ジョージ・アルトマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ジョージ・アルトマン
George Altman
George Altman.jpg
1961年
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ノースカロライナ州ゴールズボロ
生年月日 (1933-03-20) 1933年3月20日(88歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手一塁手
プロ入り 1955年
初出場 MLB / 1959年4月11日
NPB / 1968年4月6日
最終出場 MLB / 1967年10月1日
NPB / 1975年10月16日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • ロッテオリオンズ (1972)

ジョージ・リー・アルトマンGeorge Lee Altman , 1933年3月20日 - )は、アメリカ合衆国ノースカロライナ州ゴールズボロ出身の元プロ野球選手外野手一塁手)。

メジャーでは「ビッグジョージ」、日本では190cm以上の風貌と積極的なチャリティー活動から「足長おじさん」の愛称で親しまれた。

経歴[編集]

ナッシュビル歴史的黒人大学であるテネシー大学では野球の他にバスケットボールもしていたが[1]、卒業後の1955年ニグロリーグカンザスシティ・モナークスで3ヶ月間プレー[2]。伝説的なバック・オニール監督の推薦により、シカゴ・カブスと契約[3]1959年4月11日にメジャーデビューを果たすと、すぐに主力選手として活躍。1961年にはオールスターゲームに初出場を果たし、7月11日の第1戦(キャンドルスティック)で8回に代打でマイク・フォーニレスから初打席本塁打を記録。1963年にはセントルイス・カージナルス1964年にはニューヨーク・メッツに1年だけ在籍し、1965年に古巣・カブスへ復帰するが、同年と1966年は予備の外野手となり、1967年には3A降格を経験。カブスではアーニー・バンクスの後の5番を打って記録を援護したほか、ロン・サントドン・ジマーとチームメイトであった[4]。カージナルスではスタン・ミュージアルケン・ボイヤーと打線を組んだ[4]レッズ戦とジャイアンツ戦に強く、ドジャースの誇るドン・ドライスデールサンディ・コーファックスの左右のエース、カージナルスの闘将ボブ・ギブソン、最高の左腕と言われたウォーレン・スパーン、ジャイアンツのホアン・マリシャルゲイロード・ペリージム・バニングと7人の殿堂入り投手から本塁打を放った[4]。メジャー9年間で放った安打は832本で、打率.269、101本塁打、403打点と一流の成績を残した[5]

1968年東京オリオンズに入団。アルトマンは日本で成功するために武道のトレーニングをすると[6]マウイキャンプ初日に行われた最初のフリー打撃では別メニューの野手もしばし手を休め、投手陣がわざわざブルペンからメーングラウンドに集まってきた[7]。チームメイトの視線も気にはなったが、しきりにバットの先端を見つめながら、なんとなくしっくりこないといった表情であった[7]。それでも打撃投手が投げた初球を軽く叩くと、打球は右中間のフェンスを直撃した。選手からは「オーッ」というどよめきが上がり、2球目は一、二塁間を真っ二つし、5球目にはついに打球は右翼フェンスを越えた[7]。次々に外野の間を抜け、フェンスオーバーをする打球に若手は見とれて言葉も出ず、ベテランの小山正明は「こりゃ、たまらんわ。味方で良かった」と声を上げた。球界の名投手のひと言でアルトマンの立場は決まった[7]。41球を打って柵越え10本で、オリオンズナインは早くも尊敬の眼差しが注いだが、アルトマン自身は首を捻るばかりで「ちょっと疲れた」と言ってバットを置いた[7]。実は、自前のバットがサンフランシスコからハワイに届いておらず、井石礼司のバットを借りて打席に立った。アルトマンのバットは約93cmという長さであったが、井石のバットは84cm程度の日本人選手としては標準的なものであった。バットを振った感触、ミートポイントが違い、アルトマンは調整するのに四苦八苦した[7]。打球は飛んでいるが、打撃投手の素直なボールに対応できただけのことであり、自身のベストのポイントで打てたボールはほとんどなかった。アルトマンの疲れは体力的にではなく、完全に気疲れであった[7]。愛用のバットが届くとアルトマンはさらに本領発揮し[7]、来日1年目の同年にいきなり現役メジャーリーガーの実力を見せつけ、4番・左翼手として打率.320、34本塁打、100打点の好成績を挙げる。慣れない日本の地で超一流打者の証明とも言える3割30本100打点を達成し、打点王ベストナインに輝いた[5]。選球眼が良い上に、対戦した投手のことは細大漏らさずノートにメモし、次の打席に生かした。自分から進んで教えることはなかったが、聞かれれば的確なアドバイスをし、若い選手には打席での考え方も伝授した[7]。アルトマンは日頃の姿勢でオリオンズナインに影響を与え、バット以外の貢献度も飛び抜けていた[7]1969年は打率が低迷するが、1970年1971年には2年連続ベストナインに輝き、1970年には10年ぶりのリーグ優勝に貢献。同年の日本シリーズではシリーズ5連覇中の巨人と対戦するが、アルトマンは勝負を避けられる[5]10月27日の第1戦(後楽園)は投手戦になったこともあり、徹底してアルトマンを歩かせようとした。あろうことか5打席中4打席が四球で、うち3打席は敬遠であった。5打席目でようやく放ったレフトフライも、アルトマンがボールを無理して打ちに行った結果であり、巨人は作戦が功を奏し、延長戦の末に1-0でサヨナラ勝ち[5]。対するロッテは第2戦以降もリズムを掴めず、3連敗で窮地に追い込まれる。アルトマンの1試合4四球は、当然のように日本シリーズ新記録であり、1試合3敬遠もまた新記録であった[5]11月1日の第4戦(東京)を勝って粘りを見せ、翌2日の第5戦(東京)は、ロッテの先発・小山の好投で2-2のまま7回表に進んだ。ロッテは小山から木樽正明につないだが、巨人は木樽を攻め、ランナーを1塁に置いて、森昌彦が左翼線へのフライを打ち上げた[5]。左翼のアルトマンと遊撃手飯塚佳寛が追うちょうど真ん中に打球は飛んでいき、打球を追った飯塚とアルトマンは疾走したまま衝突。197cmのアルトマンと衝突した172cmの飯塚は、その衝撃で倒れて意識を失ってしまった[5]。打球は外野を転々としたが、アルトマンは打球を追わず、意識を失ってしまった飯塚を抱きかかえて必死に呼びかけ、介抱したのである。その間にランナーは生還して決勝点となる1点が入り、打った森も三塁に達したが、打球を追うのをやめてまで、倒れた飯塚を必死に介抱したアルトマンの姿は、多くの人々に巨人のシリーズ6連覇以上の強い感動を与えた[5]。アルトマンは、目先の1点を失うことより、今後に影響を及ぼすかもしれないチームメイトの体を心配することを優先した。結果的にこの1点がロッテのシリーズ敗退を決定的なものにしたが、川上哲治監督は試合後にこのプレーを絶賛した[5]1972年にはコーチ兼任となり、熱心で的確な指導は2年後の日本一に結び付いた[7]。シーズン中盤からは一塁手として起用されるが、選手専任に戻った1973年にはジム・ラフィーバーの入団で、ポジションも左翼手に戻った。

1974年まで常に20本塁打以上を放ち、メジャーリーグ以上に本塁打を量産。7年連続20本塁打以上という安定した打撃でロッテを強豪チームに押し上げていき、1974年には6月13日から同23日まで6試合連続本塁打のパ・リーグタイ記録を樹立[5]。来日以来最高の調子でシーズンを送ろうとし、高打率をキープして本塁打も打ちまくっていたが、アルトマンの腹部は異変をきたしていた[5]。初期の大腸癌で、前年あたりから体が疲れやすく下血があったのである。最初はだと思っていたためにあまり気にもとめなかったが、下血はひどくなるばかりでいよいよ症状は悪化。その下血のひどさに貧血状態になるほどで、試合が終わると下着は血まみれになっていた。アルトマンはクリーニングに出さず自分で下着を洗い、優勝争いをしているチームのために病気を隠して必死のプレーを続けた[5]。しかし病状は悪化するばかりで、8月7日南海後期3回戦(宮城)の試合中に気を失って倒れ、アルトマン自ら金田正一監督に途中交代を申し出す。球団側に癌を患っていることを知られることとなり、シーズン途中ながら帰国して手術に踏み切った[5]。手術は無事に成功したが、4年ぶりのリーグ優勝の輪に加わることができず、中日との日本シリーズにも出場できなかった。この年は85試合出場ながら打率.351、21本塁打をマーク[5]。アルトマンは癌を克服したものの、闘病生活の影響で体重が落ち、以前のように活躍できるかどうか未知数であった[5]。ロッテはアルトマンの体調と1975年に42歳となる年齢を考え、契約年俸を低く抑えようとしたが、アルトマンとロッテの交渉は決裂。球団はチームを牽引したアルトマンに功労金なども用意せず、アルトマン曰く「メジャーリーグならグラウンドキーパーでももらえるトロフィーだけ」で解雇となったが[7]、球界復帰のための練習を怠らなかった[5]。金田は解雇の理由にアルトマンの体調面を挙げたが、実は監督就任時から不要論を唱えていた[7]

1975年に阪神タイガースの入団テストを受け、健康診断で何の問題もないことが分かって入団[5]遠井吾郎に代わり一塁手として起用され、同年4月6日の中日戦(ナゴヤ)では鈴木孝政からセ・リーグ最年長の42歳0ヶ月での満塁本塁打を記録[8]し、この試合では2番手の竹田和史からも本塁打を放って開幕2連勝に貢献。5月6日の中日戦(甲子園)では松本幸行からセ・リーグ最年長の42歳1ヶ月で三塁打を放った[9] [10]。勝負強いアルトマンが5番打者に入ることで、敬遠されることが少なくなった4番の田淵幸一はこの年、王貞治を抑えて本塁打王になった。日本プロ野球NPB)に在籍した外国人選手で初めて200本塁打を達成したが、通算1000安打にはあと15本足りなかった。NPB通算205本塁打は当時(1975年シーズン終了時)の外国人最多で、この記録は翌1976年近鉄クラレンス・ジョーンズに破られるが、アルトマンが帰国の際には在阪球団所属という縁もあって見送りに来てくれたジョーンズに「俺の記録は君が一日でも早く破ってくれ」と依願している。日本でも山田久志東尾修皆川睦男米田哲也鈴木啓示梶本隆夫稲尾和久の7人の殿堂入り投手から本塁打を放っている[4]。42歳という年齢からくる視力の衰えは隠せず、同年は打率.274、12本塁打、57打点に終わり現役を引退[7]

引退後はシカゴ大豆相場師となった[11]。癌も再発せず[7]、現在はミズーリ州オーファロン在住[3]

人物[編集]

  • オリオンズ時代は渋谷に住み、地下鉄を乗り継いで南千住にあった東京スタジアムに通勤。読書をしながら約40分、ファンがサインを求めれば気軽に応じた[7]。敬虔なるキリスト教徒として知られ、時折、気分転換に当時流行のゴーゴーバーに行って踊ることはあっても[7]タバコなどの嗜好品は嗜まなかった。日曜祝日にはデーゲームがあろうと教会での礼拝を怠らなかったほか、施設の子供が野球を楽しめるようにと東京スタジアムのシーズンシートを自腹で購入して招待し[7]、シートは「アルトマン・シート」と名付けられた。
  • アルトマンの野球に対する姿勢は、それまで来日してきたアメリカ人選手とは違って真面目そのものであった[5]。きっちりした服装で球場入りし、入念な練習を欠かさず、紳士的な態度とその全てが模範であり、永田雅一オーナーでさえアルトマンを賞賛した[5]。大差がついた試合展開であっても、全力でプレーし、凡打でも常に全力疾走を怠らなかった。その真摯な姿勢は、チームメイトだけでなく、相手チームの選手たちにも好感を持たれていたという[5]。アルトマンは、何があってもチーム内で不満を漏らすことがなかった[5]
  • 公の場では理解していても滅多に日本語を使わず、アルトマンは「日本語が分かるとチームメイトが知れば、僕の前で何もしゃべらなくなるからね」と語った[7]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1959 CHC 135 468 420 54 103 14 4 12 161 47 1 0 6 1 34 4 7 80 8 .245 .312 .383 .695
1960 119 372 334 50 89 16 4 13 152 51 4 3 2 3 32 6 1 67 4 .266 .330 .455 .785
1961 138 573 518 77 157 28 12 27 290 96 6 2 4 7 40 3 4 92 4 .303 .353 .560 .913
1962 147 603 534 74 170 27 5 22 273 74 19 7 0 2 62 14 5 89 8 .318 .393 .511 .904
1963 STL 135 521 464 62 127 18 7 9 186 47 13 4 2 6 47 2 2 93 7 .274 .339 .401 .740
1964 NYM 124 445 422 48 97 14 1 9 140 47 4 2 2 2 18 4 1 70 8 .230 .262 .332 .594
1965 CHC 90 216 196 24 46 7 1 4 67 23 3 2 1 0 19 2 0 36 1 .235 .302 .342 .644
1966 88 201 185 19 41 6 0 5 62 17 2 2 2 0 14 3 0 37 3 .222 .276 .335 .612
1967 15 20 18 1 2 2 0 0 4 1 0 0 0 0 2 0 0 8 0 .111 .200 .222 .422
1968 東京
ロッテ
139 586 531 84 170 33 1 34 307 100 8 5 0 7 43 3 5 80 10 .320 .372 .578 .950
1969 129 500 457 65 123 25 2 21 215 82 9 1 0 7 33 2 3 64 8 .269 .318 .470 .788
1970 122 481 426 66 136 19 1 30 247 77 3 2 1 5 44 4 5 50 5 .319 .385 .580 .965
1971 114 435 388 56 124 15 2 39 260 103 2 2 1 6 38 15 2 53 5 .320 .378 .670 1.048
1972 112 449 384 46 126 27 1 21 218 90 4 1 0 7 55 19 3 29 4 .328 .410 .568 .978
1973 120 433 365 54 112 17 1 27 212 80 4 5 1 3 62 12 2 30 7 .307 .407 .581 .988
1974 85 327 271 48 95 15 2 21 177 67 1 6 1 6 48 7 1 17 4 .351 .442 .653 1.095
1975 阪神 114 397 361 33 99 12 1 12 149 57 0 2 0 4 30 2 2 37 7 .274 .330 .413 .743
MLB:9年 991 3419 3091 409 832 132 34 101 1335 403 52 22 19 21 268 38 20 572 43 .269 .329 .432 .761
NPB:8年 935 3608 3183 452 985 163 11 205 1785 656 31 24 4 45 353 64 23 360 50 .309 .378 .561 .938
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 東京(東京オリオンズ)は、1969年にロッテ(ロッテオリオンズ)に球団名を変更

タイトル[編集]

NPB
  • 打点王:1回 (1968年)
  • 最多安打(当時連盟表彰なし):1回 (1968年) ※1994年より表彰

表彰[編集]

NPB

記録[編集]

MLB
NPB初記録
NPBその他の記録
  • 6試合連続本塁打(1974年6月13日 - 6月23日)
  • オールスターゲーム出場:4回 (1970年、1971年、1973年、1974年)

背番号[編集]

  • 21 (1959年 - 1962年)
  • 26 (1963年)
  • 2 (1964年)
  • 21 (1965年 - 1967年)
  • 7 (1968年 - 1974年)
  • 44 (1975年)

脚注[編集]

  1. ^ NAIA Players in the Pros”. The National Association of Intercollegiate Athletics (2005年9月10日). 2008年9月2日閲覧。
  2. ^ "George Altman," Negro League Baseball Players Association. Accessed Oct. 7, 2017.
  3. ^ a b Costello, Rory, George Altman, Society for American Baseball Research Biography Project
  4. ^ a b c d ジョージ・アルトマン|クラシックSTATS鑑賞
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u ジョージ・アルトマン - 伝説のプレーヤー
  6. ^ White, Roy; Berger, Darrell (2009-03-01) (英語). "Then Roy Said to Mickey. . .": The Best Yankees Stories Ever Told. Triumph Books. ISBN 978-1-61749-005-7. https://books.google.com/books?id=Pgmdx7-ZjsAC&q=george+altman+martial+arts&pg=PT41 
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 日めくりプロ野球 2月【2月2日】1968年(昭43) サイズは違うけど…アルトマン、“観兵式”でサク越え連発
  8. ^ 2010年8月25日金本知憲が4ヶ月更新。
  9. ^ 2011年9月23日の巨人戦で金本知憲が43歳5か月で更新
  10. ^ 週刊ベースボール、2011年10月10日号、95頁
  11. ^ 日本経済新聞1976年10月27日19面「足長おじさんアルトマン 商品取引所で奮戦『日本の野球は新聞で見ている』」日本経済新聞社1976年10月p917

関連項目[編集]