ジョン・ギリランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
John Gilliland
生誕 John Sanford Gilliland, Jr.
(1935-10-18) 1935年10月18日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 テキサス州クワーナ
死没 1998年7月27日(1998-07-27)(62歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 テキサス州クワーナ
公式サイト John Gilliland's Pop Chronicles

ジョン・サンフォード・ギリランド・ジュニア(John Sanford Gilliland, Jr.、1935年10月18日 - 1998年7月27日)は、アメリカ合衆国のラジオ・ブロードキャスター、ドキュメンタリー制作者で、特に音楽を取り上げたラジオ・ドキュメンタリー番組ポップ・クロニクルズ』の制作者として、また、制作集団「クレディビリティ・ギャップ (The Credibility Gap)」のオリジナル・メンバーのひとりとして知られた。テキサス州クワーナ英語版に生まれ、同地で死去した。テキサス州やカリフォルニア州の数多くのラジオ局で働いたが、代表的な局はサンディエゴKOGO(1961年 – 1965年)、ロサンゼルスKRLA 1110(1965年 – 1970年)、サンフランシスコKSFO(1971年 – 1978年)であった。

経歴[編集]

テキサス州のラジオ局[編集]

ギリランドのラジオにおける経歴は、1952年に地元テキサス州クワーナのKOLJから始まった[1]テキサスクリスチャン大学在学中に、彼はフォートワースのKCULでディスクジョッキーとして働いた。彼の番組は『The House of Wax』と『The Man on the Beat』であった。1959年から1961年にかけて、彼はダラスKLIFで働いた[2]。彼はヒューストンKILTでも働いていた[3]

カリフォルニア州のラジオ局[編集]

サンディエゴKOGOのニュース部門に、ギリランドは「ジョン・ランド (John Land)」、「ジョニー・ランド (Johnny Land)」などと偽名を名乗って加わった[2]

1965年、ギリランドはロサンゼルス郡KRLA 1110のニュース部門に加わり[4]、そこでニュース報道にお笑いの要素を盛り込む制作集団「クレディビリティ・ギャップ」のオリジナル・メンバーのひとりとなった。同じく創設メンバーのひとりであったリチャード・ビーブ英語版は、ギリランドについて次のように述べている。

ジョンは、「ギャップ」の中枢を担っていたが、彼にとっては「ポップ・クロニクルズ」の仕事の方が、常に一番だった。まるでいつもそっちばかりやっていたようにさえ思える。ジョンは様々な才能に恵まれた、楽しい奴だった。[5]

ギリランドはラジオ・ドキュメンタリー「ポップ・クロニクルズ」のための調査に、放送が始まる2年以上も前から取り組んでいた[4]。この番組は、1950年代1960年代のポピュラー音楽をカバーし、当初はKRLA 1110から放送され、後には他の局でも流れるようになり[6][7]、現在はオンラインでも聴取可能になっている[8]

1971年からは、サンフランシスコKSFOで、平日19時から24時の帯番組を担当した[9]。彼の番組では、『ポップ・クロニクルズ』の再放送、昔懐かしいラジオ英語版の時間、 『Mystery Theater』、『The Comedy Hour』、『The Great LPs』などがコーナーとして盛り込まれていた。同局にいる間、1972年からは[6]1940年代のポピュラー音楽を取り上げた『ポップ・クロニクルズ 40's (The Pop Chronicles 40's)』を制作,放送し始めた[10]。KSFOにおけるギリランドの担当時間帯は、ジェリー・ゴードン英語版が引き継いだ[11]

引退[編集]

ギリランドは、1978年KSFOを離れ、生まれ故郷のテキサス州へ戻った[2]。彼は『ポップ・クロニクルズ:40's』をカセットテープ4巻のオーディオブックに編集して出版し[12][13]、後には『ザ・ビッグ・バンド・クロニクル (The Big Band Chronicles)』と改題した[14][15]。引退後のギリランドは、ヒューストンのKREBや、クワーナのKXICで少し仕事をしていた。ギリランドは1998年に死去した。2003年、ギリランドの姉(または妹)は『ポップ・クロニクルズ』のテープを北テキサス大学の音楽図書館に寄贈し、「ジョン・ギリランド・コレクション (The John Gilliland Collection)」が編成された[3][16]

ディスコグラフィ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Music plays on for longtime broadcaster”. Nl.newsbank.com (1988年7月14日). 2010年2月17日閲覧。
  2. ^ a b c Biography — University of North Texas Libraries”. Library.unt.edu. 2008年6月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年8月3日閲覧。
  3. ^ a b ARSC Conference 2008 - Session Abstracts (PDF)”. 2009年8月3日閲覧。
  4. ^ a b Hopkins, Jerry (1969年10月4日). “'Pop Chronicles' Chronicle Pop”. Rolling Stone (43): p. 34 
  5. ^ ~Los Angeles Radio People, Archives”. Laradio.com. 2009年8月3日閲覧。
  6. ^ a b MacKenzie, Bob (1972年10月29日). “Radio Returns to the '40s (PDF)”. Oakland Tribune. 2012年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月21日閲覧。
  7. ^ Pop chronicles. 36 (RU 11-1 [Sept. 1970]) [WorldCat.org]”. [WorldCat.org]<!. 2009年8月3日閲覧。
  8. ^ Gilliland, John (1969). "Show 1" (audio). Pop Chronicles. University of North Texas Libraries. 
  9. ^ 2008 ARSC Conference Recordings (Association for Recorded Sound Collections)”. Arsc-audio.org. 2010年9月30日閲覧。
  10. ^ John Gilliland - Pop Chronicles: The Forties”. Bay Area Radio Museum (1972年11月5日). 2013年6月29日閲覧。
  11. ^ Where was 'Radio Waves'?”. Radio-info.com. 2010年2月17日閲覧。
  12. ^ a b Gilliland, John (1994). Pop Chronicles the 40s: The Lively Story of Pop Music in the 40s (audiobook). ISBN 978-1-55935-147-8. OCLC 31611854. 
  13. ^ Pop chronicles [WorldCat.org]”. Worldcat.org. 2009年8月3日閲覧。
  14. ^ Ruhlmann, William. “((( The Big Band Chronicles > Overview )))”. allmusic. 2010年2月17日閲覧。
  15. ^ The big band chronicles (Audiobook on tape, 1997)”. [WorldCat.org]. 2010年2月17日閲覧。
  16. ^ The John Gilliland Collection
  17. ^ Magic of JuJu: Political Porno”. Magicofjuju.blogspot.com (2006年12月21日). 2011年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年11月16日閲覧。

参考文献[編集]

  • Gilliland, John (1997). “On Chronicling Pop”. In Barrett, Don. Los Angeles radio people: Volume 2, 1957-1997. Valencia, CA: Db Marketing. ISBN 978-0-9658907-0-0. OCLC 38994418.  (The pages in this book are not numbered, but Gilliland's essay is located between the E and F entries.)
  • Vernon, Sondra Stewart. "Music plays on for longtime broadcaster: Semiretired disc jockey boasts collection that documents the history of popular records." The Dallas Morning News. July 14, 1988