英語版に任命され、以降はラナークシャー英語版の領地で過ごした[1]

1767年7月19日に死去、唯一の男子が夭折したためいとこのジョンが爵位を継承した[1]

家族[編集]

第3代ハインドフォード伯爵は2度結婚した。1度目の結婚相手はサー・クラウズリー・ショヴェル英語版の娘エリザベスで、2人の間には夭折した1男しか儲けなかった[1]。2度目の結婚相手はジーン・ヴィガー(Jean Vigor、ベンジャミン・ヴィガーの娘)であり、2人の間に子供はいなかった[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k Henderson, Thomas Finlayson (1887). "Carmichael, John (1701-1767)" . In Stephen, Leslie. Dictionary of National Biography (in English). 9. London: Smith, Elder & Co. pp. 130–131.
外交職
先代:
メルヒオール・ガイ・ディケンズ英語版
プロイセン駐在イギリス特命全権公使英語版
1741年 – 1744年
次代:
フレデリック・ロレンツ
先代:
サイリル・ワイチ
ロシア駐在イギリス大使英語版
1744年 – 1749年
次代:
メルヒオール・ガイ・ディケンズ英語版
軍職
先代:
フィンドレイター伯爵
スコットランド副提督英語版
1764年 – 1767年
次代:
マーチ伯爵英語版
スコットランドの爵位
先代:
ジェームズ・カーマイケル
ハインドフォード伯爵
1737年 – 1767年
次代:
ジョン・カーマイケル