ジョン・ガードン (イングランドの政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

ジョン・ガードン(John Gurdon, 1595年7月3日 - 1679年9月9日)は、イングランドの政治家。1640年から1660年にかけて下院で多数の役職を務めた。イングランド内戦では円頂党(議会派)を支持した。

生涯[編集]

ガードンは、ノーフォークレットン英語版およびサフォークアシントン英語版に土地を保有する資産家ブランプトン・ガードン英語版の息子として生まれた。1640年にイプスウィッチ選区から短期議会および長期議会の議員に選任された[1]

イングランド内戦において円頂党に属し、議会軍を支援した。プライドのパージ後も議会に残った。国王チャールズ1世の裁判に際しては、理事の1人として指名を受けたが、出席を拒否した。1650年1651年1652年国務会議(国家評議会)委員を務めた。除名により長期議会を離れた後、1654年にサフォーク選出で第一議会代表、1660年サドバリー英語版選出で仮議会代表[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  • D Brunton & D H Pennington, Members of the Long Parliament (London: George Allen & Unwin, 1954)
  • Burke's Landed Gentry (4th edition, London: Harrison, Pall Mall, 1862–1863)
  • "Gurdon, John" . Dictionary of National Biography (英語). London: Smith, Elder & Co. 1885–1900.
  • Cobbett's Parliamentary history of England, from the Norman Conquest in 1066 to the year 1803 (London: Thomas Hansard, 1808)