ジョン・スミス (醸造家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
John Smith

ジョン・スミス(John Smith、1824年3月18日 - 1879年9月9日)は、イングランド醸造家ノース・ヨークシャータドカスター英語版に現在も存続しているジョン・スミス・ブルワリー英語版の経営者として最もよく知られている。

経歴[編集]

スミスは、1824年3月18日リーズに、地元出身の裕福な肉屋なめし革屋でもあったサミュエル・スミス (Samuel Smith) の5人の子どもたちの長子として生まれた[1][2]

1847年、ジョン・スミスは、父から提供された資金で、バックハウス・アンド・ハートリー醸造所 (the Backhouse & Hartley brewery) を買収した[3]。スミスが買収したタイミングは絶妙で、すぐにポーターに代わってペールエールが人々の人気を最も集めるビールとなり、また、タドカスターの硬水がこの新しい醸造法に適していたことが明らかになった[4]1850年代から1860年代に成功を収め、さらに鉄道が到来したことによって、醸造家たちにはより大きな機会が訪れ、1861年にスミスは新たに8人を雇い入れて醸造とモルティング英語版の事業に当たらせた[1]

19世紀の最後の四半世紀には、この事業は相当の規模に達した[5]。スミスは、1879年9月9日にタドカスターで死去し、遺された資産は45,000ポンド弱(2013年現在の330万ポンド程度に相当)に上り、ふたりの弟たち、ウィリアム(William:ジェントルマン)とサミュエル(Samuel:サミュエル・スミス・ブルワリー英語版創業者、なめし革屋)が共同でこれを相続した[1][6]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Wilson, R.G. "Smith, John"', Oxford Dictionary of National Biography, Oxford University Press, accessed 19 August 2011 (要購読契約)
  2. ^ "West Yorkshire Archive Service", Yorkshire Parish Records, Reference RDP68/3A/5, p. 344.
  3. ^ "Brought To Book, The Brewers Who Made a Name for Themselves", Yorkshire Post (online), accessed 23 June 2012
  4. ^ Terry Gourvish; Richard G. Wilson (September 2003). The Dynamics of the Modern Brewing Industry. Taylor & Francis. p. 99. ISBN 978-0-203-44069-8. https://books.google.com/books?id=NQcVEwe0qVIC&pg=PA99 2013年7月24日閲覧。. 
  5. ^ Sigsworth, Eric M. (1967). The Brewing Trade During the Industrial Revolution: The Case of Yorkshire. Borthwick Publications. p. 14. ISBN 978-0-900701-31-3. https://books.google.com/books?id=PFY7vkSJM-kC&pg=PA14 2013年4月20日閲覧。. 
  6. ^ Principal Probate Registry, England & Wales, National Probate Calendar (Index of Wills and Administrations), 1858-1966