ジョン・ダンロップ (競馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジョン・リーパー・ダンロップ
基本情報
国籍 イギリスの旗 イギリス
出身地 イングランドの旗 イングランドグロスタシャー
生年月日 (1939-07-10) 1939年7月10日
死没 (2018-07-07) 2018年7月7日(78歳没)
免許区分 1966年
引退日 2018年7月7日
経歴
主な管理馬 シャーリーハイツ
テンプレートを表示

ジョン・リーパー・ダンロップ(John Leeper Dunlop, 1939年7月10日 - 2018年7月7日)は、イギリスイングランド)、グロスタシャー出身の競走馬調教師

来歴[編集]

1966年厩舎を開業。

1970年、ブラックサテン(Black Satin)でアイリッシュ1000ギニーを制し、クラシック競走初勝利を挙げる。翌1971年からグループ制が導入され、GI初勝利は1977年9月24日、ノースストーク(North Stoke)が勝ったジョーマクグラスメモリアルステークスであった。

1978年6月7日シャーリーハイツ(Shirley Heights)でダービーステークス初勝利。これがイギリスクラシック競走初勝利でもあった。同馬は7月1日アイリッシュダービーも制した。

1986年ミラノ大賞典シリウスシンボリを破ったトミーウェイ(Tommy Way)をジャパンカップに出走させ、管理馬の日本初出走を果たしたが、13着に敗れた。翌1987年のジャパンカップではセントレジャーステークスなどを勝ったムーンマッドネス(Moon Madness)を出走させ、同馬は2番人気に推されたが5着に敗れた。これが現在まで、管理馬の日本での最高着順である。

1995年、イギリス平地競走のリーディングトレーナーとなる。2002年には通算3000勝を達成した。

2人の息子、エドワードとハリーも調教師である。

2018年7月7日、死去した[1]。78歳没。

主な勝鞍[編集]

イギリス[編集]

アイルランド[編集]

  • アイリッシュ1000ギニー(1970年Black Satin、1994年Mehthaaf)
  • アイリッシュ2000ギニー(1983年Wassl)
  • アイリッシュダービー(1978年Shirley Heights、1990年Salsabil)

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “John Dunlop, Classic-winning trainer, dies aged 78” (英語). ガーディアン. Guardian News and Media Limited or its affiliated companies. (2018年7月7日). https://www.theguardian.com/sport/2018/jul/07/john-dunlop-classic-winning-trainer-dies-aged-78 2018年7月8日閲覧。