ジョン・マナーズ (第3代ラトランド公爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
閣下英語版
第3代ラトランド公爵
KG PC
John Manners, 3rd Duke of Rutland2.jpg
チャールズ・ジャーヴァス英語版による肖像画、1725年
レスターシャー知事英語版
任期
1721年 – 1779年
君主 ジョージ1世
ジョージ2世
ジョージ3世
前任者 第2代ラトランド公爵
後任者 第4代ラトランド公爵英語版
個人情報
生誕 1696年10月21日
死没 1779年5月29日
国籍 イギリス人
政党 ホイッグ党
配偶者 ブリジット・サットン
子供 キャサリン・レイチェル
キャロライン
フランシス
ブリジット
ジョン英語版
ロバート英語版
ジョージ英語版
ウィリアム
レオノーラ
フランシス
フレデリック
第2代ラトランド公爵ジョン・マナーズ
キャサリン・ラッセル
第3代ラトランド公爵ジョン・マナーズの紋章

第3代ラトランド公爵ジョン・マナーズ英語: John Manners, 3rd Duke of Rutland KG PC1696年10月21日 - 1779年5月29日)は、イギリスの貴族。1711年から1721年までグランビー侯爵儀礼称号を使用した。

生涯[編集]

第2代ラトランド公爵ジョン・マナーズとキャサリン・ラッセルの長男として、1696年10月21日に生まれた[1]。1719年1月から1721年2月まで、ラトランド選挙区英語版選出の庶民院議員を務めた[2]

1722年11月13日にガーター勲章を授与され、1727年7月17日に枢密顧問官に任命された[2]。1721年から死去までレスターシャー知事英語版を、1721年から1727年まで寝室侍従英語版を、1727年から1736年までランカスター公領大臣を、1754年から1761年まで王室家政長官英語版を、1761年から1766年まで主馬頭英語版を務めた[2]。また、1739年に創設された捨子養育院英語版の初代総裁の1人だった[3]

米国バーモント州ラトランドは第3代ラトランド公爵に因んで名づけられた。

芸術収集[編集]

第3代ラトランド公爵は1742年より美術品を購入しはじめ、以降20年間ロンドンの美術品オークションで絵画を購入し、代理人を通じてほかのオークションで買い入れをしたり、ディーラーを通じて購入したりした。mた1721年に父である第2代公爵から家族コレクションを継承した[4]

小さな絵画を好んだため、絵画購入に費やした金額はより高価な大型絵画の収集家より少なかった。そのため、ジョシュア・レノルズのパトロンである孫第4代ラトランド公爵英語版よりも出費が少なかった。それでもラファエロ・サンティティツィアーノ・ヴェチェッリオヤコポ・バッサーノ英語版パオロ・ヴェロネーゼグイド・レーニなどヨーロッパにおける主な画家の小型作品を多く購入した。絵画購入に少なくとも3,210ポンドを費やし、同時期にロンドンのタウンハウス建設の出費である4,432ポンドと比較することができる[4]。しかし、第3代ラトランド公爵は1758年から1759年にかけて、絵画を200点売却した[4]

1779年5月29日に死去、長男がすでに死去していたため孫チャールズ英語版がラトランド公爵の爵位を継承した。

家族[編集]

1717年8月27日、第2代レクシントン男爵ロバート・サットン英語版の娘で相続人のブリジット(1734年6月16日没)と結婚した[1]。2人は5男6女をもうけたが、うち8人が夭折した。

  • キャサリン・レイチェル(1718年生) - 夭折
  • キャロライン(1719年春生) - 夭折
  • フランシス(1719年12月30日没) - ブリジットとは双子、夭折
  • ブリジット(1719年12月30日没) - フランシスとは双子、夭折
  • ジョン英語版(1721年 – 1770年) - 陸軍軍人
  • ロバート英語版(1722年 – 1762年)
  • ジョージ英語版(1723年 – 1783年)
  • ウィリアム(1724年7月29日 – 1730年3月11日) - 夭折
  • レオノーラ(1740年6月没) - 夭折
  • フランシス(1726年頃 – 1739年2月3日) - 夭折
  • フレデリック(1728年2月17日生) - 夭折

愛人エリザベス・ドレイク(Elizabeth Drake)との間で庶子2人をもうけた[5]

  • ロシリア・ドレイク(Roosilia Drake、1736年 – 1823年)
  • エドワード・マナーズ(Edward Manners、1745年 – 1811年)

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • Taylor, Carole (2016). "John (Manners), 3rd Duke of Rutland: British art collector". Journal of the History of Collections. Oxford UP: fhw015. doi:10.1093/jhc/fhw015.
グレートブリテン議会英語版
先代:
フィンチ卿
ジョン・ノエル英語版
庶民院議員(ラトランド選挙区英語版選出)
1719年 – 1721年
同職:フィンチ卿
次代:
フィンチ卿
サー・トマス・マックワース準男爵英語版
公職
先代:
リーチミア男爵英語版
ランカスター公領大臣
1727年 – 1736年
次代:
チャムリー伯爵
先代:
マールバラ公爵
王室家政長官英語版
1755年 – 1761年
次代:
タルボット伯爵英語版
先代:
ハンティンドン伯爵英語版
主馬頭英語版
1761年 – 1766年
次代:
ハートフォード伯爵
名誉職
先代:
第2代ラトランド公爵
レスターシャー知事英語版
1721年 – 1779年
次代:
第4代ラトランド公爵英語版
イングランドの爵位
先代:
ジョン・マナーズ
ラトランド公爵
1721年 – 1779年
次代:
チャールズ・マナーズ英語版