ジョン・ドラモンド (陸上選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジョン・ドラモンド Portal:陸上競技
選手情報
ラテン文字 Jon Drummond
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
競技 トラック競技短距離走
種目 60m, 100m, 200m
生年月日 (1968-09-09) 1968年9月9日(50歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 フィラデルフィア
身長 175cm
体重 73kg
成績
オリンピック 100m 5位 (2000年
4x100mR 優勝 (2000年)
世界選手権 100m 2次予選失格 (2003年
200m 7位 (1997年
4x100mR 優勝 (1993, 1999年
自己ベスト
50m 5秒63 (1999年)
60m 6秒46 (1998, 1999, 2000年)
100m 9秒92 (1997年)
200m 20秒03 (1997年)
400m 45秒55 (2000年)
 
獲得メダル
男子 陸上競技
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オリンピック
1996 アトランタ 4×100mリレー
2000 シドニー 4×100mリレー
世界陸上選手権
1993 シュトゥットガルト 4×100mリレー
1999 セビリヤ 4×100mリレー
編集 テンプレートのヘルプを表示する

ジョン・ドラモンド(Jonathan A. "Jon" Drummond、1968年9月9日- )は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア出身の陸上競技短距離走)選手。1996年アトランタオリンピックの銀メダリスト。2000年シドニーオリンピックの金メダリストである。

経歴[編集]

現役時はスタートダッシュが得意で、驚異的な反応の早さを見せていたことから「スタートの天才」と称された。

1993年のシュトゥットガルトで開催された世界選手権の4×100mリレーに出場、アメリカの第1走者を務め37.40秒の世界タイ記録(当時)で金メダルを獲得する。このとき、頭髪に櫛を刺したまま走った。2年後のイェーテボリの世界選手権でも4×100mリレーに出場、第2走者を務めたがドラモンドと次走者とのバトンパスが失敗し失格となった。

ドラモンドは1996年アトランタオリンピックでは100mと4×100mリレーに出場、100mは準決勝で敗退してしまったが、4×100mリレーにはドラモンドとティム・ハーデンマイク・マーシュデニス・ミッチェルとともに挑み、カナダに敗れたものの銀メダルを獲得した。1997年に、ドラモンドははじめて全米選手権を制し(200m)、世界選手権に出場するが、結果は7位であった。1999年、ドラモンドは脊髄膜炎に苦しみながらも、世界選手権に出場。4×100mリレーでは第1走者を務め金メダルを獲得した。

2000年のシドニーオリンピックでは、ドラモンドは100mと4×100mリレーに出場した。100mは5位という結果に終わったが、バーナード・ウィリアムズブライアン・ルイスモーリス・グリーンとチームを組んだリレーでは、2着のブラジル以下をおさえ、ドラモンドは初のオリンピックの金メダルを獲得した。2001年の世界選手権では、4×100mリレーの第1走者に選ばれたが右四頭筋の痛みに苦しみ、予選を走っただけで決勝を走ることができなかった。

そして2003年のパリで開催された世界選手権では100mに出場したが、二次予選のスタートにおいてドラモンドは不正スタート(フライング)を犯したとして失格を宣告される。これに対しドラモンドは、フライングをしていないと猛抗議を行った。「俺は動いていない!」とマイクを通じてスタジアム内に訴えた。(実際にスタートの映像を見てもドラモンドは全く動いていない))係員から退場を促されるも、ついにコース上に寝転んでしまった。結局、最後はドラモンドは涙をこらえながら自分の意志で競技場を去った。これによりドラモンドの組が後回しにされたが、その組のレースが再び行われるときに観客の大ブーイングが巻き起こり、なかなかスタートできず、最終的に競技が約1時間中断することとなった。ドラモンドはこのせいで、引退を余儀なくされてしまう。

引退後はコーチに転進、スタートに難のあったタイソン・ゲイを指導し、2007年の世界陸上大阪大会で100m、200m、4×100mRの三冠を達成した。

2014年12月17日、ドラモンドが指導する選手に禁止薬物を投与するなどしたとして、8年間の資格停止処分が下った[1]

パリ大会でのフライング[編集]

2003年に行われた世界陸上パリ大会では、ドラモンドはすでに35歳になっており、その年の短距離のレベルが低かったことから、個人種目で初のメダルを獲得する残り少ないチャンスだった。そのため、この大会に懸けるドラモンドの意気込みは人一倍強かった。そんなドラモンドには、身に覚えのないフライングでの失格という結果は到底受け入れられなかったため、強く抗議した。

後に公開されたその時のスターティングブロックにおける圧力の記録データ[2]から、ピストルがなる前からの足のぐらつきに機械が反応して、フライングと判定されたことが判明した。

2003年から「同じ人間が2度不正スタートをしたら失格」から「1度不正スタートがあった後は誰が不正スタートをしても失格」というようにルールが変わっており、2003年以前であれば失格となることはなかった。サブトラックで泣き崩れるドラモンドの様子が競技場内のスクリーンに映し出されたことで、さらに観客の同情を買い、ドラモンドが走る予定だった組のレースの時には、場内に大ブーイングが巻き起こり、何度もスタートのやり直しが行われた。このため、競技時間が大幅に遅れた。

自己ベスト[編集]

  • 100m - 9秒92 (1997年)
  • 200m - 20秒03 (1997年)
  • 400m - 45秒55 (2000年)
  • 室内50m - 5秒63 (1999年)
  • 室内55m - 6秒11 (2003年)
  • 室内60m - 6秒46 (1998年, 1999年, 2000年)
  • 室内200m - 20秒76 (1998年)

主な実績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録
1991 ユニバーシアード シェフィールド(イギリス) 200m 1位 20.58秒
1993 世界陸上選手権 シュトゥットガルト(ドイツ) 4×100mリレー 1位 37.48秒
1994 IAAFグランプリファイナル パリ(フランス) 100m 3位 10.18秒
1996 オリンピック アトランタ(アメリカ合衆国) 4×100mリレー 2位 38.05秒
1997 世界陸上選手権 アテネ(ギリシャ) 200m 7位 20.44秒
1997 IAAFグランプリファイナル 福岡(日本) 200m 3位 20.32秒
1999 世界陸上選手権 セビリヤ(スペイン) 4×100mリレー 1位 37.59秒
2000 オリンピック シドニー(オーストラリア) 100m 5位 10.09秒
2000 オリンピック シドニー(オーストラリア) 4×100mリレー 1位 37.61秒
2002 IAAFグランプリファイナル パリ(フランス) 100m 1位 9.97秒

脚注[編集]

  1. ^ タイソン・ゲイの元コーチ、禁止薬物所持などで8年間の資格停止”. フランス通信社 (2014年12月18日). 2015年2月17日閲覧。
  2. ^ [1]