ジョン・マナーズ (第7代ラトランド公爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第7代ラトランド公爵
ジョン・マナーズ
John Manners, 7th Duke of Rutland
John James Robert Manners, 7th Duke of Rutland by Walter William Ouless.jpg
生年月日 1818年12月13日
出生地 イギリスの旗 イギリスレスターシャー州、ビーヴァー城英語版
没年月日 1906年8月4日 (満87歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリスレスターシャー州、ビーヴァー城
出身校 ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ
所属政党 保守党
称号 ガーター勲章勲爵士 (KG)
一等バス勲章勲爵士 (GCB)
枢密顧問官 (PC)
配偶者 (1) キャサリン・マーリー
(2) ジャネッタ・ヒューアン
親族 第5代カーライル伯爵 (祖父)
第4代ラトランド公爵英語版 (祖父)
第2代ブリストル侯爵英語版 (義兄)

建設長官
内閣 第1次ダービー伯爵内閣英語版
第2次ダービー伯爵内閣英語版
第3次ダービー伯爵内閣
第1次ディズレーリ内閣
在任期間 1852年2月 - 1852年12月
1858年2月 - 1859年6月
1866年6月 - 1868年2月
1868年2月 - 1868年12月
国王 ヴィクトリア

郵政長官
内閣 第2次ディズレーリ内閣
第1次ソールズベリー侯爵内閣
在任期間 1874年2月 - 1880年4月
1885年7月 - 1886年2月
国王 ヴィクトリア

内閣 第2次ソールズベリー侯爵内閣
在任期間 1886年8月16日 - 1892年8月11日

イギリスの旗 庶民院議員
選挙区 ニューアーク選挙区英語版
コルチェスター選挙区英語版
北レスターシャー選挙区英語版
メルトン選挙区英語版[1]
在任期間 1841年6月29日 - 1847年7月29日
1850年2月9日1857年
1857年3月2日1885年11月24日
1885年11月24日 - 1888年3月3日[1]

イギリスの旗 貴族院議員
在任期間 1888年 - 1906年8月4日[1]
テンプレートを表示

第7代ラトランド公爵ジョン・ジェイムズ・ロバート・マナーズ: John James Robert Manners, 7th Duke of Rutland, KG, GCB, PC1818年12月13日 - 1906年8月4日)は、イギリス貴族政治家

ヴィクトリア朝期の保守党の政治家であり、若手議員の頃にはディズレーリらとともに「ヤング・イングランド英語版」を結成して封建主義的・反自由主義的活動を行った。自由主義的な保守党党首ピールが党を去った後、保守党政権下で閣僚職を歴任した。

チャールズからラトランド公爵位を継承する1888年以前は「ジョン・マナーズ卿(Lord John Manners)」の儀礼称号を使用していた。

経歴[編集]

1818年12月13日イングランドレスターシャーにあるラトランド公爵家の居城ビーヴァー城英語版に生まれる[2][3][4]。父は第5代ラトランド公爵ジョン・マナーズ英語版、母はその夫人で第5代カーライル伯爵フレデリック・ハワードの娘エリザベス。ジョンは夫妻の四男であり、長兄と次兄は早世しているが、三兄に保守党の庶民院院内総務を務めた後に第6代ラトランド公爵を継承するチャールズがいる[5]。また末弟のジョージ英語版も政治家で、20年以上にわたって保守党所属庶民院議員を務めた。

イートン・カレッジを経てケンブリッジ大学トリニティ・カレッジで学び、1839年修士号(M.A.)を取得。その後、リンカーン法曹院に入学[2]

1841年ノッティンガムシャーニューアーク選挙区に保守党から立候補してウィリアム・グラッドストンとともに当選、1847年まで務めた。その後1850年から1857年までエセックスコルチェスター選挙区選出の、1857年から1885年まで北レスターシャー州選挙区選出の、1885年から襲爵により貴族院へ移る1888年までレスターシャー州メルトン英語版選挙区選出の庶民院議員[1][2][4]

所属政党は保守党だったが、議員生活の初めの頃には1841年イギリス総選挙英語版で初当選した同期のベンジャミン・ディズレーリ(後の初代ビーコンズフィールド伯爵)、ジョージ・スマイズ英語版(後の第7代ストラングフォード子爵英語版)、アレグザンダー・ベイリー=コクラン英語版(後の初代ラミントン男爵英語版)らとともに党内反執行部グループ「ヤング・イングランド英語版」を形成していた[注釈 1][注釈 2]。「ヤング・イングランド」は1843年から保守党党首であるピール首相に公然と反抗するようになった。当時ピールを応援していたヴィクトリア女王からも睨まれるようになり、1844年に女王はラトランド公爵に対して息子をもっとしっかり監督するよう圧力をかけている[7]

1844年にはディズレーリとともに工業地帯を視察した。ディズレーリはこの体験をもとに格差問題を説く政治小説『カニングスビー英語版』『シビル英語版』を執筆している[2]。『シビル』に登場するエグレモントやディズレーリ晩年の小説『エンディミオン英語版』に登場するワンダーシェアの思想は、ジョン・マナーズ卿のそれに基づいている[3][4]。また彼は同年アシュリー卿の主導で提出された工場法改正案にも積極的に賛成した。同案はこの時は廃案となるが、1847年に「1847年工場法英語版(通称十時間労働法)」として成立した[3][4]

保守党は1846年に穀物法存廃をめぐって分裂し、ディズレーリや「ヤング・イングランド」の穀物法廃止反対運動により、ピール内閣は穀物法廃止と引き換えに総辞職を余儀なくされ、穀物自由貿易を支持する保守党議員は分党した(ピール派)。マナーズやスマイズが1845年のMaynooth Grant法案[注釈 3]へ賛成したことで「ヤング・イングランド」に発生していた亀裂は、このときスマイズがピールに従ったことで決定的となった[4][3]。保守党に残ったジョン・マナーズ卿は党内の主流派となり、1852年中に成立した保守党政権の第一次ダービー伯爵内閣に建設長官英語版として初入閣している[8]。また1858年から1859年に成立した第二次ダービー伯爵内閣[9]1866年から1868年に成立した第三次ダービー伯爵内閣とこれに続く第一次ディズレーリ内閣においても同じポストで入閣している[2][10]

1874年から1880年の第二次ディズレーリ内閣には郵政長官英語版として入閣し[11]、1880年にはバス勲章ナイトグランドクロス(GCB)を受勲している[2][12]

1885年から1886年の第一次ソールズベリー侯爵内閣にも郵政長官として入閣した[2][13]

1886年から1892年の第二次ソールズベリー侯爵内閣にはランカスター公領大臣として入閣した[2][14]1888年3月に子供のない兄チャールズが死去し、第7代ラトランド公爵位を継承[2]貴族院議員に転じる[1]1891年ガーター勲章勲爵士(KG)を受勲し[15]1896年には新たに連合王国貴族の爵位「カウンティ・オヴ・レスターにおけるビーヴァーのルース男爵Baron Roos of Belvoir, in the County of Leicester)」を与えられた[2][16]。ランカスター公領大臣を退任した1892年をもって彼の閣僚としてのキャリアは終わったが、以後も政治への興味を持ち続けた。1903年にはジョゼフ・チェンバレンが提唱した帝国特恵関税制度英語版に対して支持を表明している[3]

1906年8月4日にビーヴァー城で死去し、同地に葬られた[3]

人物[編集]

1869年11月20日の『バニティ・フェア』誌に描かれた似顔絵。

「浪漫トーリー主義者」として知られ、復古主義者であった。ますます高まっていく自由主義的・功利的思考の風潮に反対していた[6]封建主義社会を理想としており、兄に宛てた手紙の中で「封建制度はいまだ製粉機ほど完全に機能したことはない。身も心も一人の人間に絶対的に委ねる。そうした社会を私は少しも悪い状態の社会だとは思わない」と述べている[17]

宗教面でも宗教改革以前の「純粋で腐敗のない宗教」に復古することを目指すオックスフォード運動フレデリック・ウィリアム・フェーバー英語版に強い影響を受けていた[6]。芸術分野でもゴシック様式を復活させることに熱心であった[6]

家族[編集]

1851年にキャサリン・マーレイと結婚し、彼女との間に第8代ラトランド公爵となる長男ヘンリー英語版を儲けた。1854年にキャサリンと死別し、1862年にはジャネッタ・ヒューアンと再婚。彼女との間に三男一女を儲けている[18]


脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ディズレーリを除く3人はケンブリッジ大学出身者であり、オックスフォード運動に影響を受けていた。オックスフォード運動とは自由主義化の風潮に抵抗して宗教改革以前の「純粋で腐敗のない宗教」を復活させることを目的とする運動であり、これを宗教から政治に転用しようとしたものが「ヤング・イングランド」だった。つまり封建主義時代に戻ろうという復古主義運動であった[6]
  2. ^ 貴族主導で農民・労働者階級の待遇を改善することで政治的指導力を中流資産家階級から貴族階級へ取り戻すこと、教会とアイルランドを18世紀から続くホイッグ支配から解放することを目指していた[3][4]
  3. ^ ピール首相が提出した、アイルランドメイヌースのカトリック神学校セント・パトリックス・カレッジ英語版への補助金を増額するという法案。国内の反アイルランド・反カトリック感情を刺激し、論争となった。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e UK Parliament. “Lord John Manners” (英語). HANSARD 1803–2005. 2014年7月31日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j "Manners, Lord John James Rutland (MNRS836LJ)". A Cambridge Alumni Database. University of Cambridge. 
  3. ^ a b c d e f g  Lucas, R. (1912). "Manners, John James Robert". In Lee, Sidney. Dictionary of National Biography (2nd supplement). 2. London: Smith, Elder & Co. pp. 558–561. 
  4. ^ a b c d e f パブリックドメイン Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Rutland, John James Robert Manners, 7th Duke of". Encyclopædia Britannica (英語). 23 (11th ed.). Cambridge University Press. pp. 943–944. 2014-08-02閲覧. 
  5. ^ Lundy, Darryl. “John Henry Manners, 5th Duke of Rutland” (英語). thepeerage.com. 2014年7月31日閲覧。
  6. ^ a b c d ブレイク(1993) p.198
  7. ^ ブレイク(1993) p.205/208
  8. ^ The London Gazette: no. 21298. p. 698. 1852年3月5日2014年8月3日閲覧。
  9. ^ The London Gazette: no. 22111. p. 1345. 1858年3月9日2014年8月3日閲覧。
  10. ^ The London Gazette: no. 23139. p. 4036. 1866年7月17日2014年8月3日閲覧。
  11. ^ The London Gazette: no. 24068. p. 808. 1874年2月24日2014年8月3日閲覧。
  12. ^ The London Gazette: no. 24837. p. 2657. 1880年4月23日2014年8月3日閲覧。
  13. ^ The London Gazette: no. 25484. p. 2920. 1885年6月26日2014年8月3日閲覧。
  14. ^ The London Gazette: no. 25617. p. 4005. 1886年8月17日2014年8月3日閲覧。
  15. ^ The London Gazette: no. 26193. p. 4437. 1891年8月18日2014年8月3日閲覧。
  16. ^ The Edinburgh Gazette: no. 10790. p. 613. 1896年6月23日2014年8月3日閲覧。
  17. ^ ブレイク(1993) p.197
  18. ^ Lundy, Darryl. “John James Robert Manners, 7th Duke of Rutland” (英語). thepeerage.com. 2014年7月31日閲覧。

参考文献[編集]

公職
先代:
シーモア卿英語版
イギリスの旗 建設長官英語版
1852年
次代:
サー・ウィリアム・モールスワース准男爵英語版
先代:
ベンジャミン・ホール英語版
イギリスの旗 建設長官
1858年1859年
次代:
ヘンリー・フィッツロイ閣下英語版
先代:
ウィリアム・クーパー閣下英語版
イギリスの旗 建設長官
1866年1868年
次代:
オースティン・ヘンリー・レイヤード
先代:
ライアン・プレイフェア
イギリスの旗 郵政長官英語版
1874年1880年
次代:
ヘンリー・フォーセット英語版
先代:
ジョージ・ショー=レフィヴレ英語版
イギリスの旗 郵政長官
1885年1886年
次代:
第2代ウォルヴァートン男爵英語版
先代:
初代クランブルック子爵
イギリスの旗 ランカスター公領大臣
1886年1892年
次代:
ジェームズ・ブライス
グレートブリテンおよびアイルランド連合王国議会
先代:
ウィリアム・グラッドストン
トマス・ワイルド英語版
ニューアーク選挙区英語版選出庶民院議員
1841年英語版1847年英語版
同一選挙区同時当選者
ウィリアム・グラッドストン(1841–1846)
ジョン・スチュアート英語版(1846–1852)
次代:
ジョン・スチュアート英語版
ジョン・マナーズ=サットン閣下英語版
先代:
サー・ジョージ・スミス英語版
ジョゼフ・ハードキャッスル英語版
コルチェスター選挙区英語版選出庶民院議員
1850年 – 1857年英語版
同一選挙区同時当選者
ジョゼフ・ハードキャッスル英語版(1850–1852)
ウィリアム・ホーキンス(1852–1857)
次代:
ウィリアム・ホーキンス
ジョン・レーボー
先代:
エドワード・ファーンハム
グランビー侯爵
北レスターシャー選挙区英語版選出庶民院議員
1857年英語版1885年英語版
同一選挙区同時当選者
エドワード・ファーンハム(1857–1859)
エドワード・ハートップ英語版(1859–1868)
サミュエル・クロウズ英語版(1868–1880)
エドウィン・シェラード・バーナビー英語版(1880–1883)
モンタギュー・カーゾン閣下英語版(1883–1885)
選挙区廃止
新設 メルトン選挙区英語版選出庶民院議員
1885年英語版1888年英語版
次代:
ヘンリー・マナーズ英語版
イングランドの爵位
先代:
チャールズ・マナーズ
Manners arms.svg 第7代ラトランド公爵
1888年1906年
次代:
ヘンリー・マナーズ英語版
Manners arms.svg 第7代マナーズ・オブ・ハッドン男爵
(繰上勅書により生前に爵位を譲る)

1888年1896年
次代:
ヘンリー・マナーズ英語版
イギリスの爵位
新設 Manners arms.svg 初代ルース・オブ・ビーバー男爵
1896年1906年
次代:
ヘンリー・マナーズ英語版