ジョン・メルフイシュ・ストラドウィック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジョン・メルフイシュ・ストラドウィック

ジョン・メルフイシュ・ストラドウィック(John Melhuish Strudwick、1849年5月6日 - 1937年7月16日)はイギリスラファエル前派に属する画家である。

略歴[編集]

ロンドンのクラパム(Clapham)に生まれた。商人になるのを嫌い、ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツで学んだ。1960年代は、スコットランド生まれの風俗画家、ジョン・ペティ(John Pettie)の影響を受けたが、1870年代に入って、ラファエル前派の画家、ジョン・ロダム・スペンサー・スタンホープ(John Roddam Spencer Stanhope)やエドワード・バーン=ジョーンズの助手として働いた。ロンドンのハマースミスのバーン=ジョーンズのスタジオの隣に自らのスタジオを開いた。Grosvenor Galleryや The New Galleryに常時出展した。

古いイギリスの騎士伝説や、音楽や詩などから題材を選び描き「象徴主義」の画家として扱われる。バーン=ジョーンズから直接指導を受け、強い影響下にあった。バーン=ジョーンズよりも、人物の表現に動きがないと評価されている[1]

19世紀末に画家として成功するが20世紀になってリバプールの造船主らのパトロンの好みが変わり人気を失い、「忘れられた画家」となるが20世紀末になり再評価され、作品が高値で取引されるようになった。

作品[編集]

Acrasia, 1888 
Thy Music, faintly falling, dies away, 1893 
Oh Swallow, Swallow, 1894 
The Gentle Music of a Bygone Day, 1890 
Evensong, St. Cecilia, 1897 

脚注[編集]

  1. ^ Cf. M. Robinson, The Pre-Raphaelites, 2007

参考文献[編集]

  • Michael Robinson: The Pre-Raphaelites. Londen: Flame Tree Publishing, 2007. ISBN 978-184451-742-8