ジョン・ハンフリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジョン・ハンフリー
John Humphrey
Tokyo Apache player.jpg
身長 188cm (6 ft 2 in)
体重 95kg (209 lb)
基本情報
愛称 ヘリコプター
ラテン文字 John Humphrey
英語 John Humphrey
誕生日 (1980-09-08) 1980年9月8日(38歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ノースカロライナ州
ドラフト  
選手経歴
2003
2004
2005-2009
2010-2011
2011-2014
2015.02-06
ラスベガス・ラトラーズ (ABA)
ボストン・フレンジー (ABA)
東京アパッチ
セントルイス・パイオニアーズ (ABA)
埼玉ブロンコス
ライジング福岡

ジョン・ヘリコプター・ハンフリーJohn “Helicopter” Humphrey, 1980年9月8日 - )は、アメリカ合衆国バスケットボール選手。ノースカロライナ州出身。身長188cm、体重95kg。ニックネームである「ヘリコプター[1]のようにアリウープや、豪快なダンクシュートを得意にする。

経歴[編集]

ノースカロライナ州で生まれた彼はマイケル・ジョーダンが大学1年次のNCAAトーナメント決勝のジョージタウン大学戦で決勝のジャンプシュートを決めて優勝したことを聞いて育った[1]

ミドルテネシー州立大学在学中の2003年NCAAのスラムダンクコンテストで優勝した。

2003年はジョー・ブライアントヘッドコーチの下でABAのラスベガス・ラトレルズでプレーした[1]

2004年11月には、「AND1 ミックス・テープ・ツアー」でAND1のプレイヤーとして来日。同年は、ジョー・ブライアントとともにABAのボストン・フレンジーでプレーし[1]、チームトップとなる試合平均30.1得点、さらにABA史上2番目となる65得点ゲームを記録。

2005年、ブライアントがヘッドコーチに就任した日本プロバスケットボールリーグ(bjリーグ)の東京アパッチに移籍。1試合平均23.2点を稼ぎリーグ最多得点のタイトルを獲得し[1]プレイオフ進出に貢献した。

2006-07シーズンより設けられたサークルKサンクス 週間MVP・月間MVPの第1号となった。このシーズンも得点リーグ1位となったが、チームはリーグ最下位に沈んだ。

2007-08シーズンはチームのbjリーグ準優勝に貢献。2008-09シーズンは12月に2度目の月間MVPを受賞。2シーズン連続でのbjリーグ準優勝に貢献した。その後、同シーズン限りでチームとの契約を打ち切られたジョー・ブライアントヘッドコーチと共に退団し[2]、ABAに戻った。

2011-12シーズンは埼玉ブロンコスと契約。2011年12月10日の信州ブレイブウォリアーズ戦では52得点(bjリーグ歴代2位)を記録して107-91での勝利に貢献。その内、フリースローは100パーセントの成功確率で24本を成功し、1試合試投数24本と成功本数24本のbjリーグ新記録を達成[3]。2012年1月15日にさいたまスーパーアリーナで開催されたbjリーグオールスターゲームにブースター投票による選出で出場し、ダンクコンテストでは予選・決勝共に満点をマークして優勝、試合ではイーストチーム最多得点をマークしてMIP賞を受賞[4]

2012-13シーズンは、序盤にヘルニアで戦線を離脱していたが、復帰後は元のエースの座に収まり、1試合平均27.2得点で6シーズンぶりに得点王を獲得した。2013-14シーズンも23.9得点で2シーズン連続の得点王と、2.1本で初のスティールのタイトルを獲得した。シーズン終了後、埼玉は契約を更新せず、退団した。

2014-15シーズンはイラクのAl Niftと契約したが[5]ポイントガードの役割を期待していたチームの思惑に合わなかったため、退団した[6]

2015年1月、ジョー・ブライアントヘッドコーチが率いるライジング福岡に加入。

記録[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン
シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
bjリーグ 2005-06 東京 38 38 32.9 .466 .314 .740 6.0 2.4 2.0 0.8 2.4 23.2
bjリーグ 2006-07 東京 33 33 35.5 .428 .288 .802 6.7 1.8 1.9 1.2 1.9 25.9
bjリーグ 2007-08 東京 44 43 31.7 .473 .332 .787 4.5 3.0 1.8 0.7 1.7 19.9
bjリーグ 2008-09 東京 47 38 31.0 .454 .315 .758 5.3 2.9 1.9 0.6 1.7 19.6
bjリーグ 2011-12 埼玉 50 35 27.6 .462 .333 .759 5.2 1.8 2.0 0.9 2.0 18.4
bjリーグ 2012-13 埼玉 35 35 37.7 .404 .311 .855 7.9 4.2 2.2 0.5 2.4 27.2
bjリーグ 2013-14 埼玉 42 33.2 .390 .299 .798 5.6 1.9 2.1 0.5 2.3 23.9
bjリーグ 2014-15 福岡 22 26.2 .379 .225 .835 4.3 2.1 1.6 0.6 2.1 14.9
  • bjリーグ
    • 得点1位(2005-06、2006-07、2012-13、2013-14)
    • スティール1位(2013-14)2位(2005-06、2012-13)3位(2006-07)
    • オールスターゲーム出場3度(2006-07、2011-12、2013-14)
      • MIP(2011-12)ダンクコンテスト優勝(2011-12)
    • 月間MVP(2006年12月、2008年11月)
    • 週間MVP(2006年12月2-3日、2008年11月1-3日、2011年12月10-11日、2013年4月6-7日)
    • bjリーグ 1試合最多フリースロー成功: 24本:2011年12月10日 対信州ブレイブウォリアーズ
    • bjリーグ 1試合最多フリースロー試投: 24本:同上
    • 埼玉ブロンコス 1試合最多得点: 52得点:同上

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]