ジョン・S・ウォー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジョン・S・ウォー
John S. Waugh
John S Waugh.JPG
生誕 (1929-04-25) 1929年4月25日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 コネチカット州ウィリマンティック
死没 2014年8月22日(2014-08-22)(85歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マサチューセッツ州コンコード
居住 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マサチューセッツ州リンカーン英語版
市民権 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究分野 化学物理学
研究機関 マサチューセッツ工科大学
出身校 ダートマス大学 (A.B.) - 1949
カリフォルニア工科大学 (PhD) - 1953
ダートマス大学 (ScD) - 1989
博士課程
指導教員
ドン・M・ヨースト
博士課程
指導学生
アレクサンダー・パインズ英語版
主な業績 固体中のNMR分光法
スピン系の計算科学的研究
主な受賞歴 アーヴィング・ラングミュア賞 (1976)
ウルフ賞化学部門 (1983)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

ジョン・S・ウォー(John Stewart Waugh、1929年4月25日 - 2014年8月22日[1])はアメリカ合衆国化学者であり、マサチューセッツ工科大学全学教授(Institute Professor)である[2]。彼は、平均ハミルトニアン理論を発展させ、以前は液体に限られていたNMR分光法を固体状態に拡張するためにそれを使用したことで知られている。 彼は、核磁気共鳴(NMR)のスペクトルと力学のシミュレータソフトであるANTIOPEの作者である。

1974年、全米科学アカデミー(NAS)の化学部門で会員に選出された[3]

ウォーは、NMR分光法に関する独立した研究でハーバート・S・グタウスキー英語版ハーデン・M・マコーネル英語版と共に1983/84年のウルフ賞化学部門を受賞した[4]。ウォーの受賞理由は「固体中の高分解能核磁気共鳴分光法への基本的な理論的および実験的貢献」に対してだった[4]

脚注[編集]

  1. ^ John Waugh, Institute Professor emeritus, dies at 85 | MIT News Office”. Newsoffice.mit.edu. 2014年8月24日閲覧。
  2. ^ Who's who in Frontiers of Science and Technology - Google Books”. Books.google.com (2007年7月25日). 2014年8月24日閲覧。
  3. ^ NAS (2007)
  4. ^ a b Wolf Foundation Prize Committee for Chemistry (n.d.)

出典[編集]