ジョーのあした 辰吉丈一郎との20年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジョーのあした 辰吉丈一郎との20年
監督 阪本順治
脚本 阪本順治
製作 (プロデューサー)椎井友紀子
製作総指揮 (エグゼクティブプロデューサー)宮川朋之
出演者 辰吉丈一郎寿以輝親子(本人役)他
撮影 笠松則通
編集 早野亮
配給 マジックアワー
公開 日本の旗 2016年2月20日(大阪地区先行)
2月27日(全国上映)
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 BOXER JOE1995年
テンプレートを表示

ジョーのあした 辰吉丈一郎との20年』は阪本順治監督が、日本ボクサー辰吉丈一郎に20年にわたり密着した記録映画である。2016年作品。

作品概要[編集]

同作品は、赤井英和の自伝をモデルに描き、赤井を俳優の道に導いた『どついたるねん』などのメガホンを手掛けた阪本が、1995年から辰吉に長期にわたり取材した映像をまとめた物である。取材を始めた1995年、辰吉は網膜剥離の手術を受けたため、日本ボクシングコミッションの取り決めで、日本国内でのプロボクシングの試合を行うことが当時できず、アメリカ合衆国ラスベガスを拠点としてボクサー活動をしていた。

この時阪本は同種の辰吉の記録・モキュメンタリー映画『BOXER JOE』を制作していたが、これをきっかけに、阪本は辰吉がリングを降りる、即ち現役を引退するまでの間を見つめたいとして、定期的に辰吉に密着し、のべ20年間に渡った取材記録の集大成として本作品が誕生した。[1]

上映に先駆け、2015年10月に行われたコンクール「第28回東京国際映画祭」に、コンクール選考対象外のオープン参加作品「パノラマ部門」[2]として出品された。

出演[編集]

スタッフ[編集]

出典[編集]

  1. ^ イントロダクション
  2. ^ 辰吉丈一郎、熱烈な“辰吉”コールに迎えられ「ジョーのあした」舞台挨拶に登壇”. ナタリー (2015年10月23日). 2016年2月4日閲覧。