ジョン・ボスマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョン・ボスマン Football pictogram.svg
Johnny-bosman-1337028484.jpg
名前
本名 ヨハネス・ヤコブス・ボスマン
Johannes Jakobus Bosman
ラテン文字 John Bosman
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
生年月日 (1965-02-01) 1965年2月1日(52歳)
出身地 アムステルフェーン
選手情報
ポジション FW
利き足
ユース
オランダの旗 RKSVローダ'23オランダ語版
オランダの旗 RKAVICオランダ語版
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1983-1988 オランダの旗 アヤックス 126 (77)
1988-1990 ベルギーの旗 KVメヘレン 61 (34)
1990-1991 オランダの旗 PSVアイントホーフェン 30 (11)
1991-1996 ベルギーの旗 RSCアンデルレヒト 156 (71)
1996-1999 オランダの旗 FCトゥウェンテ 87 (34)
1999-2002 オランダの旗 AZアルクマール 62 (24)
代表歴
1986-1997 オランダの旗 オランダ 30 (17)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジョン・ボスマン(John Bosman、1965年2月1日 - )は、オランダ出身の元サッカー選手、サッカー指導者。選手時代のポジションはフォワード

経歴[編集]

クラブ[編集]

ユース年代をアムステルフェーンの小さなクラブで過ごし、1983年アヤックス・アムステルダムと契約を結んだ[1]ア・デモス監督の下で同年11月20日に行われたローダJC戦でプロデビューを果たし[1]1985年にデモスの後任としてヨハン・クライフが監督に就任すると、UEFAカップウィナーズカップ 1986-87では8得点をあげて得点王となった[2]

1988年、アヤックスで5シーズンを過ごした後、ア・デモスが監督を務めるベルギーKVメヘレンに移籍[3]。メヘレンではミシェル・プロドームエルウィン・クーマンらと共に1989年2月に行われたUEFAスーパーカップにおいてPSVアイントホーフェンを下し初優勝に貢献[4]。ボスマンはホームで行われた第1戦で2得点をあげる活躍を見せた[4]

その後はPSV、RSCアンデルレヒトFCトゥウェンテを渡り歩き、1999年からはAZアルクマールでプレーをしたが、2001年10月に5歳の息子が交通事故で亡くなると[5]2002年に引退を表明した[3]

代表[編集]

1986年、オランダ代表の会合にて。左からブリント、監督のミケルスファント・シップ、ボスマン、スフレイン英語版

オランダ代表としては1986年4月26日に行われたスコットランド代表との国際親善試合でデビュー[6]1987年10月28日に行われたUEFA欧州選手権1988予選キプロス代表戦では5得点をあげる活躍を見せたが、この試合はサポーターの深刻なトラブルのため欧州サッカー連盟により没収試合という扱いとなった[6]1988年西ドイツで行われた本大会でも代表メンバーに選ばれ、グループリーグ初戦のソビエト連邦代表戦と第2戦のアイルランド代表戦に出場したが[6]、第3戦以降はマルコ・ファン・バステンにポジションを譲った[3]

1994年アメリカ合衆国で行われた1994 FIFAワールドカップでは代表メンバーに招集されたが出場機会はなく、1997年6月4日に行われた南アフリカ代表戦が最後の試合出場となった[6]。オランダ代表としての通算成績は国際Aマッチ30試合出場17得点[6]

引退後[編集]

引退後は古巣のAZアルクマールでスカウトを務めていたが[7]2011年7月にアヤックス・アカデミーのアシスタントコーチおよびパーソナルコーチに就任した[7][8]

個人記録[編集]

代表での成績[編集]

出典[6]


オランダ代表 国際Aマッチ
出場 得点
1986 4 1
1987 5 註1 8 註1
1988 6 2
1989 5 2
1990 2 0
1991 0 0
1992 0 0
1993 3 3
1994 3 0
1995 0 0
1996 0 0
1997 2 1
通算 30 17

代表での得点[編集]

出典[6]

註1 1987年10月28日に行われたキプロス代表戦は欧州サッカー連盟の裁定により没収試合となったが、オランダサッカー協会Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation (RSSSF) は、この試合の記録を認めている[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b Altijd Ajacied: John Bosman”. AJAX.nl. 2016年10月29日閲覧。
  2. ^ Cup Winners Cup Topscorers”. rsssf.com. 2016年10月29日閲覧。
  3. ^ a b c Column 'vergeten' voetbalhelden: John Bosman”. Noord-Holland (2016年2月29日). 2016年10月29日閲覧。
  4. ^ a b Cup Winners Cup Topscorers”. rsssf.com. 2010年8月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月29日閲覧。
  5. ^ Oproep: condoleance John Bosman”. f-side.nl. 2012年4月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月29日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h John Bosman - Goals in International Matches”. rsssf.com. 2016年10月29日閲覧。
  7. ^ a b John Bosman traint beloften Ajax”. Nieuwsblad.be (2011年7月12日). 2016年10月29日閲覧。
  8. ^ Johnny Bosman revient à l'Ajax Amsterdam”. 7SUR7.be (2011年7月11日). 2016年10月29日閲覧。