ジョン・ボーフォート (初代サマセット公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジョン・ボーフォート
John Beaufort
ボーフォート家サマセット公
Effigy John Beaufort 1st Duke of Somerset.png
死去 1444年5月27日
配偶者 マーガレット・ビーチャム
子女 マーガレット・ボーフォート
父親 サマセット伯ジョン・ボーフォート
母親 マーガレット・ホランド
テンプレートを表示
サマセット公の紋章

初代サマセット公ジョン・ボーフォート(John Beaufort, 1st Duke of Somerset, KG, 1404年3月25日洗礼) - 1444年5月27日)は、百年戦争期のイングランドの貴族で軍司令官。サマセット伯ジョン・ボーフォートの次男でヘンリー・ボーフォートは兄、エドムンド・ボーフォートは弟。ヘンリー4世の甥、ヘンリー5世の従弟に当たる。テューダー朝を開いたヘンリー7世は孫。

生涯[編集]

1418年、夭逝した兄ヘンリーの後を継いで第3代サマセット伯になった[1]。翌1419年のヘンリー5世のフランス遠征に従軍、1421年には王弟クラレンス公トマス・オブ・ランカスターに従ってアンジューで戦ったが、ボージェの戦いでクラレンス公は殺され、サマセット伯は弟と共に捕虜となってしまった。

1425年3月25日にサマセット伯は成年に達したが、投獄されていた彼には父の所領を継ぐことも出来ず、受け継ぐべき地所はその後も母が管理するしかなかった。結局彼は17年間収監された後、1438年に身代金を払って解放された。この後、彼はイングランドのフランス方面軍での主要な指揮官の1人になっていく。翌1439年にマーガレット・ビーチャムと結婚し、1443年に一人娘マーガレットが生まれた。

1442年ギュイエンヌガスコーニュ)方面司令官に任命され、翌1443年にサマセット公に昇格、ケンダル伯に列せられた上にガーター騎士団のメンバーに叙任され、8月に大陸へ遠征した。しかし司令官としての力量は乏しく、就任は叔父のヘンリー・ボーフォート枢機卿の意向に依るところが大きく、彼がボーフォート家の勢力拡大と政敵のノルマンディー総督・ヨーク公リチャードの牽制を図った人事であった[2]

フランスの遠征は上手くいかず失敗、1444年に急死した。自殺だったと言われている。嫡出の息子がいなかったため公位は消滅、弟のエドムンドはサマセット伯位を継いだが、やがてサマセット公位も継いだ。娘マーガレットはサフォーク公ウィリアム・ド・ラ・ポールに引き取られ息子ジョンと結婚した[3]

子女[編集]

マーガレット・ビーチャムとの間に1人娘を儲けた。

  1. マーガレット・ボーフォート1443年5月31日 - 1509年6月29日) - サフォーク公ジョン・ド・ラ・ポールリッチモンド伯エドマンド・テューダー、ヘンリー・スタッフォード卿、ダービー伯トマス・スタンリーと結婚。ヘンリー7世の母。

また、3人の庶子が確認されている。

  1. ジャシンダ(1434年頃 - 1469年以降) - グレイ・ドゥ・ウィルトン男爵レジナルド・グレイと結婚
  2. トマシン(1444年以前 - 1494年頃)
  3. ジョン・オブ・サマセット(1444年頃 - 1453年

脚注[編集]

  1. ^ 尾野、P22。
  2. ^ 尾野、P48 - P49。城戸、Pn74。
  3. ^ 尾野、P49 - P50。松村、P63。

参考文献[編集]

  • 尾野比左夫『バラ戦争の研究』近代文芸社、1992年。
  • 松村赳・富田虎男編『英米史辞典』研究社、2000年。
  • 城戸毅『百年戦争―中世末期の英仏関係―』刀水書房、2010年。
爵位
先代:
新設
サマセット公
1443年 - 1444年
次代:
消滅
先代:
ヘンリー・ボーフォート
サマセット伯
1418年 - 1443年
次代:
エドムンド・ボーフォート