ジョン・ポンソンビー (第4代ベスバラ伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第4代ベスバラ伯爵
ジョン・ポンソンビー
John Ponsonby
4th Earl of Bessborough
Bessborough4.JPG
生年月日 1781年8月31日
没年月日 (1847-05-16) 1847年5月16日(65歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリスアイルランドダブリンダブリン城
出身校 オックスフォード大学クライスト・チャーチ
所属政党 ホイッグ党
称号 第4代ベスバラ伯爵、第5代ダンキャノン子爵、第5代ベスバラ男爵、第4代ポンソンビー男爵、初代ダンキャノン男爵、枢密顧問官(PC)
親族 第2代メルバーン子爵(義弟)

内閣 第一次メルバーン子爵内閣
在任期間 1834年7月19日 - 1834年11月15日

内閣 第一次ラッセル内閣
在任期間 1846年7月8日 - 1847年5月22日

イギリスの旗 庶民院議員
選挙区 ナレスボロ選挙区英語版
ハイアム・フェラーズ選挙区英語版
メルトン選挙区英語版
バンドン選挙区英語版
キルケリー州選挙区英語版
ノッティンガム選挙区英語版
在任期間 1805年3月25日 - 1806年11月4日
1810年6月15日 - 1812年10月9日
1812年10月6日 - 1826年6月9日
1826年6月17日 - 1826年12月19日
1826年6月22日 - 1832年12月10日
1832年12月10日 - 1834年7月23日[1]

イギリスの旗 貴族院議員
在任期間 1834年7月19日 - 1847年5月16日[1]
テンプレートを表示

第4代ベスバラ伯爵ジョン・ウィリアム・ポンソンビー: John William Ponsonby, 4th Earl of Bessborough1781年8月31日 - 1847年5月16日)は、イギリスの政治家、貴族。

19世紀前半のホイッグ党政権下で閣僚職を歴任した。

経歴[編集]

1781年8月31日アイルランド貴族ベスバラ伯爵家の嫡男ダンキャノン子爵フレデリック・ポンソンビー英語版(1793年に爵位を継承)とその妻ヘンリエッタ英語版(初代スペンサー伯爵ジョン・スペンサーの娘)の間の長男として生まれる[2][3]

ハーロー校を経てオックスフォード大学クライスト・チャーチへ進学[3]

1805年ナレスボロ選挙区英語版から初当選してホイッグ党庶民院議員となったが、翌1806年に議席を失った。1810年ハイアム・フェラーズ選挙区英語版から再び庶民院議員に選出される。以降1834年の叙爵まで選挙区を変えながら庶民院議員に在職する[2][3]

1831年にはホイッグ党政権の第2代グレイ伯爵チャールズ・グレイ内閣で森林長官英語版に就任するとともに枢密顧問官に列した[2][3]

1832年の第一次選挙法改正の際には法案を起草した四人委員会(他にジョン・ラッセル卿、初代ダラム男爵ジョン・ラムトンサー・ジェームズ・グラハム准男爵)の一人となった。四人委員会の中ではダラム男爵が急進的に、彼とグラハムが保守的にふるまうことが期待されていた[4]

1834年7月に首相が第2代メルバーン子爵ウィリアム・ラムに代わると内務大臣に転任するとともに連合王国貴族爵位ダンキャノン男爵に叙されて貴族院議員に列したが、同年11月の内閣総辞職で退任した。短期間の保守党政権をはさんで1835年にメルバーン子爵の第2次内閣英語版が発足すると王璽尚書と森林長官として入閣した。王璽尚書は1840年1月まで、森林長官は内閣が総辞職する1841年9月まで務めた[2][3]

1844年2月に父が死去し、第4代ベスバラ伯爵位を継承した[2][3]

1846年7月にジョン・ラッセル卿第1次内閣英語版が発足するとアイルランド総督に就任したが、総督在職中の1847年5月16日にダブリン城で死去した[2][3]

爵位は長男のジョン・ポンソンビー英語版が継承した[2][3]

栄典[編集]

爵位[編集]

1834年7月19日に以下の爵位に新規に叙される[2][3]

  • キルケニー州におけるベスバラの初代ダンキャノン男爵 (1st Baron Duncannon, of Bessborough in the County of Kilkenny)
    (勅許状による連合王国貴族爵位)

1844年2月3日の父の死により以下の爵位を継承した[2][3]

  • 第4代ベスバラ伯爵 (4th Earl of Bessborough)
    (1739年10月6日の勅許状によるアイルランド貴族爵位)
  • ウェックスフォード州におけるダンキャノン砦の第5代ダンキャノン子爵 (5th Viscount Duncannon, of the Fort of Duncannon in the County of Wexford)
    (1722年2月28日の勅許状によるアイルランド貴族爵位)
  • キルケニー州におけるベスバラの第5代ベスバラ男爵 (5th Baron Bessborough, of Bessborough in the County of Kilkenny)
    (1721年9月11日の勅許状によるアイルランド貴族爵位)
  • レスター州におけるシソンビーの第4代ポンソンビー男爵 (4th Baron Ponsonby, of Sysonby in the County of Leicester)
    (1749年6月12日の勅許状によるグレートブリテン貴族爵位)

家族[編集]

第10代ウェストモーランド伯爵ジョン・フェインの娘マリア(1787-1834)と結婚。彼女との間に以下の11子を儲けた[2][3]

  • 第1子(長女)マリア・ジェーン・エリザベス・ポンソンビー (-1897) - 第2代ド・モーレイ男爵英語版チャールズ・ポンソンビー英語版と結婚
  • 第2子(次女)キャサリン・ルイーザ・ジョージナ・ポンソンビー (-1863) - フレデリック・タイと結婚
  • 第3子(長男)ジョン・ジョージ・ブラバゾン・ポンソンビー英語版 (1809-1880) - 第5代ベスバラ伯爵位を継承
  • 第4子(次男)ウィリアム・ウェントワース・ブラバゾン・ポンソンビー (1812-1831)
  • 第5子(三女)ジョージアナ・サラ・ポンソンビー (1814以前-1861) - サックヴィル・バークと結婚
  • 第6子(四女)オーガスタ・ラヴィニア・プリシラ・ポンソンビー (1814-1904) - ケリー伯ウィリアム・ペティ=フィッツモーリス英語版、ついでチャールズ・ゴアと結婚
  • 第7子(三男)フレデリック・ジョージ・ブラバゾン・ポンソンビー英語版 (1815-1895) - 第6代ベスバラ伯爵位を継承
  • 第8子(四男)ジョージ・アーサー・ブラバゾン・ポンソンビー (1820-1841)
  • 第9子(五男)ウォルター・ウィリアム・ブラバゾン・ポンソンビー英語版 (1821-1906) - 第7代ベスバラ伯爵位を継承
  • 第10子(六男)スペンサー・セシル・ポンソンビー=フェイン英語版 (1824-1915)
  • 第11子(七男)ジェラルド・ヘンリー・ブラバゾン・ポンソンビー (1829-1908)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b UK Parliament. “Mr John Ponsonby” (英語). HANSARD 1803-2005. 2016年4月14日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j Heraldic Media Limited. “Bessborough, Earl of (I, 1739)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年4月14日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k Lundy, Darryl. “John William Ponsonby, 4th Earl of Bessborough” (英語). thepeerage.com. 2016年4月14日閲覧。
  4. ^ 横越英一 1960, p. 111-114.

参考文献[編集]

グレートブリテンおよびアイルランド連合王国議会
先代:
ウィリアム・キャヴェンディッシュ英語版
ジョン・タウンゼンド卿英語版
ナレスボロ選挙区英語版選出庶民院議員
1805年–1806年
同一選挙区同時当選者
ジョン・タウンゼンド卿英語版
次代:
オサルストン子爵英語版
ジョン・タウンゼンド卿英語版
先代:
ウィリアム・ウィンダム英語版
ハイアム・フェラーズ選挙区英語版
選出庶民院議員

1810年–1812年
次代:
ウィリアム・パルマー
先代:
サー・ロバート・ダンダス
ブライアン・クック
メルトン選挙区英語版選出庶民院議員
1812年–1826年
同一選挙区同時当選者
ジョン・ラムズデン英語版
次代:
ジョン・ラムズデン英語版
ノーマンビー子爵
先代:
バーナード子爵
バンドン選挙区英語版選出庶民院議員
1826年英語版
次代:
初代ラッセル伯爵
先代:
フレデリック・ポンソンビー英語版
チャールズ・クラーク
キルケリー州選挙区英語版選出庶民院議員
1826年–1832年
同一選挙区同時当選者
チャールズ・クラーク 1826年–1830年
オソリー伯爵英語版 1830年–1832年
次代:
ピアース・バトラー英語版
ウィリアム・フィン英語版
先代:
トマス・デンマン英語版
サー・ロナルド・ファーガソン英語版
ノッティンガム選挙区英語版選出庶民院議員
1832年–1834年
同一選挙区同時当選者
サー・ロナルド・ファーガソン英語版
次代:
サー・ロナルド・ファーガソン英語版
サー・ジョン・ホブハウス準男爵英語版
公職
先代:
ジョージ・エイガー=エリス英語版
森林長官英語版
1831年–1834年
次代:
サー・ジョン・ホブハウス英語版
先代:
第2代メルバーン子爵
内務大臣
1834年
次代:
ヘンリー・ゴールバーン英語版
先代:
初代ウォーンクリフ男爵英語版
王璽尚書
1835年–1840年
次代:
第4代クラレンドン伯爵
先代:
グレンヴィル・サマセット卿英語版
森林長官英語版
1835年–1841年
次代:
リンカーン伯爵
先代:
初代ヘイティーズベリー男爵英語版
アイルランド総督
1846年–1847年
次代:
第4代クラレンドン伯爵
名誉職
新設 カーロウ統監英語版
1830年–1838年
次代:
ダンキャノン子爵英語版
先代:
初代オーモンド侯爵英語版
キルケニー統監英語版
1838年–1847年
次代:
ウィリアム・タイ英語版
アイルランドの爵位
先代:
フレデリック・ポンソンビー英語版
第4代ベスバラ伯爵
1844年–1847年
次代:
ジョン・ポンソンビー英語版
イギリスの爵位
新設 初代ダンキャノン男爵
1834年–1847年
次代:
ジョン・ポンソンビー英語版