ジョン・モンソン (初代モンソン男爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
閣下英語版
モンソン男爵
PC KB
商務委員会第一卿
任期
1737年 – 1748年
君主 ジョージ2世
首相 ロバート・ウォルポール
ウィルミントン伯爵
ヘンリー・ペラム
前任者 フィッツウォルター伯爵
後任者 ハリファックス伯爵
個人情報
生誕 1693年
死没 1748年7月20日
グレートブリテン王国 グレートブリテン王国ロンドンアルベマール・ストリート英語版
国籍 イギリス人
配偶者 マーガレット・ワトソン
子供 ジョン英語版
ルイス英語版
ジョージ
ジョージ・モンソン
アン・レン
出身校 オックスフォード大学クライスト・チャーチ

初代モンソン男爵ジョン・モンソン英語: John Monson, 1st Baron Monson PC KB 1693年1748年7月20日)は、グレートブリテン王国の政治家。1727年から1728年まで第5代準男爵サー・ジョン・モンソンの称号を使用した。

生涯[編集]

ジョージ・モンソンとアン・レン(Anne Wren、チャールズ・レンの娘)の息子として、1693年に生まれた[1]。1708年1月26日、オックスフォード大学クライスト・チャーチに入学した[1][2]1722年イギリス総選挙リンカーン選挙区英語版から出馬して庶民院議員に当選、1727年イギリス総選挙でも再選された[1]

1725年6月17日にバス勲章を授与され、1727年3月に伯父ウィリアム・モンソン英語版の死に伴い準男爵位を継承した[1]。1728年5月28日、バートンのモンソン男爵に叙された[1]。1733年から1734年まで恩給紳士隊長を務めた[2]。1737年6月に商務委員会第一卿に任命され[1]、同年7月21日には枢密顧問官に任命された[2]。モンソン男爵が商務委員会第一卿を務めた時期、商務委員会の活動は不活発だったという[2]

1748年7月20日に死去、当時の首相ニューカッスル公爵南部担当国務大臣ベッドフォード公爵への手紙(1748年8月12日付)で「貴重な男で愛想のいい友人を失った」と弔慰の言葉を述べ、ベッドフォード公爵の返信でも悔やみを言った[1]

家族[編集]

1725年4月8日、初代ロッキンガム伯爵ルイス・ワトソンの娘マーガレットと結婚、3男をもうけた[1]

  • ジョン英語版(1727年 – 1774年) - 第2代モンソン男爵
  • ルイス英語版(1728年 – 1795年) - 初代ソンデス男爵
  • ジョージ(1777年没) - 初代ダーリントン伯爵ヘンリー・ヴェーン英語版の娘アンと結婚、子供なし[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h Norgate, Gerald le Grys (1894). "Monson, John (1693-1748)" . In Lee, Sidney. Dictionary of National Biography (in English). 38. London: Smith, Elder & Co. pp. 196–197.
  2. ^ a b c d Watson, Paula (1970). "MONSON, John (?1692-1748), of Burton, Lincs". In Sedgwick, Romney. The House of Commons 1715-1754 (in English). The History of Parliament Trust. Retrieved 8 May 2019.
  3. ^ Burke's Peerage (in English) (99th ed.). 1949. p. 1411.
グレートブリテン議会英語版
先代:
サー・ジョン・タイアウィット準男爵英語版
リチャード・グランサム英語版
庶民院議員(リンカーン選挙区英語版選出)
1722年 – 1728年
同職:サー・ジョン・タイアウィット準男爵英語版 1722年 – 1727年
リチャード・グランサム英語版 1727年 – 1728年
次代:
チャールズ・ホール英語版
サー・ジョン・タイアウィット準男爵英語版
公職
先代:
フィッツウォルター伯爵
商務委員会第一卿
1737年 – 1748年
次代:
ハリファックス伯爵
グレートブリテンの爵位
爵位創設 モンソン男爵
1728年 – 1748年
次代:
ジョン・モンソン英語版
イングランドの準男爵
先代:
ウィリアム・モンソン英語版
(カールトンの)準男爵
1727年 – 1749年
次代:
ジョン・モンソン英語版