ジョン・ペラム=クリントン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ジョン・ペラム=クリントン卿英語: Lord John Pelham-Clinton1755年9月13日1781年11月10日)は、イギリスの政治家。第2代ニューカッスル=アンダー=ライン公爵ヘンリー・ペラム=クリントンの三男であり、1778年から1781年まで庶民院議員を務めた。

生涯[編集]

第9代リンカーン伯爵ヘンリー・ファインズ・クリントン(1720年 – 1794年、後の第2代ニューカッスル=アンダー=ライン公爵ヘンリー・ファインズ・ペラム=クリントン)とキャサリン・ペラム(Catharine Pelham、1727年7月24日 – 1760年7月27日、イギリス首相ヘンリー・ペラムの娘)の三男として、1755年9月13日に生まれた[1]。1763年から1770年までイートン・カレッジで教育を受けた後[1]、1772年6月27日にケンブリッジ大学キングス・カレッジに入学、1775年にM.A.英語版の学位を修得した[2]。その後、1776年から1778年までグランドツアーに出た[1]

1778年2月、父が大金をはたいた結果、ジョンはイースト・レットフォード選挙区英語版で無投票当選した[1]。ジョンは当時ウィーンに滞在しており、3月に父への感謝の手紙を書き、議会活動への意欲を示したが、結局議会で演説した記録はなかったという[1]

1780年より王太子ジョージ寝室侍従英語版になった[1]

1781年10月に療養のためにポルトガル王国に向かい、11月10日にリスボンで死去した[1]。兄ヘンリーとケンカして仲たがいしたが、父もその存在を知らなかった遺言状ではヘンリーの娘キャサリンに1万6千ポンドを与えたという[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h Christie, I. R. (1964). "PELHAM CLINTON, Lord John (1755-81).". In Namier, Sir Lewis; Brooke, John. The House of Commons 1754-1790 (in English). The History of Parliament Trust.
  2. ^ "Clinton [Pelham-Clinton], John Pelham. (CLNN772JP)". A Cambridge Alumni Database (in English). University of Cambridge.
グレートブリテン議会英語版
先代:
サー・セシル・レイ準男爵英語版
ウィリアム・ハンガー英語版
庶民院議員(イースト・レットフォード選挙区英語版選出)
1778年 – 1781年
同職:サー・セシル・レイ準男爵英語版 1778年 – 1780年
ウォートン・アムコッツ 1780年 – 1781年
次代:
ウォートン・アムコッツ
リンカーン伯爵