ジョン・ハインド・コットン (第3代準男爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サー・ジョン・ハインド・コットン
Sir John Hynde Cotton
Portrait of Sir John Hynde Cotton, 3rd Bt.jpg
アラン・ラムゼーによる肖像画、1740年。
国王私室財務官英語版
任期
1744年 – 1746年
君主 ジョージ2世
首相 ヘンリー・ペラム
前任者 ホバート男爵
後任者 リチャード・アランデル英語版
個人情報
生誕 1686年
死没 1752年1月4日
グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国ロンドン、セント・ジェームズ、パーク・プレイス
墓地 グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国ケンブリッジシャー、ランウェード
政党 トーリー党
子供 ジョン・ハイド・コットン英語版
第2代準男爵ジョン・コットン
教育 ウェストミンスター・スクール
出身校 エマニュエル・カレッジ英語版

第3代準男爵サー・ジョン・ハインド・コットン英語: Sir John Hynde Cotton, 3rd Baronet1686年(洗礼日) - 1752年1月4日)はグレートブリテン王国庶民院議員、ジャコバイト。歴史家のイヴリン・クルックシャンクス英語版は彼を「イングランドで最も熱狂的なジャコバイト」と評した[1]

ケンブリッジ選挙区英語版選出のイングランド庶民院英語版議員を数期務めた第2代ランドウェードとマディングリー・ホールの準男爵ジョン・コットンの息子として生まれ、ウェストミンスター・スクールエマニュエル・カレッジ英語版で教育を受けた[2]

とある庶民院議員がトーリー党を見捨て、首相ロバート・ウォルポールを支持する演説をすると、コットンはウォルポールに対しその議員を批判、「あの若犬は常に(always)私たちを支持すると述べた。」と言った。ウォルポールが「私はうちの若者たちに『常に』(always)を使わないよう助言している」と答えると、コットンは「あなた自身は全ての手(all waysを使いがちですがね」と皮肉をもって応えた[3]

三年議会法英語版など後の急進派の政策を支持したが、支持の理由は政策自体よりもホイッグ党が嫌った政策であるからだった[4]。また大酒飲みであった[4]

ホレス・ウォルポールはコットンについて、「ウィットがあり、庶民院の要領を熟練している。彼は庶民院で稀にしか発言せず短い演説しかせず、話し方もどもっていたが、ユーモアの使い方は身につけていた。アン女王の治世末期では政権内におり、サー・ロバート・ウォルポールの政府では常に、熱烈に野党の座にいた。そして、決心のあるジャコバイトであり、直近の連立内閣では王室家政の職を受けて、2年間務めたが、1度たりとも与党に票を与えなかった。これは素晴らしい分別を要し、国王への忠誠を誓わなければならないだけでなく(これは議会のジャコバイト全員がしている)、賃金を得ながら自身の業務を妨げる必要がある。国王の閣僚たちにも同じ素質があり、彼らは1人の男に給料を受けさせつつ党を乗り換えさせなかった」と記述した[5]

家族[編集]

コットンは2度結婚した。1人目の妻はサー・アンブローズ・クロウリー・オブ・グリニッジ(Ambrose Crowley of Greenwich)の娘レティス(Lettice)で、2人目はジェームズ・クラッグスの娘マーガレットである。もうけた息子のうち、レティスとの息子であるジョン・ハインド・コットン英語版のみが成長して準男爵位を継承した。

脚注[編集]

  1. ^ Eveline Cruickshanks, Political Untouchables. The Tories and the '45 (Duckworth, 1979), p. 40.
  2. ^ COTTON, Sir John Hynde, 3rd Bt. (c.1688-1752), of Madingley Hall, Cambs”. History of Parliament. 2012年4月15日閲覧。
  3. ^ Walpole, Horace. Memoirs of King George II. I: January 1751 - March 1754 (Yale University Press, 1985), p. 21, n. 10.
  4. ^ a b "Cotton, John Hynde" . Dictionary of National Biography (in English). London: Smith, Elder & Co. 1885–1900.
  5. ^ Walpole, pp. 21-22.
グレートブリテン議会英語版
先代:
アンソニー・トンプソン
第2代準男爵ジョン・コットン
庶民院議員(ケンブリッジ選挙区英語版選出)
1708年 - 1722年
同職:サミュエル・シェパード英語版 1708年 - 1715年、1715年 - 1722年
トマス・スクラーター英語版 1715年、1722年
次代:
トマス・スクラーター英語版
ギルバート・アフレック英語版
先代:
サー・ロバート・クラーク準男爵英語版
フランシス・ウィッチコート英語版
庶民院議員(ケンブリッジシャー選挙区英語版選出)
1722年 - 1727年
同職:ハーレー卿 1722年 - 1724年
サミュエル・シェパード英語版 1724年 - 1727年
次代:
サミュエル・シェパード英語版
ヘンリー・ブロムリー英語版
先代:
トマス・スクラーター英語版
ギルバート・アフレック英語版
庶民院議員(ケンブリッジ選挙区英語版選出)
1727年 - 1741年
同職:トマス・スクラーター英語版 1727年 - 1737年
ギルバート・アフレック英語版 1737年 - 1741年
次代:
ダプリン子爵英語版
ジェームズ・マーティン
先代:
フランシス・シーモア英語版
ジョン・クローリー
庶民院議員(マールバラ選挙区英語版選出)
1741年 - 1752年
同職:ジョン・クローリー 1741年 - 1747年
ジョン・タルボット 1747年 - 1752年
次代:
ジョン・タルボット
第4代準男爵ジョン・ハインド・コットン英語版
公職
先代:
ホバート男爵
国王私室財務官英語版
1744年 - 1746年
次代:
リチャード・アランデル英語版
イングランドの準男爵
先代:
ジョン・コットン
コットン準男爵英語版
1713年 - 1752年
次代:
ジョン・ハインド・コットン英語版