ジョン・D・バロウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ジョン・D・バロウ(John D. Barrow、1952年11月29日 - )は、宇宙論数理物理学を専門とするイギリス天文学者物理学者サイエンスライター

1974年ダラム大学数学物理学の学位を取得、1977年オックスフォード大学モードリン・カレッジで天体物理学博士号を取得する。ポストドクターとなった2年後には天文学の博士号を取得する。1981年からはサセックス大学宇宙物理学の教授を務め、1999年以降はケンブリッジ大学応用数学理論物理学科教授を務める。

ケンブリッジ大学の「新千年紀数学プロジェクト」(数理科学の社会普及を図る部門)の主宰者であり、一般向けに複数の科学解説書を著している。その著書は日本でも翻訳されている。なお、訳書の名義は「ジョン・D・バロウ」、「ジョン・バロウ」、「J.D.バロー」など、出版社ごとに異なる。

著作[編集]

単著[編集]

  • 松田卓也・訳 『サイエンス・マスターズ4 宇宙が始まるとき』 草思社1996年2月20日 ISBN 4-7942-0684-4
  • 林一・訳 『万物理論 究極の説明を求めて』 みすず書房1999年12月 ISBN 4-622-03955-9
  • 松浦俊輔・訳 『科学にわからないことがある理由 不可能の起源』 青土社2000年5月15日 ISBN 4-7917-5810-2
    • (原著) 『Impossibility : The Limits of Science and the Science of Limits』 Oxford University Press、1998
  • 松浦俊輔・訳 『単純な法則に支配される宇宙が複雑な姿を見せるわけ』 青土社、2002年12月15日 ISBN 4-7917-6007-7
    • (原著) 『Between Inner Space and Outer Space』 Oxford University Press、1999
  • 松浦俊輔・訳 『宇宙に法則はあるのか』 青土社、2004年6月24日 ISBN 4-7917-6124-3
    • (原著) 『The Universe that Discoverd Itself』 Oxford University Press、2000
  • 松浦俊輔・訳 『宇宙の定数』 青土社、2005年3月8日 ISBN 4-7917-6168-5
    • (原著) 『The Constants of Nature. From Alpha to Omega』 Jonathan Cape、2002/Vintage、2003
  • 松浦俊輔・訳 『無限の話』 青土社、2006年3月 ISBN 4-7917-6258-4
    • (原著) 『The Infinite Book : A short guide to the boundless,timeless and endless』 Jonathan Cape/Pantheon、2005

共著[編集]

  • 林一・訳 『宇宙はいかに創られたか』 岩波書店1985年4月 ISBN 4-00-007545-4 (ジョセフ・シルクとの共著)
    • (原著) 『The Left Hand of Creation : The Origin and Evolution of the Expanding Universe』
  • 『人間宇宙論原理』 (フランク・ティプラーとの共著)
    • (原著) 『The Anthropic Cosmological Principle』 Oxford University Press、1986
  • 『創造主の左手』 (ジョセフ・シルクとの共著)

受賞歴[編集]