ジョン・ハート (作家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ジョン・ハート
(John Hart)
誕生 1965年????
アメリカ合衆国の旗 ノースカロライナ州ダラム
職業 作家
言語 英語
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
最終学歴 デヴィッドソン・カレッジ
活動期間 2006年 -
代表作 『ラスト・チャイルド』
主な受賞歴 エドガー賞 長編賞
『川は静かに流れ』 (2008)
『ラスト・チャイルド』 (2010)
デビュー作 『キングの死』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ジョン・ハートJohn Hart1965年 - )は、アメリカ合衆国の作家。

経歴[編集]

1965年ノースカロライナ州ダラムで、外科医の父とフランス語教師の母の間に生まれる[1]。後に引っ越した同州ローワン郡は、『キングの死』『川は静かに流れ』の構想を得た場所であり、作中に登場するレイヴン郡のモデルでもある[1]

地元シャーロットにあるリベラル・アーツ・カレッジデヴィッドソン・カレッジ英語版に進学し、フランス文学を学び、その後大学院で会計学と法学の学位を取得した[1]

刑事弁護士、銀行家、株式仲買人、ヘリコプター整備士(見習い)など様々な職種を経て作家を志し、早朝の執筆活動と昼間の仕事の両立を目指したものの上手くいかず、自分には才能がない、全てを放り出してしまいたいと思ったこともあったが、職を辞し、ローワン郡の公共図書館の個人席で1年間執筆に専念した結果、処女作『キングの死』が完成した[1]。同作は2006年エドガー賞 処女長編賞候補、マカヴィティ賞新人賞候補、バリー賞新人賞候補になるなど、高い評価を得た。2007年に発表した第二長編『川は静かに流れ』でエドガー賞 長編賞を獲得した。更に、2009年に発表した第三長編『ラスト・チャイルド』ではエドガー賞 長編賞CWA賞スチールダガー賞(最優秀スリラー賞)、バリー賞をトリプル受賞した。3作はいずれもニューヨーク・タイムズのベストセラーリストに名を連ねた。

今でも文筆業よりロンドンのパブでビールを注ぐ方が好きである[1]。妻と2人の子どもがおり、生まれ故郷のノースカロライナやヴァージニアで暮らしている[1]

作品リスト[編集]

# 邦題 原題 アメリカ合衆国の旗
刊行年月
日本の旗
刊行年月
日本の旗
出版社
訳者 ISBN(和訳版)
1 キングの死 The King of Lies 2006年05月 2006年12月 早川書房 東野さやか ISBN 978-4151767012
2 川は静かに流れ Down River 2007年10月 2009年02月 早川書房 東野さやか ISBN 978-4151767029
3 ラスト・チャイルド The Last Child 2009年05月 2010年04月 早川書房 東野さやか ISBN 978-4150018368
4 アイアン・ハウス Iron House 2010年04月 2012年01月 早川書房 東野さやか ISBN 978-4150018559
5 終わりなき道 Redemption Road 2016年05月 2016年08月 早川書房 東野さやか ISBN 978-4150019105

受賞・ノミネート歴[編集]

タイトル 結果
キングの死 2007年 マカヴィティ賞 新人賞 ノミネート
エドガー賞 処女長編賞 ノミネート
アンソニー賞 新人賞 ノミネート
バリー賞 新人賞 ノミネート
ガムシュー賞 新人賞 受賞
川は静かに流れ 2008年 エドガー賞 長編賞 受賞
バリー賞 長編賞 ノミネート
2009年 日本の旗 ミステリが読みたい! 4位
日本の旗 このミステリーがすごい! 7位
日本の旗 週刊文春ミステリーベスト10 6位
日本の旗 文庫翻訳ミステリー・ベスト10 2位
日本の旗 翻訳ミステリー大賞 ノミネート
ラスト・チャイルド 2009年 イギリスの旗 イアン・フレミング・スチール・ダガー賞 受賞
2010年 エドガー賞 長編賞 受賞
アンソニー賞 長編賞 ノミネート
バリー賞 長編賞 受賞
日本の旗 ミステリが読みたい! 1位
日本の旗 このミステリーがすごい! 5位
日本の旗 週刊文春ミステリーベスト10 1位
日本の旗 文庫翻訳ミステリー・ベスト10 7位
アイアン・ハウス 2012年 バリー賞 長編賞 ノミネート
日本の旗 文庫翻訳ミステリー・ベスト10 10位

出典[編集]

  • ジョン・ハート 『アイアン・ハウス』 早川書房〈ハヤカワ文庫〉 裏表紙折り返しプロフィール欄
出典
  1. ^ a b c d e f John Hart official website#BIO